2018年11月11日 (日)

革新的な音楽で悩む

「Weather Report」は1971年にマイルス・デイビスバンドの卒業生たちが結成したユニットだった。その最初のアルバムの一曲目は衝撃的だった。これがその「Milky Way」だ。



まるで抽象画のような、まさに抽象的な音の重なりに聞こえると思うが、使われている楽器はピアノである。ピアノの弦のそばでソプラノサックスを吹き、ピアノの弦の残響音を編集したものだ。途中で一瞬ソプラノサックスの音が入るが、これは意図的なものだったという。

この曲を聴くのは久しぶりだが、初めて聞いたころとは違って冷静に聞くことができて、ピアノが押さえているらしい和音もなんとなく聞き取れる気がするし、編集の時間軸の粗さもなんだか気になったりした。今ならデジタルな編集で時間軸の精度を上げることもできるのだろうな。

で、こういう実験的というか野心的な作品がその後出ていないように思えるのが残念だなぁ、と。

私が知らないだけなのかもしれないが、インダストリアル・ミュージックなんていうのもアルバムを聴いたりしたことがあって、でもそういうんじゃないんだなぁ。

| | コメント (0)

手首の鍛錬で悩む

Dynabee_2 DYNABEE(ダイナビー)というのはずいぶん前から知っていたが、実際に購入したのはたしか2010年頃だったかと思う。初動回転を与えるための紐が付いてきていたが、数か月で紐なしで起動できるようになった。

この写真に見えているのがその紐を突っ込む穴で、黒く汚れているのは私がはずみ車の回転を把握するために付けた目印。白く見えているのは滑り止め兼保護の役割も果たすシリコンゴム(動画では外している)。

これは動画にしないと、と思って、ダイナビー本体に当時使っていたガラケーを固定して(木製のを自作)本体からの固定目線での撮影を試みたのだが、このガラケーと台が重くて肝心のダイナビーをうまく操作できず、結局その台も捨ててしまった。

で、ダイナビーを撮影することはしばらく忘れていたのだが、ふと思いついて撮影してみた。カメラはソニー製のものを使っている。

まぁ、こういうものなんですけど。何やっているのかわかるかな? わからないかもしれないなぁ。

ということで、こんな図を描いてみた。

Dynabee

やっぱりわかりにくい絵なんだけど、左右に灰色の「コ」の字型に描いてあるのが実は輪状になったレールで、レールの断面だけじゃなくて左右が輪のようにつながっているんですよ的な曲線を描けばよかったのだが、そこまで手が回らなかった。

黄色に塗ったはずみ車が赤い矢印の方向に回転しているとき、何かの拍子に回転軸(黒)とレールがこの図のような関係になると、図の右側では軸がレールの接しながら転がって手前方向に動くことになり、さらに左側では(回転軸は同じ回転方向だが、レールの上側に接しているので)奥の方へ動くことになる。

軸の左右がこのように動くので、はずみ車の軸が図の青い矢印のように回転することになる。

このように回転しているものを別の回転軸で回転させると、ジャイロ効果というややこしいものが出現して、図で言うと回転軸とレールを図のような形(右側では回転軸を下へ、左側では回転軸を上へ)になるように軸をレールに押し付ける力が働く。

逆に言うと、うまく回転できていないときにはそういう(軸をレールに押しつける)力が働かないので、起動が難しい。そこがこの商品の面白いところであり、この商品自体の意義でもあるのだが、そこんとこを面白いと思えない人にはこの商品は全く意味がない。一応「手首を鍛える装置」ということにはなっているが、私の手首が本当に鍛えられたかどうかはわからない。

で、ジャイロ効果だが、どうもうまく説明しているサイトが無かったのでこんな絵を描いてみた。

Gyroeffect
白い棒に見える(見えるように描いたつもり)のが回転軸で、この軸には2つの錘(灰色)がついていてれは赤い矢印の方向に回転している。

この白い回転軸を、錘が図の状態のときに青い矢印の方向に動かす(回転させる)と、錘は惰性として赤い矢印の方向に動くはずだったのが緑の矢印の方向へ動かされることになる。このために上側の錘には図の右側へ動かそうとする力が働く。同じように下側の錘には図の左側への力が働くので、この二つの力が白い回転軸の右側を下へ、左側を上へ回転させる力となる。

ということで、このジャイロ効果の図を頭に描きつつダイナビーをうまく振ると回転を持続することができ、さらには回転数を上げていくことができるのだが、この動きを説明するのもなかなか難しい。

ダイナビーをうまく動かしていると、軸をレールに押し付ける「引っかかり」感を感じることができて、それを求めていろいろ試行錯誤するのだが、私の場合はダイナビーを「円錐状に回す(手首を円錐の頂点とする)」というふうな感じでやっている。他にもやり方はあると思うのでがんばっていただきたい(誰が?)。
 
 

| | コメント (0)

2018年11月 3日 (土)

電池交換で再び悩む

キッチンのガスコンロの電池がどうやら怪しくなってきて、着火しないとかいう話になっている。この電池を前回交換した話は6年前に書いている。要するにそのとき交換した(消費期限2016年5月の)電池がついに力尽きたということらしい。電池の端子電圧を測ってみると1.25Vということでこれは標準電圧の85%。よく頑張った。

Battery202910 今回新しく購入した電池(単一電池は買い置きしないことしたので)はパナソニック製のマンガン電池。アルカリ電池はあえて避けた。「寿命二倍!」と謳っているが、さてどういうものだろうか。これ二本で600円もするんですけど。

消費期限は10年先だ。前回の電池が4年の寿命のところを6年持ったので、今回は10年を希望。

Battery_leaked 一方で、カシオ製の電波時計の液晶表示が薄くなってきたのでこれも交換。前回交換の記録はない。

単三マンガン電池だが、古い電池は漏液している。これもパナソニックの電池なんだけどアルカリなんだな。こういう何年も使うような電池はマンガンのほうがいいんじゃないかとか思ったり。

交換した電池はアルカリだった。消費期限は2021年01月。さぁて、そこまで持つかな?

| | コメント (2)

旧式PCのWindows10で悩む

中古で安く買ったノートPCにWindows10をインストールして使っているのだが、迷彩塗装はご愛嬌として、画面の解像度が低いのも何とか我慢するとして、困ったのがタッチパッドだ。

Windows10ではタッチパッドでのスクロールを二本指で行うことになっているのだが、あいにくこのPCはハードウェアが古くて二本指を認識しない。Windows10で従来通りの「タッチパッドの右端や下端でスクロールする」という機能を有効にできればいいのだが、これがどうにもできない。タッチパッドのメーカー製のドライバを入れたらなんとかならないかと思って調べてみたが、メーカー名がわからない(msiなのか?)。

そもそもWindows10でのタッチパッドというのはどうも私とは相性が悪いらしく、メインで使っているDELLのノートでも、タッチパッドでの操作では誤操作が多くて、ついに専用のワイヤレス・マウスを購入してそれで運用しているのだ。

迷彩PCも同じようにワイヤレスマウスで運用することを考えたが、マウスは平面が無いと運用できないので、ここはひとつ新しくトラックボールを使ってみようと思った。

トラックボールもやはり運用のためにはスペースが必要だが、非常に省スペースで使えるトラックボールを見つけた。

これが、なんていうんだろう?パッケージには「HANDHELD MOUSE」と書いてあるんだが、つまりは握って使うトラックボールだ。

Handheldmouse

これはebayで見つけたもので、「AIR MOUSE」というのがメーカー名なんだろうか。製品名は「Y-10W」。例によって「International Free Shipping」ということで定価は2100円ほどだった。でも今日、書留で届いた。どういうことなんだろう? パッケージには開けた跡があったが、たぶん税関で開けられたんだろう。

早速、迷彩PCに接続するが、直感だけで使えるほど甘くはなかった。小さなマニュアルを見てすぐに使えるようになったが、例えば写真で右のほうに見えるスクロールホイールの両側にあるのが左右のボタンになるのかというとそうではなくて、ホイールの両側はどちらもマウスの右クリックに相当する。

写真で引き金のように人差し指をかけているのが左右にスイッチがあるのだけれども、これがマウスの左クリックに相当する。

では、写真でトラックボールのチョイ左に見えるスイッチが、奥の方がENTERキー相当、手前の方がESCキーに相当する。これはなかなか使える。兄弟製品としてレーザーポインタの付いたもの(Y-10L)があるのだが、そのときにはこのESCキーのボタンがレーザーのスイッチになるらしい。

写真では見えないけれども、装置の裏面には電源スイッチがあり、引き金のあたりにはトラックボールの感度を切り替えるスイッチがある。

トラックボールの感度は400、600、800、1000bpiに切り替えられるのだが、切り替えるにつれてトラックボール下のLEDの色が変わるというのをまだ確認できていない。LEDは赤しかないように思われる。いろいろ試して今はおそらく400bpiになっているはず、だと思っている。

慣れるには少し練習が必要だったが、これはなかなかいい感じに使えるぞ。

| | コメント (0)

2018年10月31日 (水)

偶然の邂逅に悩む

ひょんなことから月一のペースで行われているセッションに参加することになった。8月からのことだ。

その参加メンバーは若い人が多かったのだが、中におひとりご年配のギタリストがいらっしゃって、親指弾き・オクターブ奏法と、なるほど、WESがお好きなんですね、という感じの方だった。さらにはご持参の楽譜がどうやらBand In A Boxで印刷したものらしい。その点をご指摘すると、「うん、印刷にしか使ってないけどね。」とかおっしゃっていたように思う。お使いのギターは125だったかのフルアコースティックだった。

9月にも参加されていたが、その時には私の骸骨ギターが(例によって)話題になったりしたのだったが他には特に何事もなかった。

で、10月だが異変がおこった。その年配の方が私に「大学どこ?」と聞いてこられたのだ。「は?え?XXですが?」とそこまで答えて気が付いた。なんと大学の大先輩の「T川」さんではないか。「えええ、T川さんですかっ!」昔、蕨市に住んでおられたことを聞いていたので、まさか横浜でお会いするとはっ。

お話してみると、FaceBookで私の出身校が表示されていて、気になったということであって、私のことを覚えておられたのかどうかはさだかでない。今は横浜金沢区にお住まいだそうで、戸塚区在住の私と神奈川区のセッションでお会いするとはっ!

T川さんは学生時代、JazmysさんことA田先輩と一緒にバンドを組んでおられた方で、なんとなく雲の上の存在という意識だった。そんなT川さんと神奈川区のセッションでお会いするとはなぁ。

Tgawa とりあえずFaceBookでお友達申請をしてみたが、まだお返事がないので、セッションの場で撮影した写真はお顔をぼやかして掲載することにする。つまりご本人の許諾なしである。

でもFaceBookに掲載されているセッションの記念撮影では普通に顔出ししているので、bassの佐久間さんのページで見れるかも。

| | コメント (5)

2018年10月28日 (日)

TEDパフォーマンスで悩む

TEDっていうのはなんの略だったか忘れたが、なんて言うんだろ、公開プレゼンテーションなんだけど、国際問題とか人権とか守備範囲は広いものだとは思っていたけれども、そこで音楽を演奏するというのは初めて見た。
演奏しているのは「Rei」と名乗る日本人女性で、幼いころにマンハッタンに住んでいたことがあるらしい。英語はすらすら話している。で、ギターがうまい。化粧はなんだかアメリカのメーキャップの人がアジア人によくやる感じのやつで、本人としては不本意なんじゃないだろうか。

なんで、これを見ることになったのかというと、YoutubeのCMで流されたこのMVに釣られてしまったからなのだ。


いきなり「スイカ」でやられちゃうわけだが、これお金かかってるなぁ。どういう人なんだろうと思って興味を惹かれてしまったのだ。

歌としてヒットするかどうかはわからないけど、ギターうまいなぁ。

| | コメント (2)

ギター壊れて悩む

ギターがこわれた。愛用している(しかし、酷使はしていない)エレガットのチューニングをしているときに、ペグのつまみがポロっという感じで割れてしまったのだ。このギターも満10年使っているんだなぁ。

Pegbroken

これは安物じゃないよ。世界の「GOTOH」だよ。GOTOHのペグがこんなふうに壊れるなんて想定外だな。

こういう事態になってよくよく見てみるとこれは確かに華奢だわ。

Pegfixing ダメだろうなぁとは思いつつ、とりあえず瞬間接着剤でくっつける。ミニ万力で締め付けて一晩おいてから装着してみるが、ちょっとひねると一発で壊れていしまう。

仕方がないので横浜へ繰り出し、GOTOHのペグをばら売りしているのを探す。何しろワンセット(6ケ)買うと7000円とかするからね。

で、サイズの合うものを探して(つまりギターを担いで行ったので)、そのつまみだけを使う。

Pegfixed

で、こんなふうになった。なんだか奥歯が虫歯になって銀歯(アマルガム)を入れたみたいになったが、まぁそれもよし。案外おしゃれかも。

Pegplaying 実際に弾く態勢から見るとこんなふうに見える。まぁいいんじゃないでしょうか。




2018年11月11日追記:

Barapeg 実際に購入したペグの品名を記録しておく。

「MH-12」が品番なのだろうか。「06 CR-R」とはなんだろう?

| | コメント (5)

2018年10月14日 (日)

ネット時代の変遷に悩む

パソコンとかネットに関していろいろと変わってきたことがあって、それをちょっとまとめて書いておこうと思う。

■WindowsXPがいよいよ使えなくなった
ひそかにXPを使い続けてきたのだが、この夏あたりから「ファイルの共有」ができなくなった。なんでもマイクロソフトがファイル共有のプロトコルを変えたらしく、WindowsXPを搭載したPCからネット越しにファイルを取り出すことができなくなった。

Dragon_smb1
このXP搭載のPCには2TバイトのHDDを装着していて実質的に私のファイルサーバとして働いていたので、これがファイル共有できないのは痛い。Windows10に切り替えることを考えている。

■フィッシング
何だか詐欺メールみたいなものが最近多くて、どうも私のebayのアカウントが狙われているらしい。googleのカウントにもなんどかアタックされていた形跡がある。パスワードは辞書にない文字列なので破られることはまずないと思うが、私のメールアドレスがそういう業界に流れているらしいのが気になる。

おそらく、私の電話番号を連絡先に登録している人がFaceBookなどのソーシャル・ネット・システムに連絡先を公開し、それが漏れているのだろう。このアドレスを変えればいいのだが、なかなかそれは難しいので、メールには注意して対応しないといけない。

■変な友達申請
FaceBookで続けて2件ほど変な友達申請があった。どちらも日本人の若い女性で、私の知り合いの知り合いだというのだが、タイムラインにはドヤ顔の同じ顔写真が並んでいたり、なんだかどうにも素性がわからなかったりしたので、友達申請を即刻拒否した。昨日もよくわからない外国からの申請があったので拒否した。知り合いを経由してくるのはまだわかるが、ランダムに申請したりしているのだろうか?

■クロネコ
以前から「お届けにあがりましたがご不在でした」というメールがよく来ていて、「なんで来る前にメールしない?」と思っていたのだが、最近やっと「明日、届けに行くけどご在宅ですか?」みたいなメールが来るようになった。で、配達日時変更へのリンクがついていてこちらの都合が悪ければ変更できる。これはいい。なんでもっと早くにできなかったのだろうか?

■箱BOON
箱BOONというのはクロネコの事業だったと思うが、今年の初めごろにサービス中止となり、夏頃に終了となってしまった。同じところで何度もモノを送ったりするのに便利だったのだが、なんで終わるかなぁ。そう言えばゆうパックが似たような目的のサービスを始めるという話もあるらしい。

■Google Drive
Google Photoのサービスを使うと、スマホで撮影した写真を簡単にPCへ転送できるので便利に使っていたのだが、昨日急にスマホからuploadできなくなった。そういえば数日前からGoogleDriveの容量がいっぱいだとかいうメッセージが出ていたのだが、こういう形で影響が出るとは。私はGmailのいらないメッセージを消したりしていたのだが、それでは全く足りなかったらしい。

なので、いらない写真をずいぶん削った。まだ200枚くらいしか削除していないが、2000枚を目標に削除しようと思う。

■スマホアプリのアップデート
スマホなプリが勝手にアップデートされるのが不満で、ずっとアップデ―トを保留にしていた。勝手にアップデートされると、今までの設定が思わぬ時にリセットされていたりして具合が悪いのだ。

しかし、アップデート保留が50件くらいになったのでそろそろアップデートやらせてみようと思って厳選してやってみたらアップデートに失敗するものが多発した。アップデートに期限があったのだろうか?この件はまだ調査中。

■Operaブラウザ
広告のポップアップを抑圧することを期待してブラウザにはOperaを使っているのだが、これがどうもmixiと相性が悪い。Operaではmixi画面のボタンが押せないのだ。JavaScriptの仕様が違うらしい。

Operaブラウザにはもうひとつまずいところがあって、ブックマークを軽く左右にフリックするだけで削除されてしまうのだ。私は歩きながらブラウザを使ったりもするので、この削除操作のおかげで大事なブックマークをいくつか削除してしまった。これの回復にはまだ時間がかかっている。この件に関してはOperaブラウザの開発元に連絡して改善されたようなのだが、mixi対応はまだできていないようだ。

| | コメント (1)

半日断食で悩む

一日の中で「食事時間を12時間以内に収めるだけで痩せて健康になる」という話を読んだ。ソースは日本版ニューズウィークだ。

なんでも、一日の半分は養分を吸収し、残りの半分で蓄えた養分を消費するのがよい、ということを実験で証明したということなのだ。ただし、ネズミを使った実験であって人間にそのまま適用できるのかは疑問だとは思う。

実際の生活で考えると、朝食から12時間以内に夕食を終えるというのはちょっと難しい。せめて14時間にならないものかなぁ、とか朝食抜けばいいのか?とか思ったり。

たしかに、夜九時以降にはモノを食べないとか言っている人もいたりするので、養分を吸収する時間帯をきっちり決めるのは意味があるのかもしれない。

じゃぁ、養分吸収時間帯の始まりは一日の食べ始めだとして、時間帯の終わりはどうやって検知するのだろうか? 血糖値の降下で判断する? だとすると、血糖値を下げる薬(インシュリン?)か何かの薬で「今、養分吸収終わりました!」ということを身体に教えてあげられればいいのかもしれないよ。

| | コメント (0)

迷彩塗装に悩む

安さとスペックにやられて購入したら色がピンクだったといういわくつきのノートPCだったが、もちろんそのままの色では使えない。黒とか紺とかシルバーとかに塗ってしまいたいところだが、ムラなく綺麗に塗るのは難しそうだ。

なので迷彩に塗ろうと思った。迷彩色のノートPCってまるで軍用みたいでかっこいいかも。

まずは塗料の食いつきがよくなるように、ピンクの素地にサンドペーパーをかける。すると、ピンクが一部剥げてしまった。これであとには戻れなくなった。

Msi_pink

で、この上にアクリル絵の具を塗り付ける。まずは銀色(っていうか薄い灰色)を水で溶いて薄めたものを塗ろうとしたのだが、100均の絵の具のせいか水で伸びない。ダマになるっていうか、水で溶いたもの自体がすでにムラになっている。しかたがないので、灰色の塊の部分だけを塗り付けるのだがこれはあまりうまくいかなかった。

色の薄い順に塗るのがいいだろうと思って、灰色⇒黄色⇒茶色⇒緑色⇒黒と塗ってみたのだが、いやいや、迷彩にするっていうのは意外に難しいものだわ。

で、これが迷彩PC(自ら失笑)。

Msi_kamo

「極大射程」というS・ハンターの小説を映画化したもののなかで、銃に迷彩を施すシーンがあって、葉付きの枝を銃に添わせてオレンジのスプレーを吹きかけ、枝を替えて緑とか黒をスプレーしていた。そういうふうにできればよかったのだが、家の中でスプレーを吹くわけにもいかず、そもそも銃とPCではもともとの形も違うので、こういうみっともないことになってしまった。

しかし、アクリル絵の具というのもやはりテクニックが必要、というかあたりまえだが技術を身につける必要がある。今回も、色を塗るごとにサンドペーパーがけするなどすればもうちょっときれいにできたかもしれないのだが、何しろ「迷彩だから」という口実の下にテキトーなことをやってしまいましたのです。はい。






| | コメント (6)

2018年10月 9日 (火)

LPのデジタル化に悩む

Msi_u100_audio主に安さが魅力で購入した中古小型PCだったが、実は大事な仕事があったのだった。

オーディオシステムとPCを組み合わせるには、リビングに常設できる小さなPCが必要だ。これにこの小型PCがぴったりなのだ。これがあると長年の懸案であるLPのデジタル化が進むぞ。

で、Windows7の使いまわしに失敗したこのPCにWindows10をインストールした。1024×600ドットのディスプレイでは正直辛いのだが、このPCとは当分付き合うつもりなので長生きできるOSを選んだつもりだ。

写真はこのPC上でAudacityという録音ソフトを使ってLPの再生音を録音しているところだ。下の方に見えるのはRolandの「UA-3FX」というデジタルインタフェースで、PCとUSBで接続してマイクとかギターをつなぎ込むのにも活用できる。

Windows10になってから、デスクトップの音をキャプチャすることができなくなったのだが、このデジタルインタフェースとPC2台があれば(つまり既存のノートPCとこの小型PC)、XPのころからよくやっていた「Youtubeの音源をmp3化」とか、PC上の音源に合わせてギターを弾いたものをミキシングする、というふうなことができるようになるので、これはうれしい。

とか言いつつLPのデジタル化を進めたのだが、これが意外と難物。まず、プレーヤーのカートリッジが想像以上に劣化していてやたらと音が歪む。どうもカートリッジのダンパーのゴムが硬化してしまっているようだ。なので急遽カートリッジを買いに走る。さらにLP出力のレベル合わせとかまぁいろいろあって、やっと数枚のLPをデジタル化した。

その内容とか、写真のPCにスクリーン周りのマスキングテープによる養生とかの話はまた後程。

翌日追記:

「買うこともできるし、Youtubeもあるよね?」というコメントをいただいたんですが、私もLPを全部デジタル化するつもりはなくて、まずはYoutubeにないもの、そしてCD化されていないもの、さらに言うと、デジタルデータとして「所有」したいものを優先的にデジタル化しています。

聞きなおしてみると、「なんでこんなもの大事にとっておいたんだろう?」ということもないではないのですが、久々に聞いてみると単なるなつかしさだけではなくて新しい発見もあったりします。

で、昨日デジタル化した曲の一部をご紹介。



この曲は「Where Fortune Smiles」というアルバムの1曲目「Glancing Backwards」。John Surmanの曲らしい。メンバーはJohn Surman がサックス、John McLaughlinがギター、カール・ベルガーがVibraphone、Dave Hollandのベース、ステュー・マーチンがドラム。

Where_fortune_smiles
これがそのジャケットなんだが、私が持っているのはこんなに金色がくっきりしていなくて、ぼや~んとしている。英国からの直輸入をしっかりビニルでくるんで大事にしていたのだが。

10月12日追記:

13年前の投稿を読んでいたら「Ear WAX」についてのコメントがあった。私もデジタル化しようかと思っていたのだったが、Youtubeで調べてみるとすでにあった。実はあまりおもしろくない。ベースラインが陳腐だ。ちなみにYoutubeで「earwax」を検索するのはやめた方がいい。


これと比べると、先にご紹介した「Where Fortune Smiles」は単に懐かしいだけじゃなくて頭の中のどこかに深くしみついているのだ。特に先に紹介した一曲目と、タイトルチューンの「Where Fortune Smiles」。これはなかなか尖っていて、刺さるんだなぁ。

| | コメント (3)

2018年10月 8日 (月)

GoogleMapで悩む

FloormapスマホのGPSはたいていOFFにしているが、現在位置を確認するためにONにしていることもある。

で、その現在位置がこんなふうに表示されるわけだが、驚いたことにデパートの9階というところまで特定されてしまっている。で、その階のフロアマップが表示されているというわけだ。

GPSで地上高まで測定できるというのはわかる。しかし、例えば地上35mだということが分かったとして、それがそのビルの9階であるということはそのビルの設計書ををみないとわからないのじゃないか?

まぁ。設計書でなくてもそれぞれの階の高さがわかればいいのだが、Googleはそういう情報まで持っているってこと?

まぁ徹底的にやる、できるというのがGoogleの強みだとは思っていたが、そこまでやるのか。

| | コメント (5)

«耳の良い怪獣で悩む