« ネットワーク内の距離計算 | トップページ | ポルシェ »

2004年4月 5日 (月)

ボトル・プラント

Bottleplants 昨日のことだが、街でおもしろいものを見つけた。ボトル・プラントというもので、つまりご覧の通り「密閉された」ビンの中に観葉植物が入っている。で、説明書きがあって「水も肥料もいりません、明るいところに置いておくだけ」というのだ。直射日光に当てると「煮立ってしまって」死んでしまうらしい。

なるほど、飾ってあったビンの内側には水蒸気が結露して水滴になっている。水は内部で循環するのだな。

しかし、二酸化炭素はどうなんだろう? 光合成で空気中の二酸化炭素はどんどん酸素に変換されるはずだ。土の中の微生物が酸素を消費するんだろうか?

同じような物として、密閉された水中で、水草と小さな魚が生き続けるというものがあった。いまでもあるんじゃないかな。魚が水あかを食べてフンをし、フンを水草が養分として吸収する。酸素と二酸化炭素は魚と水草でやり取りをする。絶妙のバランスで生き続ける、とはいってもそのバランスはいつか破綻しそうな気がする。

ボトル・プラントはどうなんだろうか? 土もテキトーでいいのなら簡単に実験できそうな気もする。WEBで探すと、PETボトルで学校の教材みたいにして使っている例もあるらしい。

というわけで、2000円くらいの値段の付いていたボトル・プラントは結局買わなかったんだけどさ。

|

« ネットワーク内の距離計算 | トップページ | ポルシェ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/15236533

この記事へのトラックバック一覧です: ボトル・プラント:

« ネットワーク内の距離計算 | トップページ | ポルシェ »