« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月の6件の投稿

2005年3月28日 (月)

バナナが耳に刺さってますよ~

Itami20050328 空港やターミナル駅の本屋というのは普通の本屋さんとは品ぞろえが違うような気がする。旅の直前のやや高ぶった気持ちで選ぶ本というのはやっぱりちょっと違うんじゃないだろうか。

そんなわけで、ちょっと高ぶっていた私は文庫本の腰巻きに付けられた「随筆をエッセイにした」「この本を読まずしてエッセイを語るなかれ」とうい惹句に惹かれて伊丹十三の「ヨーロッパ退屈日記」というのを買ってしまったのだった。

ところがこれが大変におもしろいのだった。品川駅の新幹線ホームで「のぞみ」を待ちながら夢中になって読んでいたために、入線してきた車輌を確かめもせずに乗り込んだら、これが一本早い「ひかり」でしかも品川の次に止まるのが三島とう半端なやつで、せっかく買ったのぞみの指定席には座れず、ひかりの車中を右往左往(正確には前往後往)してまぁなんとか座れたのだが、まぁそんな話はいいや。

伊丹十三がこの本を書いたのはたぶん、40年以上前のことである。いや、今その本が手元にないので正確なことはわからないのだが。なにしろ「明日日本へ帰る」と書いておきながら「日本に着くのは月末ぐらいだろう」とか言ってる。かれは船で帰るつもりなのだ。そんな時代の話なのだ。

いやしかし、その中で語られることがおもしろいおもしろい。ひとつひとつ紹介したいがまぁそれはやめておこう。ただひとつご紹介するのはタイトルにいただいた「バナナを耳に刺した紳士」というイギリスの小話。イギリスの電車の中で向かいに座った人が耳にバナナを挿している。しかも半分ほど皮をむいたやつだ。それで、それを見つけた人は悩むわけ、いいってあげた方がいいんだろうか、それとも黙っているべきか、と。で、さんざん悩んだ挙げ句に「バナナが耳に刺さってますよ~」と言ってあげるのだが・・・。

そういうおもしろ小話だけじゃなくてウイットに富んだお話が満載で、結局私は新幹線の中で一睡もすることなくこの本に没頭してしまったのだった。

で、気がついてみると腰巻きが外れていてそこには「この本を読んでニヤッと笑ったあなたは本格的で、ちょっと変なひとです。」と書かれていて、これにはやられた、というか、イヤーこれってたいていの人はニヤッとするでしょう。

で、これを書いた伊丹十三氏は1997年に自殺してしまったのだな。彼は一体何を悲観したのだろうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年3月25日 (金)

サムライのサッカー

Shunsuke20050325_1 サッカーの試合で、日本はイランに1-2で負けてしまった。

イランはいろいろとこすっからいことをやってくるのだが、日本はそういうことをしない。清く美しいサッカーだ。清く美しくやって勝てればそれでいいのだが、サッカーというのはそんなに甘くはない。

サッカーと言うのはある意味格闘技なのだから、少なくとも日本のサッカー選手達はみんな柔道を習うべきだと思う。転んでもけがをしない方法を柔道の受け身から学ぶのだ。それに、試合が始まる前には全員で九字を切る。忍者がよくやっているようなポーズだが、これは相手を威嚇する意味があると思う。

さらには軽い接触のように見せかけて、実は強烈にツボを刺激して相手の運動能力を奪うとか、いろいろ日本流のこすっからいことはやりようがあるはずだ。

「そんなことまでして勝ちたいとは思わない」というのなら、それはそれで結構なことだ。徹頭徹尾、サムライのサッカーをやることだ。私はそれでもいいと思う。でもきっと勝てないだろう。それでも私はかまわないよ。

ところで、PKの時にキーパーはゴールの真ん中で構えるのだが、あれって、キーパーの得意な方を大きく開けて片方に寄るってのがいいと思うのだがどうだろう? ルール的には問題ないはずで、キーパーの得意な方だとわかっていても大きく開けてあればキッカーはそっちへ蹴らざるを得ないと思うのだが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年3月22日 (火)

ハウルの動く城

Haul20050322 タダ券があったので見てきました。子供向けとしてはいいのかもしれないけど、大人としてはいろいろと引っかかるところがあってあんまり楽しめなかったなぁ。

なにがかっていうと、ディテールにいろいろこだわりがあるんだけどもそれが伏線として活かされていない。例えば魔法によって老婆にされてしまった少女が時々元に戻るんだけど、これに対するツッコミがない。顔も少女と老婆の中間になったりするんだけど、それがなぜなのか、どういうときにそうなるのかと言う説明が全くない。

ひょっとしたら、老婆に恋心が芽生えたときに若返るというふうになっていたのかもしれないのだが、それを確かめるシーケンスもないのでなんとも歯がゆい。

そういうものを求めるのがそもそも大人のよくないところだ、って言うんならそれでもいいんだけど。「ハウルの秘密」を発見(のだろうな?)したのもなんだかはっきりしなくて、そこがカタルシスじゃないのか?

まぁ、ファンタジーなんだから、絵が綺麗だからそれでいいんじゃないの、というのもアリだろうけどなぁ。

とか思っていたら、この話は原作があってそれを元に作られたものだということだった。それなら納得かも。原作を読んでから見ればもっと楽しめたのかもしれない。でもそれにしても脚本がよくないんじゃないかなぁ。もっと完成度の高い脚本ができたと思うぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年3月20日 (日)

「24」をあきらめる

Bauer 「24(トゥエンティ・フォー)」は米国製TVドラマである。まるまる1日24時間の出来事を1時間ドラマ24回でリアルタイムに放映する。2時間分がDVD1枚になっていて、24時間分である12枚で完結するわけだ。

昨年の末に最初のシーズン1をみて、2月ごろにシーズン2(別の24時間分)を見、このあいだからシーズン3を見始めたのだが、これがもう見てられなくて、ついに見るのをあきらめた、という話。

北米の方ではもうシーズン4を放映してるらしいけどね。

なにしろ、どんでん返しにつぐどんでん返しで息つく暇もないのだ。10分ごとに「ぇぇえええええ!?」ということになって、意外な展開の連続だ。シーズン1ではそのテンポにまんまとはまってしまってすっかりハマってしまったわけだが、さすがにシーズン3になるとそれに辟易するようになってきた。

例えばショーン・コネリーとニコラズ・ケイジの「Rocks」が好きなひとだったらきっとはまるだろう。サスペンスとバイオレンスのぎっしり詰まったおもちゃ箱だ。

思えば、冬ソナに端を発する韓国ドラマブームになにか共通するものがあるんじゃないかと思う。極端な「意外な展開」の連続っていうのはドラマ業界としてはおかしな状況なんではないだろうか。これはきっと例のアルカイダによる9/11の影響がきっとあるのだと思う。やっぱり9/11は世相に大きな傷跡を残しているのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年3月18日 (金)

わらしべ長者

Yukichi20050318 チロルチョコは一個10円だ。

あなたは駄菓子屋でチロルチョコを一個買った。しかし買った直後に自分の欲しいものはこれではなかったことに気づく。隣にある20円のペロペロキャンディが欲しいのだった。

「おばさん、その10円ボクのだよね?」

「そうだねぇ」

「じゃぁ、このチロルチョコ返すから、その10円とチロルチョコでペロペロキャンディと交換してよ。」

「・・・え~??」

「その10円はボクのだし、このチロルチョコもボクのだからあわせて20円でしょ?だからそれとペロペロキャンディを交換してよ。」

「・・・わかった・・・。はい、これ。」

しかしあなたはまた気が変わる。

「おばさん、その10円とチロルチョコはぼくのだよね?」

「・・・・・・・・・・・・・・」

「ボク」が支払った10円はすでに「ボク」のものではない。それを指摘しなかった時点でおばさんの負けなのだ。こういう理屈は普通通らない。

しかし、株とかのM&Aとかではどうもこういうことがまかり通るらしい。株や土地を担保にして金を借りる。借りたお金でまた株や土地を買って値上がりを待つ。詳しい手法はしらないのだが、株というのはどうもそういううさんくささがあって、どうも信用できない。

ライブドアのやり方に問題があるとか言って、証券取引に関する法律を見直すとかいう話だが、だいたい、証券取引に関係した法律ってなにが正義なのかわかったもんじゃない。おそらくは「健全な証券取引のため」の法律なんだろうけど、そもそも証券取引って健全なのか?

小口で参加している個人株主をちゃんと保護できるような仕組みを作り出せるような姿勢を法律と行政が持っているのかどうか、それが問われているんじゃないのかな?

よく分からないまま言うんだけど、「健全な証券取引」ってどういうものなのか、教えて欲しいものだ。値上がりを狙って株を買うことが100%健全とは言えないと思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月12日 (土)

A Different Kind of Blue

Miles20050312 まだ学生のころ、ラジオから流れてくる音楽を聴いていて驚いたことがあった。ぜんたいとしてはいわゆるロックなのだが、ソロをとっているのがソプラノサックスで、それが実にうまいのだった。

コードを追っているようで時には自由にその枠からはずれて見せ、またコードの流れに舞い戻ったかと思うと終止感を持たせることもなく飄然として立ち去るような。かといって決してでたらめをやっているのではないということはそのIN/OUTのすれすれのところを行きつ戻りつしてそのスリルを楽しんでいることからもはかり知れる。

その時すでに管楽器コンプレックスを持っていた私は、「こんなへなちょこロックバンドでもこんなソロをするサックスプレーヤーがいるんだぁ!?」と羨望やら落胆やらいろいろ複雑な心境だったのだが、ラジオの曲目紹介によるとそれはどこかのロックフェスティバルに出演したウェイン・ショーターだったのだった。

まぁウェイン・ショーターだったら、そりゃしょうがないわなと納得した私であったが、そのときにそのコンサートをワイト島コンサートだと聞いたように思ったのだった。そういえばマイルスのグループがワイト等のコンサートに出演したという話は聞いたことがあったので、なるほどその関係か、と納得していた。

それ以来、マイルスグループのワイト島でのコンサートのようすをなんとか知りたいものだといろいろ捜していた。ジミ・ヘンドリックスのワイト島ライブ(何種類か出ているのだ)のDVDを何度か買いそうになったのも、ひょっとしたらマイルス・グループの演奏がその一部でも収録されていないかと思ったからだ。

前置きが長い。

ま、そういうわけで、見たいと思っていたワイト島のマイルス・グループの演奏を記録したDVDが出ているということをyahooのチャットで教えてもらった時には我が耳を疑った。速攻でAmazonで注文して、昨日届いていたというわけなのだ。「Miles Electric」というDVDで総録画時間は2時間くらいだろうか。で、そのサブタイトルが「A Different Kind of Blue」というわけなのだ。

グループの演奏自体は38分だが、その前後に関係者のインタビューがいろいろと入っていて、これがたいへんにおもしろい。

もちろんマイルス本人のインタビューもあるが、かつてマイルスのバンドに参加していたハービー・ハンコック、チック・コリア、キース・ジャレット、ジャック・「座頭市」・デジョネット、ゲイリー・バーツ、アイアート・モレイラ、ディーブ・リーブマン、ディブ・ホランド、ピート・コージー、マーカス・ミラー、バンドには参加していなかったがカルロス・サンタナ、よく分からないが電子音楽系のひと、それに敵役として「ジャズ評論家」がインタビューに答えている。マクラフリンも入れてくれればよかったのに。


それぞれのインタビューは楽器を持ってのインタビューで、「ほらこんな風に」と言う感じでそれぞれのインタビュー時(2003年らしい)の演奏が入る。インタビュー時には「マイルスに捧げる演奏をして欲しい」という注文を入れたらしいが、例えばキース・ジャレットは断ったようなフシがある。

興味深い演奏はマーカス・ミラーのベースソロだったが、一番おもしろかったのはアイアートの「ひとりビッチズ・ブリュウ」だった。「パーカッションだけで演奏するってのはなんだか悲しいね」とかいいながらやるのだが、アイアートは他にもいろいろとおもしろい話をしてくれてなんだかかわいいのであった。

かわいいといえば、若い頃(1970年)のディブ・ホランドもかわいい。

で、このDVDのひとつのテーマが、マイルスに対する当時の評論家たちへの反論という意味があるのだろう、当時のマイルスのロック導入に対して「商業主義に走った」と論じた急先鋒だったらしい評論家がインタビューで意見を述べている。この「評論家」って、ひょっとして顔で選んだんじゃないの? と思うくらいすごいご面相だ。これはきっと狙ってやっているに違いない。その顔を本日の日記の顔にしてみた。

その「評論家」の論に対して「評論家になるのにはなんの資格試験もない、口先だけでひとの人生をぶち壊すこともできるのにね」と言うストレートな反論から、マイルスの音楽に対する姿勢を示すさまざまな証言が語られて、それがこのDVDの大きなテーマになっている。

いろいろ語られたことはそれぞれに重みがあって全部紹介したいくらいだが、なかでもアイアートが言っていた「マイルスはおれに『叩くな、プレイしろ』っていうんだよ。音が大きすぎるのかと思って小さな音で演奏したら今度は『まわりの音をよく聞いてプレイしろ』っていうんだ。それでやっとどうすればいいかわかったよ」という言葉、さらにハンコックがいっていた「マイルスはひとの演奏をよく聞いていた。マイルスは自分の出す音の中にまわりから聞いた音と自分の出す音を凝縮していたんだ」という言葉がひとつの大きな側面だと思う。

すこしでもマイルスに興味を持っているひとにはぜひとも薦めたいDVDなのであった。

で、結局、ウェイン・ショーターはこのワイト島の演奏には参加していなかったのだった。私が昔聞いたあれはなんだったんだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »