« 麦茶がうまい | トップページ | バナナ・リパブリック日本進出 »

2005年9月 6日 (火)

ハイビジョンは綺麗にはならない?

Hv20050906 地上波デジタルTVがコピーワンスなのがけしからん、ということを前に書いたように思うが、先月だったか新聞記事でこれが緩和されることになったと報じられていた。

また、TV番組をIPネットワークで放送することにも前向きに取り組むらしい。ともによい方向である。どういう記事だったのだったか忘れてしまったのがチョット残念だが。

しかし、地上波デジタルTVの問題はこれだけではないようだ。詳しいことはこのサイト(リンク)wをご参照いただきたいのだが、つまり、なんでハイビジョンにしなくてはいけないのか、ということが指摘されている。

日本国中に出回っている1億台のTVは大型TVばかりではない。病院や学校や子供部屋などには小さいのが取り柄のTVも必要なのだ。一律にハイビジョン(正確にはHDTVという)にしちゃっていいのか? ということも問われているのだ。

で、HDTVなら画質が綺麗になるからまぁそれはいいのかな、などとも思ったりしていたのだが、どうもそうでもないようなのだ。

これも詳しいことはこの記事(リンク)を見ていただきたいのだが、つまり、HDTVといってもいろいろな機器があって、その規格がそろっていないために、編集作業で録画再生を繰り返すごとに画質が劣化していくというのだ。これは主に録画再生を行う機器がいけないのだが、シェアで業界を二分するSONYもPanasonicもちゃんとしたHDTVを劣化なく録画再生することができないのだという。

もともとハイビジョンというのはNHKがアナログの世界で開発した技術を、そのままではもったいないと思ったのか、地上波デジタルに返り咲かせたものだ。開発した技術がお蔵入りになるのは心苦しいものだが、中途半端な形でなく、ちゃんとした形で返り咲かせたいものだ。

|

« 麦茶がうまい | トップページ | バナナ・リパブリック日本進出 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/15208688

この記事へのトラックバック一覧です: ハイビジョンは綺麗にはならない?:

« 麦茶がうまい | トップページ | バナナ・リパブリック日本進出 »