« 奇怪なギターに悩む | トップページ | 1100円CDで悩む »

2007年5月30日 (水)

少女マンガで悩む

もう3週間くらいまえになるが、新聞で少女マンガが手塚治虫賞をとったということが報じられていた。バレエを題材にしたマンガで作者は取材のためだか趣味なのかバレエ教室に通ったのだという。取材の結果、バレエ教育の世界でもいろいろな革新が起こっていることなどがわかったという。

「舞姫:テレプシコーラ」という漫画だ。作家は山岸涼子。

ウチにもバレエをかじっているのがいるので、読ませてみると面白いかもしれないと思って、アマゾンでとりあえず1巻から3巻まで買ってみた。娘に読ませてみると面白いらしく、3巻まで読んだ次の日に5巻まで、さらにその次の日には10巻まで買ってきた。第1部は10巻までらしい。

で、最後まで読んだ娘や家人が号泣である。それもただのごうきゅうではない。 というところで電池切れだ。続きはWEBで!

---------------

というわけで、さっきまでWindowsMobileマシンで電車の中から書いていたのだが、こんどは続きをPCで書いている。

ただの号泣ではないというのは、つまり、読んでいるときに号泣するというのはまぁ普通だろうけど、読み終わってからも「思い出し号泣」なんてことをやっている。さらにその「思い出し号泣」につられて「もらい思い出し号泣」したりしている、なんにしてもただ事ではない。

なので私も読んでみることにした。読み始めてみると私は意外に漫画を読むのが遅いことがわかった。絵を丁寧に見ていくので、時間がかかるのだ。10巻を読むのに1週間かかった。

私は号泣することはなかった。泣きもしなかった。

しかし、この漫画の台10巻のインパクトはなかなかのものだった。私のその夜寝付かれず、浅い眠りの中で変な夢を見た。次の日は仕事にならなかった。

この漫画は現役バレリーナと作者の対談などあって面白い。おすすめだ。しかし、最終巻は休みの前の日に読むことをお勧めする。

また、本気で読む気になったひとには、WEBで検索しないことを勧める。ネタばれサイトが多いみたいだからね。Telepsh

|

« 奇怪なギターに悩む | トップページ | 1100円CDで悩む »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

何ともすごいマンガみたいですね。気分的にそういうのは今のところヘビーすぎる感じがするので遠慮します。
僕のお勧めは知ってるかもしれないけど「もやしもん」。号泣などとは縁遠い、何だこれといわれるかもしれない、でも専門家(医者とか絵描きとか・・・某技術者も)が勧めるマンガ。

投稿: taki | 2007年5月31日 (木) 22時30分

山岸涼子って、大昔にもバレエマンガ描いてたはず。
基本的に好きな漫画家なので、めっちゃ気になってきました。
買おうかな。

あ、「もやしもん」2巻まで読みましたよ。
理系オンチでも楽しめますが、あれセリフ(ネームっていうの?)が多すぎやしません?

納豆菌が好きになりました。

投稿: tatja | 2007年6月18日 (月) 00時02分

山岸涼子は「アラベスク」っていうバレエ漫画を昔描いたそうですが、当時はあまりバレエのことを知らなかったそうで、「今から考えれば恥ずかしい」という風なことを対談で話していました。

投稿: PicksClicks | 2007年6月19日 (火) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/15259057

この記事へのトラックバック一覧です: 少女マンガで悩む:

« 奇怪なギターに悩む | トップページ | 1100円CDで悩む »