« 美しい日本女性に悩む | トップページ | 狭いプールで悩みたくて悩む »

2007年6月16日 (土)

玉蘭に悩む

Gyokuran 桐野夏生の玉蘭がTVドラマ化されるというので見た。

主役に常盤貴子、助演として浅野温子、筒井道隆、長島一茂。長島を使ったのは冒険だったのだと思うがそれほどのアラも出ず、なんとか無難にこなしたか。

小説を先に読んでいたので、うむうむと小説の追体験のようにして見ていたのだが、これしか見ていない人にはどう写るんだろうか? ファンタジーの中にも桐野らしいキツい部分があって、ただのほんわかファンタジーではない。

現在と過去とが交錯する複雑な構成の小説なのだが、うまくまとめていたように思う。一部ばっさり削った部分もあるようだがそれはしょうがない。こってり焼き上げれば2時間ではとても入らないドラマだ。2時間枠2回になるのかと思ったがコンパクトによくまとめたものだと思う。

|

« 美しい日本女性に悩む | トップページ | 狭いプールで悩みたくて悩む »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/15459606

この記事へのトラックバック一覧です: 玉蘭に悩む:

« 美しい日本女性に悩む | トップページ | 狭いプールで悩みたくて悩む »