« 架空請求に悩む | トップページ | ふたたび選挙で悩む »

2007年7月23日 (月)

「井戸振り見えろ」に悩む

仕事帰りの電車の中、隣のつり革につかまりながら薄い本を読んでいる白髪交じりのおじさんがいた。何を読んでいるのかとチラ見していると、なにやら楽譜のようである。しかし曲が書いてあるのではなくて、上がったり下がったりのスケールのようだ。

ハノンみたいなものかと思ったがそうではないようで、ドリアンとかエオリアンとか書いてある。ははぁ、チャーチモードだな。

で、ページの中ごろに大きな字で書いてあったのが「井戸振り見ろ」。つまり、イオニア、ドリア、フリジア、リディア、ミクソリディア、ロクリアの頭文字をとったものらしい。そんなもの覚えてどうするんだ?

まぁそりゃ、「Gドリアンで」という指定があったらそのとおりにやらないといけない場合もあるだろうけど、そんなことってあるのかなぁ? たいていはコード進行からモードを推測してやるんじゃないの?

私は「コードよりモード」派なのだが、チャーチモードを信奉しているわけではないのだ。そのへんは、多くのジャズ教則本はなにか勘違いをしているのではないかと思っている。

「チャーチモードではなくて」、というのはつまり、主音を認めないということだ。どの音も平等っていうか、平坦なスケールをモードとして使う(?)のが私的にはしっくり来るという次第。

チャーチモードがうまく実現できないからそういうことを言っているのか、というと、まぁそうかもしれない。

しかし、電車の中で見た「薄い本」はよく見てみるとジャズライフの連載をコピーして製本したものみたいだった。なんだかなぁ。

|

« 架空請求に悩む | トップページ | ふたたび選挙で悩む »

音楽」カテゴリの記事

コメント

「井戸振り見ろ」というのは初耳ですが、お笑いみたいですね。そこまでして覚えるほどのもんかな。試験に出るとか(何の試験だ)?
私もSo Whatとかもともとモードを意識している曲は別にして、スタンダードではチャーチモードを意識することはないですね。おっしゃることは分かります。せいぜい、トニックで4度を強調したり、ドミナントで1度を強調したりするのは普通はご法度という程度でしょうか。大体そういう場合はモードとは思ってないし。意識しているのは調性のスケールですね。
それよりオルタードスケールとかブルーノート、ディミニッシュスケールなどをどう使うかの方が大事なような。

投稿: taki | 2007年7月25日 (水) 21時23分

「井戸振り見ろ」、エオリアが抜けてますね。これじゃ試験に落ちるかも。

投稿: taki | 2007年7月31日 (火) 12時25分

ほんとだぁ。

井戸降り見えろだったのか。

投稿: PICKS CLICKS | 2007年7月31日 (火) 23時42分

dim7についてはこんなことも書いています。

http://picksclicks.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/dim7_4704.html

投稿: PICKS CLICKS | 2007年7月31日 (火) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/15858882

この記事へのトラックバック一覧です: 「井戸振り見えろ」に悩む:

« 架空請求に悩む | トップページ | ふたたび選挙で悩む »