« 安いブートキャンプで悩む | トップページ | B級映画になんとなく悩む »

2007年11月 3日 (土)

戦争小説に悩む

U307 戦争映画でも潜水艦モノが好きだ。DVDでもU571なんかはタイへん面白かったし、ロシアのK19も悲惨な話だがそれなりに楽しめた。

そういうわけなので、タイトルを見ていきなり食いついてしまったのだった。

軍事スリラーである。それも二次大戦モノじゃなくて現代の電子戦だ。ドイツ軍の潜水艦が英米を相手に戦うのだ。

筆者はもと米軍の対潜水艦特技官で、メカニカルな描写はよくわからないなりに迫力がある。時には兵器自体を主体として状況を描いたりしているのは、実際にそのようにして仕事をしていたのだろうと思わせる。

軍隊が現代的だなぁと思うのは、上級士官に女性が多いことからもうかがい知れる。実際はどうなのか知らないが、兵士にも女性が多く起用されており、男性兵士と同じように死傷する。

しかし、ロマンスな話は全くない。これは好ましい。

戦闘シーンでは息を飲む描写に引き込まれる。良質のカンフー映画を見ているような快適な緊張感が続く。本当にどきどきしてしまうのだ。こういうのは泉優二の二輪レース小説以来かも。

というわけで大変楽しめました。

|

« 安いブートキャンプで悩む | トップページ | B級映画になんとなく悩む »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/16959056

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争小説に悩む:

« 安いブートキャンプで悩む | トップページ | B級映画になんとなく悩む »