« シャッター通りに悩む | トップページ | あわただしい休日に悩む »

2008年3月30日 (日)

アマゾンでBossa買って悩む

Thisisbossanova セルジオ・メンデスが新しくアルバムを出したという知らせは、友人から聞いた。アマゾンへそれを探しに行って、ブラジル映画「This is Bossa Nova」の日本語版が出ることを知った。3月28日発売ということで予約受付中だ。

この映画は昨年8月に見に行ってDVDを探していたのだが、当時はブラジル版しかなく、リージョンコードが4とかで日本では視聴できるかどうかわからなかった。TVの方式もPALかNTSCだかわからなかった(その後NTSCと判明)のでわざわざ輸入して確かめることもできなかったわけだ。

この映画は書籍「ボサノバの歴史」と並んで保存版だと思ったので、これは早速予約して買うことにした。

予約したDVDが届くと、特典映像が60分ついている。これには本編に入らなかった演奏が30分とインタビューが15分×2という構成になっている。

このDVDではボサノバの創始者がホベルト・メネスカルとカルロス・リラということになっていてまだご存命中のジョアン・ジルベルトが生出演していないなどいろいろと不満があるのだが、当時の熱気みたいなものが伝わってきて非常に興味深いのだ。実はまだその特典映像しか見ていないのだが、またゆっくりと本編を見よう。

Morninginrio 一方、こちらは本来の目的であったセルジオ・メンデスの新譜だ。原題がENCANTO、日本では「Morning in Rio」として発売されている。この差は微妙である。

アルバムのできは中くらいだと思う。2005年の前作「Timeless」は世界的なヒットになったらしいのだが、私もその威力は十分に感じることができた。

TimlessはセルメンとHIPHOPとのコラボということでそのHIPHOP部分がうるさかったり、時には汚らしかったりして、未だに全面的には受け入れがたいところがあるのだが、それでも各所にちりばめられたアイディアは楽しく聞くことができる。

今回の新譜を出すについては、こんな会話が交わされたのではないかと推察する。

P(プロデューサ):「セルメンさん、またTimeless見たいなの作りましょうよ。」
S(セルジオ・メンデス):「もうTimelessでアイディアは全部出してしもたからなぁ、もうネタはないで。」
P:「あんな大ヒットでのうてもよろしいやん。中ヒットでも続けることが大事なんとちがいまっか?」
S:「そやなあ、まぁそんなふうにハードル下げてくれるンやったら考えよか。」

まぁ、こんな感じでできたアルバムだが、日本人としてはちょっと気になるトラックがある。ドリームズ・カムトゥルーの吉田美和が歌っているトラックがあるのだ。6曲目の「Lugar Comum _ featuring DREAMS COME TRUE」というのがそれなのだが、吉田美和も良いパフォーマンスを出しているのだが、このトラックは日本版にしか入っていない。先に微妙と書いたのがこのことで、他にも他国語で録音されている曲が2曲、4トラックあるのだが、この曲だけは世界版ではフランス語で他の歌手が歌っている。

何でそんなことするかな? よくわからないが、これがセルメンの世界戦略なのかも。

Alegria_2 以上2件をアマゾンで購入するに当たって、以前から買い物籠に入っていたボサリオのアレグリアもついでに買うことに下。

これはだいぶ前から買い物籠には入っていたのだが、今ひとつ決断できなかったのだ。

これはまぁやはり思ったとおり、そのまま買い物籠に入れとけばよかったかな、という出来だ。ボサノバというよりも普通のアメリカンポップス集という感じ。デビュー版の気合の入りようと比べると、肩の力抜きすぎという感じ。聞き流すだけの感じだった。

|

« シャッター通りに悩む | トップページ | あわただしい休日に悩む »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/40695133

この記事へのトラックバック一覧です: アマゾンでBossa買って悩む:

» Sergio Mendes「Encanto」 それなりに楽しめるが、前作の「奇跡」は... [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
前に期待と不安を当ブログでアップしたSergio Mendesの新作「Encanto」ですが、さっそく購入し、聞き込み中。 前作「Timeless」ではほとんどの曲でラップが絡み、かつ絡んでくるのがwill.i.am はもちろん、Erykah Badu(話は違うが、彼女の新作、強烈アメリカ批判!でスゴい)とかQ-Tipとか、と・に・か・く・イキのいいアーティストをがてんこ盛りだった。 今回は、ラップはwill.i.amが絡む2曲だけで、残りは完全にSergioペース。 ゲストもいわゆる、大物中心... [続きを読む]

受信: 2008年4月 3日 (木) 22時35分

« シャッター通りに悩む | トップページ | あわただしい休日に悩む »