« 映画の鑑賞眼で悩む | トップページ | 無線LAN共用で悩む »

2008年4月27日 (日)

変わってしまった神戸に悩む

Kobe_marco 母の一周忌で法事のために大阪へ行ったわけだが、もう実家には泊まれない。墓が神戸にあるので、神戸のホテルに泊まった。ついでに久しく見ていない神戸の街を見てみようかという魂胆だ。

まず、地下鉄にびっくり。これは帰りに新神戸から新幹線に乗ることを決めるときに、新神戸駅へのアクセスを考えていたときに発見したのだが、いつできたんだろう? とにかく私はこれに乗るのは初めてだ。

墓参りして、ホテルに直行。荷物を置いて町に繰り出すと、もう薄暗くなっている。とりあえず食事しないと、ということだが、ファミレスはいやだとか居酒屋もいやだとか、なかなか意見がまとまらない。結局鯉川通りを歩いていて通りの向こう側にこじんまりとしたイタリアンレストランを見つけて入ってみる。MARCOという店だ(写真は次の日に撮影)。

料理は良かったし、厨房のすぐそばのカウンター席だったのだが、厨房の3人が非常に言葉少なくて好感が持てる。やっと聞き取れたのが「これ、XXテーブル」くらいだったか。

客もみんな静かで、時々笑い声が聞こえるくらいだが、みんな尻が長いぞ。ほとんど客が回転しない、ってことは私たちも回転しなかったのだが、そこそこ注文は入れていたのでまぁいいんじゃない。アルコールを注文しないので売り上げには貢献しなかったかもだが。

注文したものがいくつか「品切れ」だったことを恐縮して、帰り際には3人そろってお見送りしてくれた。いい感じの店だなぁ。

Kobe_rice_pasta 兄弟店として「RICE PASTA」というのがあるというので、これも翌日探してみた。すると南京街の西口の並びにあった。また来ることがあったらこちらにもお邪魔してみようと思う。

そういえば、この南京街というのも以前にはなかった町並みだ。元町駅の近くにそういう一角があった記憶はあるのだが、元町駅の南東ではなかったか?

新しい南京街は元町筋2丁目くらいの南側だ。西口の鳥居の礎石をみると、平成17年定礎と書いてあった。そんなのぜんぜん知らなかったよ。だいたい、元町の南側なんて行こうとも思わなかったものなぁ。

Kobe_port_tower だらだら食事をしていたので、終わったらもうホテルへ帰る時間だが、ポートタワーが綺麗なので、写真を撮ってみた。

Kobe_nishimura_morning 一夜明けて、昨夜目星をつけていた「コーヒーのニシムラ」でモーニングセットをいただく。ひざに置く紙ナプキンのかわりにタオルを持ってきてくれる。このタオルが暖かかったのは、そういうものなのか?

Kobe_samba_school で、朝食をとってメリケン波止場方面を歩いてみる(順序逆だったかも)。するとなぜかサンバ教室の看板とかあるが、写真だけ撮ってパス。波止場はなんだか公園みたいになっていて、昔はこんなじゃなかったと思う。むかしは普通の波止場だったと思う。 

波止場ではフリーマーケットが行われれるらしくて、車で乗り付けている人たちがたくさん店開きをしていた。

Kobe_yamato1 そんなメリケン波止場でまず目を引くのがこの「超伝導電磁推進船ヤマト1」だ。

これは超伝導コイルで生成した磁場内の海水に電流を通し、フレミングの法則により推進力を得る実験船で、1992年6月16日神戸港でに世界初の航行に成功したという。

そういえばその原理を示す模型を1990年ごろだったか、東京お台場の「船の科学館」で見たことがあった。これはなかなか悲惨なもので、公害を出さず、振動も騒音もないということだったが、実験模型の電極が悲惨に腐食していた。そりゃそうだろう。海水は塩水だから、これに電流を通すと+極には塩素ガスが発生し、-極付近にはNaOHだから苛性ソーダが発生する。電極が腐食しないほうが不思議というものだ。

不思議に思って調べてみると、こういう有毒な分解生成物を出さないために交流電流を流し、それだと推進力が得られないので、今度は磁界のほうも交流の周波数にあわせて回転させると言う。そんなの効率悪いじゃないか。

と思ったら、やはりこのヤマト1も実際の航行速度は8ノットだったということだ。これじゃぁ実用化は難しいわなぁ。

一方こちらは、時代をぐんぐんさかのぼってコロンブスが「イヨー国が見えた」と叫んだとされるサンタマリア号のレプリカだ。こんな小さな船で世界の果てまで行こうとしていたのだなぁ。すごいなぁ。

Kobe_santamaria

もう一枚の写真は北野町異人館街にある神戸モスク。この建物は私が小さいころからあって、子供心に変わった建物だなぁと思っていた。学校へ行く途中にあったと思っていたのだが、今回よく考えてみると方角違いだ。おそらく三宮からうちへバスで帰るときにトーアロードを上っていくときに見たものらしい。

Kobe_musk

まぁそんなこんなで、異人館街から東へ向けて歩き、以前に見つけていたおいしいパン屋(セ・エム・アッシュ)で無茶買いし、三宮駅前でまたイタリアンを食べて帰途に着いたのであった。

|

« 映画の鑑賞眼で悩む | トップページ | 無線LAN共用で悩む »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

昔というか、学生時代のメリケン波止場は80年代後半に埋め立てられて、今はメリケンパークになっているし、神戸駅付近はハーバーランドになって、ずいぶんと変わってしまいましたね。地下鉄も80年代後半に西区の山林をニュータウンに造成したときにできたと思います。元町の中華街(南京町)も昔は裏通りだったと思いますが、90年代初頭にはもうありましたよ。

とはいえ、我が家は名ばかり神戸で、東播磨だし、中央区の実家もなくなったので、市街地は通勤で通り過ぎるだけで、あまり知りません。
胡散臭かった高架下商店街を歩いた頃が懐かしいですね。

投稿: taki | 2008年4月29日 (火) 23時48分

ポートアイランドが埋め立てられてできたというのは聞いていましたが、メリケン波止場も埋め立てられたんですね。

元町筋にロッコーマンを探しながら歩いたんですが見つけられなくて、調べてみたら山側のほうへ移転したのですね。

まぁ私の認識不足もあって、いろいろなことにびっくりしていたわけです。大阪へは何度も帰っていたのですが、神戸まで足を伸ばすことはそれほどなかったので。

高架下も好きで、今回も歩きたかったのですが時間がありませんでした。

投稿: PICKS CLICKS | 2008年4月30日 (水) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/41015141

この記事へのトラックバック一覧です: 変わってしまった神戸に悩む:

« 映画の鑑賞眼で悩む | トップページ | 無線LAN共用で悩む »