« 中国サッカーに悩む | トップページ | Jobimの楽譜で悩む »

2008年8月14日 (木)

PCの突然死に悩む

いつも使っているノートPCで中国サッカーの動画を貼り付けた投稿をPOSTした瞬間、画面暗転、電源断。ブルースクリーンにもならずに即死だ。

そのあとはどうやっても立ち上がらない。電源を入れると表示用LEDがいったんは全部点灯するのだが、あとは電源のパイロットランプが点いているだけだ。しかしHDDは回っているのだ。

HDDが回っているのにそこへアクセスに行かないし、大体スクリーンになにも表示されないし、「システムが見つからない」というふうなメッセージも出ない。BIOSにすら入れないのだ。

考えられることは、電源関係のトラブルか、それともCPU自体が飛んでしまったか。

なんにしてもすぐには直せないので、とりあえず悩んだフリをしてみるが、それでは何も解決しない。HDDは回っているのだからおそらくデータは回収できるだろうが、最近はこのPCを主に使っているので、環境を回復するのはかなり大変だ。

一番簡単な回復方法は、同じ機種のPCを買ってくることだ。IBMのX24だから、まだ中古市場にはあるだろうし、値段もこなれているはずだ。おそらくHDDを現在使っているものと入れ替えるだけで現状復帰できるだろう。

WEBで調べてみると、基板上に電源フューズがあるのかもしれないらしい。それとも温度フューズなんだろうか? しかしその交換はそう簡単じゃないみたいだ。

というわけで昨日は秋葉原へ。

秋葉原もなんだかフィギュアの店なんかが増えたりしてすっかり感じが変わってしまったが、私は末広町からDEEP秋葉原を目指すので、あんまり関係ないかな。それでも「メイドさんの眼鏡屋さん」なんてのがあってちょっと避けて通る。

最初に見つけたX24は24,800円でXPがインストールされている。しかし、それは必要ないし、ヒンジのところがちょっと怪しかったのでパス。

もうひとつの店では19,800円でOSなし。そうそう、そういうのが欲しいのだ。でもそこを記憶しつつさらに探すと「ジャンク扱いで8,000円」というX24を置いている店があった。あったのだが、これが私のX24と全く同じ症状だ。電源ははいるが立ち上がらない。「フューズですかね?」とカマをかけてみるが、「いやまだ調べてないから」「調べたら直すし、そうすると値段が倍くらいになるよ」。ごもっとも。

なので、先の19,800円のところへ戻って購入。ドッキングステーションも電源もついてくるので、うむうむ、これは壊れたほうも復活させたいところ。

帰宅して早速HDDを入れ替えると、難なく立ち上がる。さすがだ。でもなんだかクッキーが無効になっているようで、なんだろう?ハードウエアが変わったことをOSが検出したような感じだ。CPU-IDでも見ているのだろうか?

で、こちらは壊れたほうのPCのキーボードを開けたところ。電源フュ-ズはどこにあるんだろうなぁ? LENOVOの保守マニュアルをダウンロードして読んでみたのだがそういうことは書いていないようだ。せっかく抵抗型フューズを買ってきたのになぁ。

X24_kbd_opened

2009年1月5日追記:

WEBで「BIOSバックアップ用電池が死ぬと立ち上がらなくなる」という話を見つけたので、早速立ち上がらないほうのX24のバックアップバッテリをチェックしてみる。電圧は2.68Vだ。

リチウム・マンガン電池だから定格電圧は3Vのはず、この電圧はそれほど低くはないけれども、リチウム系電池はある時点で急激に電圧が下がるので、それが原因かもしれない。

とか思いつつ、試しに20GのHDDを突っ込んで電源を入れてみるとCDからCentOsのインストールCDを読み込んで立ち上がった。ありゃりゃ。長いお休み期間でバックアップ電池が少し回復したのかな?

戯れにCentOsをNet-Installしたりしてみたが、やはり電池が消耗したらしくて、また立ち上がらなくなる。しかたがない、電池を新しくしよう。

というわけで買ってきたCR2025のボタン電池をおっかなびっくりで半田付け。すると見事に立ち上がるではないか。なぁんだ、こんなことだったのか。

|

« 中国サッカーに悩む | トップページ | Jobimの楽譜で悩む »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/42166686

この記事へのトラックバック一覧です: PCの突然死に悩む:

« 中国サッカーに悩む | トップページ | Jobimの楽譜で悩む »