« Google Street Carに悩む | トップページ | Lucianaに悩む »

2008年9月26日 (金)

暗めの映画を見て悩む

先週だが、「おくりびと」を見てきた。肉親を失った人にはジーンとくる場面が多数あるので、涙拭く木綿のハンカチをくださいって感じ。

よくできた映画で、くすぐりもあって泣いたり笑ったり忙しい。 別の視点から見ると、交響曲第九って、わかりやすいメロディの裏ではチェロとか結構忙しく伴奏というのかギコギコ弾いているものだなぁ、とか。

あるいは広末がちょっと若すぎというか、軽い感じで、寺島あたりでもよかったか? でも本木が年齢のわりに見かけが若いのでそれほど違和感はないか。

Okuribito

米国のアカデミー賞外国映画のカテゴリーで、日本代表として参加することになったらしいが、さてこの映画がアメリカ人にわかるかな?

実はこのあいだからチェロ弾きたいなぁなんて思っていて、この映画のおかげでそれが加速された感じもある。

|

« Google Street Carに悩む | トップページ | Lucianaに悩む »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/42602694

この記事へのトラックバック一覧です: 暗めの映画を見て悩む:

« Google Street Carに悩む | トップページ | Lucianaに悩む »