« 日本人好みのコード進行で悩む | トップページ | 小室哲哉の逮捕に悩む »

2008年11月 3日 (月)

BLOG読者に話しかけられて悩む

11月1日は第一土曜日なので大塚のエスペト・ブラジルのボサノバ・パーティへ。

その前にボサノバ練習会というのがあって、ハーモニカ初心者として参加。やるとは聞いてなかったキーDのイパネマに全く付いていけない。キーFでもサビの後半には難渋しているというのに。ジェット機のサンバ(G)は6割くらい、ん?DINDI(A)はやったかな?

ボサノバ・パーティではかねてからの課題であった「We and the Sea」(やっとコードが分かった)、「Influence of Jazz」、そして「Billy Boy」をサンバでやった。

パーティでは「Misty弾けませんか?歌いたいので。」と聞いて回っている人がいて、私のところにも来たので、「キーFならオケがありますが・・・」というと「じゃぁやってください」と。とはいってもオケなので臨機応変なことはできないから「練習しないとやばいですよ」といったんお断りしたのだが、なんだか結局やることになってステージへ。

キーFのMistyのオケは2種類作ってあって、ひとつは2ビートのバラード、もうひとつは軽いボサになっている。「どちらがいいですか?」「どっちでもいいです」ということだったのでボサのほうにする。

ところが(なかなか本題に入れないなぁ)、実際に始めてみると、しばらく歌ってから「うまく乗れない」とか言い出して歌の途中でステージを降りてしまう。仕方がないのであとはギターでアドリブソロをやって、終わりのテーマをやって、といういつものパターンで閉める。

などあって、やっと本題。10時52分に池袋を出る湘南新宿ラインの最終に乗りたいので(ローカルな話で申し訳ない;これより遅くなっても帰れるのだが、効率よく帰れるのはこれが最終)、10時半頃に帰り仕度をしていると、「お悩み手帳の方ですよね?」と話しかけられる。「え?!」と聞き返してみると、1月のボサノバパーティの話を書いたものを読まれていて、私の写真も貼ってあったりするものだから「モザイクかかっていても雰囲気で分かりましたよ。」ということだった。

そういえば、ボサノバとかギターとか、ナイロン弦なんかの話題でここを見ていただいている方は多いようなので、こんな場末のBLOGであってもああいうボサノバの集まりなんかではこういう遭遇確率は高いのかもしれない。これはちょっと気をつけて書かないとなぁ。

で、電車の時間を気にしつつもちょっとお話をして、池袋駅でダッシュしたおかげで最終には間に合いました。

|

« 日本人好みのコード進行で悩む | トップページ | 小室哲哉の逮捕に悩む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ピン!ときたのでしょうね。お店の名前で検索をかけてこのブログに来ている可能性が大きいような気がします。そんな人なら、写真がなくても、演奏でわかるかも・・。最終電車に間に合って良かったです。

投稿: ひめちゅ | 2008年11月 3日 (月) 19時43分

話しかけた本人です。そんなにお急ぎとは知らず申し訳ありませんでした。お悩み手帳の大ファンなので、まるでスティーヴン・
キングに会ったみたいに感激したものですから。
で、ちょっとついでと言ってはなんですが、私、クラシックギターのナイロン弦で悩んでいるのですが、セッションで他の方のギターを弾かせていただいたら私のギターの弦は硬いというか張りが強いのですがナイロン弦でもハードゲージとかライトゲージとかがあるのでしょうか。よろしくご教授ください。

投稿: johnny | 2008年11月 3日 (月) 21時17分

いえいえ、お声をかけていただいてありがとうございます。お話をしていたときにはもうその電車を諦めていたのですが、走ってみたら間に合った、というのが本当のところです。

当日の朝に書いたことも読んでいただいていて、びっくりしました。こんな場末の、思い込みばっかりで書いている駄blogですが、今後ともよろしくお願いします。

投稿: PICKS CLICKS | 2008年11月 4日 (火) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/42993357

この記事へのトラックバック一覧です: BLOG読者に話しかけられて悩む:

« 日本人好みのコード進行で悩む | トップページ | 小室哲哉の逮捕に悩む »