« 古い記録媒体で悩む | トップページ | 自衛官の表現の自由で悩む »

2008年11月15日 (土)

飲食店ライブで悩む

14日のライブは無事終了しました。問題があったとすればやはり集客力という点で、「絶対行くからね」と言ってたあのひとたちはいったいどうしたんだ? 律儀な元某区議は奥さん同伴で来ていただきました。やはり積極的に営業努力しないとだめですね。

ギターとオケは自前のアンプで鳴らせることは実験済みだったのですが、そういえばゲストのハーモニカ用にマイクが必要だし、MC用にも一本あったほうがいいと思ってイマーゴに「マイクありますか?」と電話で聞いてみると「ありますよ」との返事。でもセッティングとか一応のサウンドチェックも必要だから30分前に現地到着。

「ええとマイクは?」「地下のスタジオにあるから」「で、マイクはどこにつなげば?」「そこにあるでしょ、コンセント」・・・って、それは100V 電源ですが・・・。

「いつもはどうやってるんですか?」「いつもはMショさんがPA運んでやってたけど、私は知らない」と店主様。え~?、PA丸ごと運ぶんですか?

地下のスタジオを物色すると、マイクとミキサーを発見したので、とにかくそれを運んでマイクとギターをミキサーにいれ、私のアンプにつなぎこむ。オケはアンプに直接つなぐ。ギターも二本置いてあって、それぞれからケーブルが延びているから配線ですでに床の上が大混乱だが、とりあえず動作確認の後、配線を整理する。はるか昔の放送部時代を思い出す。

19:00を2分ほど過ぎたあたりからMCを交えてスタート。MCは積極的で話す気満々。曲紹介からオケの説明まで丹念にやる。客席の反応もよい。

Imagosolo2 19時の部はエレガットでボサノバ主体に19:50まで7曲やり、20時の部はフルアコでジャズ主体に7曲演奏したらほぼ21時になってしまった。そのあと、ゲスト・プレーヤからのリクエストで「キラー・ジョー」と「イパネマ」をやって終了。21:30撤収完了。

以前横浜でストリートライブやったときに「一人でライブやるのは可能だが大変だ」と痛感していたのにまたやってしまった。やはり大変だった。音響関係の設定から演奏中のミキサ操作まで一人でやるのはこりごりだな。とかいいつつ慣れて行く私。

客席から写真を撮っていただいていたのだが、まだ手元にはないので後日追加する予定です。

客席から撮っていただいた写真。O田さんオリジナルの曲をやっているところ。ギタリスト(私)の姿勢が悪い。

Imagoduo2

|

« 古い記録媒体で悩む | トップページ | 自衛官の表現の自由で悩む »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ライブお疲れ様です。
次回は段取りもわかってやりやすいんじゃないんでしょうか。
MCも演奏も興味津々です。
ぜひ次回は上京してるときにお願いします♪

投稿: マシェリ | 2008年11月15日 (土) 11時57分

今回はお店のほうがあんまりライブ慣れしてなくて、というか、間に入ってくれるようは「主催者」がいなくて、というか私がそうなのでそのへんが辛かったところです。

次回以降はもうちょっとうまくやれるでしょう。

問題は集客です。今のところはミュージックチャージ無しでやってますが、場合によってはお店の都合で取りたいっていうこともあるでしょうしね。そうなるとなお集客が難しくなってきます。

集ク握力は普段からの付き合いが大事ってことですかね。遠いところから来ていただくのはほんとうにありがたいです。

投稿: PICKS CLICKS | 2008年11月15日 (土) 14時41分

集客は大変でしょうけど、それ以前にライブができるってことだけでもすごいと思います。日頃の精進の賜物でしょう、うらやましい。
東京にはたまにしかいかないし、すぐ帰ってしまうので中々会えないですが、またいつかお会いしましょう。

投稿: taki | 2008年11月15日 (土) 23時18分

やはり東京っていうのはすごいってことなんだと思います。私程度のプレーヤでもそういう場が得られるんですからね。例えば横浜でもそういうところがあってもよさそうなものなんですが、意外にないんです。売り込みに行けばあるのかもしれませんが、そんな営業力はないし。

今回のお店はmixiで存在を知って、フラッと言ってみたらお店の人と話が盛り上がってライブやることになってしまいました。

大塚のエスペト・ブラジルというところでもライブをやらないかと以前から言われているのですが、ここは14日のところと比べて店が大きいので、集客を相当真剣にやらないとお店の期待にこたえられないので躊躇しています。これもmixiつながりです。

川崎には高校の同級生がやっているお店があって、今度偵察兼オーディション見たいな感じで行くことになっています。ギターとオケだけ持っていけば何とかなるだろうというのが気楽なところです。

横浜あたりでそんなふうに遊べるところがあればいいのですがね。集客を考えると、店だけでなくてそれをとりまくグループとかと知り合いにならないとなかなか難しいですね。

神戸のライブハウスのコミュニティを探してみると、あるにはあるんですが余り活発ではないようです。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1119565
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2896611

ゲストに来ていただいたO田さんはW江くんの職場の同僚で、ひょっとしてW江君が来るかも、と半ば期待半ば恐怖していたのですが、出張でこれないと聞いてほっとするやら残念になるやら。

投稿: PICKS CLICKS | 2008年11月16日 (日) 02時09分

大阪ならそれなりにライブハウスもありmixiも神戸よりはずっと活発みたいですが、出かけるのが面倒なんですね、要するにモノグサなんです。
それとヴァイブは車でないと運べないし、車を止める場所がないとか、止めてからまた運んでいくのが大変だし、それから組み立てて、とか考えるとそれでもう駄目ですね。ギターはジャズやってないし。
マレットキーボードというかシンセヴァイブもあるらしいけど、高いんだろうな。

投稿: taki | 2008年11月16日 (日) 10時34分

Gary Burtonの初リーダーアルバム「New Vib Man in Town」でGary Burtonらしき人が肩にVibのバーをひっかけて歩いているじゃないですか。バーはああやって運べるのでしょうが、フレームとパイプ、そしてペダルが問題なんですね。

電子化できないもんですかねぇ。そうすればパイプもいらなくなるし、ペダルも電子的になんとかなるかもしれない。

バーの一つ一つにピエゾセンサーをくっつけて、ということになるとやはり高価になってしまうかなぁ。

現実的な案としては、やはりフレームとパイプをばらして運ぶ、と。だから一度には運べなくて二回に分けるとかして。

今回のライブでも私はギターを二本使いましたが、二本同時には持っていけないので、フルアコのほうを前の日に運んでおいて、当日はエレガットだけを持って行きました。で、フルアコはまだ持って帰ってなくてまだ置いてあります。取りに行かなきゃ。

投稿: PICKS CLICKS | 2008年11月16日 (日) 21時41分

New Vibemanのジャケットはポーズとしてやってるんでしょう。基音と派生音の両方のバーがありますし、実際、金属の塊りですからバーだけでも重くて運ぶのは大変です。

せっかくなのでBlogネタにしました。TBもしましたので、よろしく。
http://taka-sumi.cocolog-nifty.com/taki_blog/2008/11/mallet-synthesi.html

投稿: taki | 2008年11月16日 (日) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/43119300

この記事へのトラックバック一覧です: 飲食店ライブで悩む:

» Mallet Synthesizer [Taki's blog]
このところ美術ネタが続いているが、まだ話は終わっていない。 といいつつ、久しぶり [続きを読む]

受信: 2008年11月16日 (日) 23時02分

« 古い記録媒体で悩む | トップページ | 自衛官の表現の自由で悩む »