« 秋葉原のレンタサイクルで悩む | トップページ | Breathingで悩む »

2009年1月18日 (日)

Virtical Slotで悩む

ハーモニカの教則本を見てみると、何よりもまず最初に習得すべきはSingle Noteであると書かれている。息継ぎもベンディングもあとだ、と。まず最初の数週間はSingle Note、つまりにごりなくひとつの音を確実に出せるように練習しろ、と。隣の音を一緒に吹いてしまうと音がにごってしまう。ピアノで隣のキーを押すことなく一つのキーをおさえるのが基本であることと同じだ。

Single Noteのための方法は二つあるとされていて、ひとつは口をすぼめる方法、もうひとつはタングブロックという方法で、舌と唇の隙間から息を出し入れする。

Liptongue_2 

Ublocking 私はこのどちらもうまくできなかったので(口と穴の位置を合わせることができない)、舌をUの字型にして、吹き穴を探りながら吹き/吸いしている。この方法を紹介しているドキュメントもあって、そこではU-Blockingと紹介されていた。

さらに別のドキュメントでは、Virtical Slotという方法が推薦されている。これはあごを開いて口を縦長にするというもので、でもそんなことできるのか? 私はがんばっても口の横幅を25mm以下にはできない。ハーモニカの吹き穴の幅は10mmなので、これはちょっと無理がある。

ほんとにこんなことできるのかなぁ? できたとして、ポジションの確認はできるのだろうか?

Virticalslot

|

« 秋葉原のレンタサイクルで悩む | トップページ | Breathingで悩む »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/43782103

この記事へのトラックバック一覧です: Virtical Slotで悩む:

« 秋葉原のレンタサイクルで悩む | トップページ | Breathingで悩む »