« 芽キャベツで悩む | トップページ | 変なギターで悩む »

2009年6月24日 (水)

東国原知事の出馬条件に悩む

ほかにもいろいろ書きたいものを準備してあるんだけど、今日のニュースでなかなか痛快だったのでこの件を。

Higashikokubarukoga「自民党の次期総裁候補として考えてもらえるなら出馬してもいい」とかそういうことを言ったらしい。

(参院・衆院あわせて)730分の1ということでは出馬しても意味がない。「1年生議員」をやる気はない。

言いたいことははっきりしている。知事職を辞めてまで総選挙に出るならば、それなりの見返りがないと地元に対して顔向けできない、と。

これに対して自民党内部からは「自民党総裁をなめている」「知事職の任期も終わってないくせに」「国政の経験もないくせに」というふうな「なめんなよ、ごらぁ!」論が噴出。でもこれは東国原知事の思う壺というか、こういう人をあぶりだしたかったんだろうと思う。そして「こういう人たちがいる限り、自民党から選挙に出ることはありません」と断るんじゃないかな。

東国原知事の言うことは筋がとおっていると思う。民主党とか社民党からもエールを送ってやれば面白いのに。


|

« 芽キャベツで悩む | トップページ | 変なギターで悩む »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

私のこの記事に対して某所で「あぶり出しに成功といううことに同意」とのコメントをいただきました。以下はそれへの回答です。

自民党からの出馬要請は十分予想されていたことで、おそらく東国原知事はそれに対する回答を熟考していたはずです。古賀選挙区対策委員の申し出に対してアドリブ的に回答したのではないと思いますし、もちろんジョークなんかではない。

その趣旨は
「知事に対する出馬要請は自民党を外部からの風によって変革するためである」
「単に1議席を期待するということではなく、それなりの覚悟を見せてほしい」
「(たとえば)総裁候補に推すくらいの覚悟はあるのか? その線で党内の合意を取れるのでなければ意味はない」
ということではないでしょうか。

で、それに対してやはり自民党内からの反発があった。これは知事の狙い通りだと思います。

何しろ自民党に対して一石を投じたことは間違いない。面白いことをやってくれましたね。

投稿: Picks-Clicks | 2009年6月24日 (水) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/45435575

この記事へのトラックバック一覧です: 東国原知事の出馬条件に悩む:

« 芽キャベツで悩む | トップページ | 変なギターで悩む »