« 衆議院選挙で悩む | トップページ | コアリズムで悩む »

2009年7月27日 (月)

難曲「Careful」で悩む

もう先月のことになってしまったが、「Carefulセッション」というのがあるということだったので亀有まで行ってきたのだった。

CarefulというのはJim Hallの作った変形ブルースなのだが、トニックがA7b9というところが変態だ。いきなり調性がDiminishedなのだ。その変態具合はテーマのメロディによく現れているので、ここにその一部を引用してみよう。

この曲はJim Hall独特のコード感覚がよく現れていて、これを変態だと思うほうが実は「感覚鈍いね~」ということなのだろうと思う。感覚がそう簡単に変わるものでもないと思うのだが、Jim Hallの感覚に少しでも近づければ、と思ったのだ。

(話は少し変わるが、「不協和音」って、本当に「不協和」だと思いますか? 本当に「不協和」だと思うのなら使うべきではないと思うんだけどなぁ。一般に言われる「不協和音」をも美しいと感じられるように感性を磨いてから使うのが不協和音だと思うので。)

トニックがA7b9ならばサブドミナントもD7b9だ。ドミナントはF7-E7だからまぁ普通かな。しかしこの曲の調子っぱずれ感はなんとも料理しがたいものがあって面白い。

Carefulセッションではそのあともこの曲に関する議論がmixi上で続いていて「Bbのスケールでいいんだよ」と断言する人もいるのだが、私はこれには賛成できない。その場ではもう議論する気になれなかったので、まぁとにかく練習してみようと思っているのだ。

で、練習だが、まずこのテーマをちゃんと弾けないことには話にならないし、テーマをきちんと弾くということがやはりその曲を理解することにもつながると思っているので何とかさらっとこの曲を弾きたい者だと思うのだが、これが難しいなぁ。

指使いが自分の今までのギターでの常識を超えているので、こんなのがサラっと弾けてしまうJim Hallっていったい何者?という感じだ。特にサブドミナントの後半なんて、ギターの上で生まれたフレーズとはとても思えない。

この曲に対して何らかの方法論を確立できると、以前から悩んでいるdimコードへの対応がもうちょっとましになるのではないかと期待できるので、まぁ頑張ってみるか、と。

で、この曲を練習するためのオケを某所においてあるので、Jim Hall的変態に近づきたい方は試していただきたい。オケは前後のテーマも含めて8コーラス入っている。

http://picks-clicks.hp.infoseek.co.jp/midi/Careful.MID

あ、そうだ。Jim Hallを語るには、このサイトを紹介しておかねばなるまい。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/jim_hall_maniac/link24.html

|

« 衆議院選挙で悩む | トップページ | コアリズムで悩む »

音楽」カテゴリの記事

コメント

Dimスケールは、b3,b5,b7とブルーノートがすべて入っているので、これと他の音をうまく組み合わせれば、ブルースらしきインプロができるのではないか、と思っておるんですが。

投稿: taki | 2009年7月29日 (水) 00時26分

コード進行が「変形ブルース」というだけなんで、必ずしもブルースというわけではないんです。トニックがA7-9という指定ですしね。

それにA7-9っていうことはdiminishedコードで言うとBbdimになるでしょ?で、サブドミナントがD7-9でこれはBdimドミナントはF音を意識させたE7でこれもE7-9と考えれば実はBdim?

というわけなので、是非ともオケでお試しください。

投稿: Picks Clicks | 2009年7月30日 (木) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/45760088

この記事へのトラックバック一覧です: 難曲「Careful」で悩む:

» Blues in D - Diminished Scale [Taki's blog]
昨日に続き、音楽ネタ。 今回は変態ブルースというか、ディミニッシュスケールでDの [続きを読む]

受信: 2009年7月31日 (金) 12時25分

« 衆議院選挙で悩む | トップページ | コアリズムで悩む »