« 覚せい剤勧誘に悩む | トップページ | 25%削減で悩む »

2009年9月21日 (月)

コピーワンスで悩む

コピーワンスは廃止されて、ダビングテンになったものと思っていたのだが、コピーワンスの亡霊がまだ成仏できずにいるようだ。

ことはNHKのBS hi-VISION放送を録画したいと思ったことに始まる。

ウチはTVをデジタルに買い換えたものの、HDDレコーダはまだアナログのままなので、基本的にアナログ放送しか録画できない。なのでナントカ無理やリハイビジョンを録画できないものかと思って、TVの画像出力をHDDレコーダのライン入力にブチ込んでみたわけだ。

解像度がぜんぜん違うし、走査線数も違うので無理かとは思っていたが、HDDレコーダ(DIGA)が案外賢いらしく、標準解像度に変換して録画してくれた。また、DIGAに「いまはhi-VION画面のTVがつながっているよ」と教えてやることで、画面のシャープさは落ちるものの録画したハイビジョンを同じサイズで再生することもでいるようになったのだ。

ところがHDDに録画した(標準画像に変換済みの)HiVION映像を、DVDに焼こうとすると、これが焼けないのだ。こりゃいったいどういういこっちゃい? ということでパナソニックに電話して聞いてみると、このhi-VISION放送がコピーワンスなのだという。

このあたりの話は別のところで詳しく書いたと思うので結論だけ書くと、HDDに録画した時点で一度目のコピーが行われているので、それ以上はコピーできないのだという。HDDに録画した者を板に焼くには、CPRM対応のDVD-RAMを使って、録画したものを「コピー」ではなく「移動」しなければならないのだ。

なるほど。CPRMの媒体を買ってきて試してみたら、ちゃんと焼けた。

で、だ。昨日、BSのhi-VISIONで「上原多香子がトルコでベリーダンスを習う」という番組があって、これがなかなかよかったので直接DVD-RAMに焼いてみたわけ。うまくいけばおいしいところをYoutubeにuploadしてもいいかな?NHKにおこられるかな? とか思いながら。

で、焼けたDVD-RAMをPCに入れてみるわけだ。このPCについているDVDドライブはこういうこともあろうかとちゃんとDVD-RAM対応になっている。DVD-RAM対応にしておけば、DIGAとPCの間でデータのやり取りが気軽にできるだろうと思って。

Berrydance1

残念ながらこの絵は上原多香子ではない。トルコで彼女を教えていた先生だ。

御年60何歳には見えないプロポーションだっ!、と思ったら、それはハイビジョンを標準サイズで見ているからで、実際には横幅を33%ほど拡大しないといけない。

するとこうなる。うむうむ、まぁたしかにこんな感じだったなぁ。

Berrydance2

で、この先に上原の画像が出てくるはずだったのだが、なんと、こんなテロップが出るではないか。

「CPRMコンテンツをスキップ」

なめとるのかこらぁ~。コピーしようって言うんじゃないんだぞ、まずはとりあえず見るだけじゃないか。それを何でプロテクトするのだ? コピーは別途、力技を試してみようと思っているのに。なんだかここでがっくり脱力だ。

先生は見てもよくて、上原を見ちゃダメってこと? そういうふうに細かく権利設定ができるのかなぁ?

WinDVDでだめなら、VLCがあるかも、と思って試してみたが、こちらではそういうテロップも出ずに、画面が真っ暗なまま通常速度で表示される。さすが、国際標準。

というわけで、この上原多香子の番組はお勧めですが、録画するにはDVD-Rに直接焼くのがいいのかもしれません。

ちなみに、DVD-RAMに焼いたアナログ放送の番組はPCで普通に見ることができました。

そうか、一般地デジのhi-VISION放送の録画を試してみないといけないのだな。

Skipcprm

現在の地上波デジタル放送の番組でも同じことが起こった。再生後12、3秒後から「CPRMコンテンツをスキップ」になってしまう。

これってなに? NHKのhi-VISIONは何か古いルールで放送しているのかと思ったが、地上波デジタルでも依然としてコピーワンスで守られているってことなのかな?それともDIGAが古いのか?

9月25日追記: NHK hi-VISIONの番組を直接DVD-Rに録画しようとしてみたが、いきなり「コピープロテクトがかかっています」とか表示されて録画できなかった。そういえばPanasonicの人に相談した時に、「チューナーとレコーダーが別筐体の場合はそこを受け渡すだけでコピーとみなす」というふうなことを言ってたなぁ。 やっぱりDIGAがすでに古いのか? ちなみにウチのDIGAはDMR-E200Hで、2006/8/7版のファームウエアupdateを施してある。 11月27日追記: 調べてみるといろいろとわかってきた。 CPRM対応のDVD-RAMに録画した著作物はPCでも見ることができるが、それには条件があって、 1) DVDドライブがCPRM対応であること 2) DVD再生ソフトがCPRM対応であること ついでに書いておくと、DVD-RAM媒体そのものもCPRM対応でなければならないのだ。 で、ウチの場合、まずWinDVDがCPRM対応になっていなくて、upgradeをわざわざ1050円出して買ってみたのだが、これがダメだった。なぜダメだったかということは面倒だから書かない。要はハードウエアに添付されたWinDVDならばそのハードウエアがCPRM対応であることが保障されるのだが、私のは荘でないからダメということらしい。 で、それに関連して、私の使っているDVDドライブがCPRMに対応していないことがわかってしまったわけだ。 メディアからContentsKeyを取得するcprmgetkeyというソフトと、取得したContentsKeyを使ってCPRMを解除するcprm2freeというソフトをどこぞから入手すると、CPRMを解除できるのだそうだが、私の環境ではDVDドライブが対応していないからきっとダメだろうな。 などやっていたら、昨日ダビング10のCPRMを解除するソフトを売った男が逮捕された。

|

« 覚せい剤勧誘に悩む | トップページ | 25%削減で悩む »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/46271238

この記事へのトラックバック一覧です: コピーワンスで悩む:

« 覚せい剤勧誘に悩む | トップページ | 25%削減で悩む »