« Ninjamサーバで悩む | トップページ | 燃えるジンギスカン鍋に悩む »

2009年9月 7日 (月)

スペイン製ギターで悩む

Guitarbroach1 タイトルに釣られた方、ごめんなさい。スペイン旅行から帰ってきた人からいただいたお土産の、スペイン製「ギターの形をしたブローチ」なのでした。こんな細かい模様をどうやって作るんだろう?

弦は4本しか張られていないけれども、糸巻きはちゃんと6つあるから、ウクレレではなくてこれは間違いなくギターのつもりだ。

Guitarbroach2 しかし、これはどうやって使うかなぁ?ギターの形をした、こういったアクセサリーは良くもらったり自分でも買ったりすることもあるんだけれども、ギターの形っていうのはネックのところが弱いので良く壊れてしまう。もらったものだと、使っていないとクレームが来たりするので、とにかく壊れるまで使ってみたりしたが、針金細工のギターなどは2週間で壊れてしまった。

ま、アクセサリーの話はいいや。

スペイン製のギターというと実はあんまりいいイメージがなくて、それはアントニオ・バンデラスのアクション映画で、スペインの道端でギターを作っている職人がバリバリ撃ち殺されているシーンがあって、あーこんなホコリっぽい道端でギター作ってるんだ~と思いながら見ていたからなので。

まぁ、それは映画の中の話で、本物のスペイン製のギターっていうのはきっといいんだろうなぁ・・・という証拠写真がこちら。横浜のある楽器店でスペイン製のギターと中国製のギターの断面を比べて展示していたので、これをみると違いがはっきりわかる、と。

Spainchina

ネックとボディの接合部を見ると、明らかにスペイン製のほうががっちり作ってある感じだ。こりゃ勝負にならないでしょう。

というわけでギター四方山話でした。

Yairi4 で、話のついでにウチのアコースティックギターの弦を張り替えたので記録。K.YairiのRB1というギターに張っていたElixirのNANOWEBの弦を同じくElixirのPOLYWEBという弦に変えた。ゲージは.011。POLYWEBもNANOWEBもコーティング弦でPOLYWEBのほうがNANOWEBよりも3倍ほどコーティング皮膜が厚いらしい。皮膜が厚いと、その分音が重く、あるいは甘くなるのかと思ったが、そういうこともないようでバキバキに倍音の張った音が出ている。

でも倍音がきついと、ややこしいコードを引くのにちょっと邪魔なんだけどなぁ。

なので、弦を張り替えたものの、このギターの出番はあんまりないのであった。

|

« Ninjamサーバで悩む | トップページ | 燃えるジンギスカン鍋に悩む »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/46150618

この記事へのトラックバック一覧です: スペイン製ギターで悩む:

« Ninjamサーバで悩む | トップページ | 燃えるジンギスカン鍋に悩む »