« 夕陽に向かって走って悩む | トップページ | 風化するポリバケツに悩む »

2009年12月30日 (水)

生CDを聞いて悩む

「生CD」なんて、またおかしなことを言い出しておりますが、最近ではCDを買ってもステレオで聞くということはなくて、真っ直ぐにPC直行でPCにつないだイヤフォンで聞くかmp3にしてしまってから聞くかなのだ。

それはなぜかというと、ウチのステレオが壊れているからだ。ウチのステレオは3年前からCDトレイが出なくなっていて、その修理に1万円以上かかるということだったのでほうっておいたのだ。ウチのステレオは毎朝タイマーでラジオを鳴らすだけのためにのみ存在していたのだ。

しかし、CDをステレオで聞くことができなくなっても誰も困らなかった。音楽の趣味は家族それぞれで、しかもそれぞれが個人的にiPODとかそれに相当する個人用オーディオ機器を使っているので音楽は各個人で完結しており、「みんなで一緒にCDを聞く」ということがなくなってしまっているのだ。

私自身も、PCやiPODじゃないんだけれどもまぁまぁそんなようなものを使って音楽を聞いているので、CDをステレオで聞けなくてもそれほど不自由には感じていなかったのだ。

しかしやっぱり時にはステレオで音楽を聞きたい。ステレオで、っていうかちゃんとしたスピーカーから音を出して音楽を聞きたいと思うこともあるわけで。

それはつまりイヤスピーカーによる仮想的な音場の世界と、実際の(とは言っても、オーディオという仮想的な世界ではあるのだが)スピーカーによる音場の世界との葛藤なのであった。

でもやっぱり時にはチック・コリアのA.R.C.をご近所に配慮しつつも大音量で聞きたいこともあるわけで。3年間のご無沙汰を経て、ステレオを修理に出してみた。修理には2週間かかった。

悪いのはCDトレイの出し入れを駆動するベルトだけかと思っていたのだが、CDの読み出しセンサだかレーザだかも悪くなっており、さらには操作系のスイッチも交換が必要といわれて、「この際だから、まぁいいか」とお願いした。

その結果がこれだ。

Onkyo

Cdonkyoひさびさにスピーカから音をだすことになって、さて何を聞こうか、と。ということでえらんだのが生ギター(ガットギター)のデュオアルバム、Amaduosさんの「Sounds in Sound」だ。

生ギターの音をスピーカーで聞いたら、あたかもその場で弾いているかのように聞こえるかと思ったが、これは案外そうでもなくてなんだろうな? 低音が出過ぎているのだろうか? イヤースピーカーで聞いていると適当なリバーブがかかって心地よいのだが、デッドな部屋でスピーカーから聞くと残響はむしろ不自然に響くのかもしれない。

いや、たしかAmadhuosさんはスペイン製の高級ギターをお使いのはずで、私の持っているような安物ギターとは比べるべくもない音色を出しているのかもしれない。

そういえばちょっとやってみたかったことがあって、スピーカーの前に生ギターをおいて、スピーカーから出る生ギターの音に本物の生ギターを共鳴させることだ。

昔、オーディオ系オタク雑誌誌「ラジオ技術」で読んだことなのだが、イタリアでバイオリンにある種の振動を与え続けることによって古い楽器特有の「ズー」という現象(とにかく鳴りがよくなるらしい)を起こさせることができるというのだ。期間は2週間とか2ヶ月とかだったと思う。

木製の楽器に振動を与え続けることによって鳴りが良くなる(音が良くなるというわけではないのかな?)ということだと、たぶん振動によって材木の接合部での損失が少なくなるってことなんだろうか?あるいは特定の周波数帯で倍音共振するような性格が付与されるのだろうか?

私のイメージとしてはこんな感じだ。

Zooing外部から与えられた振動によって、木部と接着剤の接合部が細かく砕かれて、より振動しやすくなるのではないか?

私の安物ギターも、音楽的な(でなくても良いのかもしれないが)振動を与え続ければ音が変わったりするのかもしれない。当分スピーカーのすぐ横に置くようにしてみようかな。

|

« 夕陽に向かって走って悩む | トップページ | 風化するポリバケツに悩む »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/47140054

この記事へのトラックバック一覧です: 生CDを聞いて悩む:

« 夕陽に向かって走って悩む | トップページ | 風化するポリバケツに悩む »