« loto6抽籤結果をマップして悩む | トップページ | 無線LANの到達距離で悩む »

2009年12月 3日 (木)

日本語入力で悩む

まぁ例によってじゃらじゃらと長く書いてしまったあとで、こうやって先頭に戻ってきているのだが、要するにGoogleが開発した日本語入力を試しに入れてみた、と。MS-IMEには前々から不満に感じしていたことがたくさんあった、と。で、その理由としては私がもともとATOK/WXII派ではなくてVJE派であったということをだらだら書いたわけで。

というのも、日本語入力というのはだらだら書いた方がその使い勝手を判断しやすいんじゃないかと思ったのでね。

結論から言うと、まずMS-IMEからの乗り換えは問題ない。つまりMS-IMEの代わりには十分使えるということ。MS-IMEにはなぜか学習しないことが多々あったのだが、そのあたりはこれから検証する、っていうか、気をつけて見ていこうと思う。

さらに、カスタマイズができるといいのだが、そのあたりもこれからだな。今のところインストールしたそのままで使っていて、そもそもカスタマイズができるのかどうかも分からない。そのメニューを探すことから始めないといけない。

いまちょっと見てみたら、キーアサインを「ことえり」とかATOKに設定できるようだがVJEという設定はないようで、うむ、VJE使いというのはすでに絶滅危惧種なんだな。カスタムでゼロから作るのも気が重いし、ことえりから修正していくといいのかな?

「シークレット」なんていうのがGoogleらしいというか、変な言葉を学習しないようにという心遣いなのか余計なおせっかいなのか。

変換前に入力文字を修正できるといいんだけどなぁ。

Googleime


日本語入力の歴史は長い。まだWindowsがなかった大昔、MS-DOS上ではいろいろな日本語入力システムが覇権を競っていた。当時は松茸とかVJEとかATOとか、フリーソフトのWXとかWXIIとかのシステムが競い合っていた。その中で長く生き残ったのがATOKとVJE、フリーソフトとして長く使われたWXシリーズはその後マイクロソフトに買われてMS-IMEとなった。

私はその中でVJE派だった。VJEとATOKの大きな違いは打ち込んでから文字種を決められるかどうかということだった。VJEでは文字を打ち込んで変換する前にcontrol+Jでひらかなに、Control+Kでカタカナに、Control-Lで打ち込んだまま(つまりアルファベット)に強制的に指定できる。ATOKやWX系でもF6~F9キーで同じようなことができるが、手をホームポジションに置いたままで強制変換できるのが強みだった。これが癖になるとなかなか抜けられないのだ。

VJEもWindows98の頃までは元気だったのだが、その後updateがなくなり、ついにはVACS社はVJEのサポートから撤退してしまった。私はVIEの古いバージョンを使い続けてきたのだったが、ついにXPからはMS-IMEを使うようになってしまった。これは堕落である。

MS-IMEにはいろいろと不満がある。スペースで変換、リターンで確定というのには異存ない。実際VJEでも「日和り」であるという自覚のもとにこの設定にしていた。VJE派とは言っても現実には他のIMEを使わざるを得ない場合が多くて、そういう時に混乱するからだ。それだけでなくて、実際スペースで変換、リターンで確定というのは理にかなっているとも思うし。

MS-IMEで気に入らないのは変換前には入力文字を修正できないことだ。BSを一発打つと修正できたこともあったと思うのだが、最近のではできない、と思う。それと学習がどうもちゃんと出いていないように思う。

日本語入力はPC機能の大きな要素なので、細かいところで引っかかたりすると、生産性の前にまずやる気が失せる、これがこわいので、本当にバリバリ打つのなら私はVJEとその修正パッチをインストールする。

|

« loto6抽籤結果をマップして悩む | トップページ | 無線LANの到達距離で悩む »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/46927790

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語入力で悩む:

« loto6抽籤結果をマップして悩む | トップページ | 無線LANの到達距離で悩む »