« ねじまき鳥で悩む | トップページ | マイクロソフトのキャンペーンに悩む »

2010年3月14日 (日)

野生動物のペット化に悩む

今朝の朝刊に横浜獣医師会が意見広告を出しているので紹介する。

Wildpet

主旨は「いわゆるペットというものは人類が長い間かかって飼いやすいものを選んで来た結果である。ところが最近色々な外来種などが簡単に購入できるようになってきて、環境として万全でないのに可愛いからとか珍しいからという理由で本来野生であったものがペットとして飼われることが増えてきた。(以下略)横浜獣医師会はこれに反対する。」というものだ。

ペットを飼う趣味はないのだが、外来種による従来種の激減というのには腹立たしい思いを持っている。上記の意見広告はすごく簡単に言うと「獣医の手におえないような動物を(獣医に)持ち込まないでくれ。」ということかもしれないけれども、「可愛いとか珍しいからという理由」でペットを飼うな、という主張は傾聴に値する。

ペットを飼うにもいろいろあるのだろうけれども、身近な友人として一緒に生活するならともかく、「ペットを飼う」という言葉からは命を弄ぶ危うい姿勢が見え隠れする。実際、私がザリガニを飼ったりしたときにはまさにそんな感じだった。ペットの都合は考えずに可愛がる時だけ可愛がって、あとは最小の手間しかかけないっていうのはやはりペットには迷惑なんじゃないだろうか。

3月15日追記:

子供に「月」と名付けた親がいるんだそうで、これを「ルナ」と読ませるんだそうだ。これって、子供をペット化していないか? 子供の一生に責任を持った命名とは思えないんだけれども。

|

« ねじまき鳥で悩む | トップページ | マイクロソフトのキャンペーンに悩む »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野生動物のペット化に悩む:

« ねじまき鳥で悩む | トップページ | マイクロソフトのキャンペーンに悩む »