« ロマンティック街道で悩む | トップページ | ブランドもので悩む »

2010年8月13日 (金)

スイスの山で悩む

Swissgrundewaldhotelスイスで最初に宿泊したホテル。グリンデルワルト(Grunderwald)駅の構内にある。

Eigernorth

ホテルのベランダからは大きな山が見える。ホテル自体の標高が1000m余なので、この山の高さは3000m以上あるんじゃないかと思っていたら、なんとこれがあの有名なアイガー北壁なんだそうで。でも、北壁なのになぜてっぺんの方に朝日が当たるんだろう?

時差ぼけで現地時間の3時過ぎに目がさめてしまって、この山(その時はまだアイガーとは知らなかった)の夜明けの様子を1時間ごとに写真に撮ったりしていた。それはあとから見のではあんまりたいしたことないんだけど、その時にはかなり幻想的で素晴らしかった。

Eigerjungfrau
グリンデルワルトから登山電車でユングフラウへ向かうのだが、途中のクライネシャイデックという駅で降りて、この駅からはアイガーとかユングフラウとか有名な山々が一望できる。中央の猛々しいのがアイガー、右手奥の白く雪を頂いているのがユングフラウ。さすがにユングフラウは女性的。

この時乗った登山電車は、日本人観光客を載せて事故を起こしたのとはちがって、あれはアルプスのイタリア側(南側)を走る快速電車らしい。我々が乗ったのはアプト式の低速電車。

Jungexntrance

登山電車からユングフラウヨッホへ。ヨッホというのは頂上じゃなくて「鞍部」という意味らしいがとにかく岩をくりぬいた要塞のようになっていて、007とかジャッキー・チェンが忍びこむ悪者のアジトという雰囲気。ここからエレベーターで上の方へ登って行くと、とにかくトイレの前に長蛇の列があったり、日本から運んだという赤い郵便ポストがあったりする。

Kleinescheideck

ユングフラウの展望台からは先程下から見上げたクライネシャイデックが見える。こういう風景はいいなぁ。

Jungfraujoch

ユングフラウヨッホから外へ出るとそこは雪山。このへんはもう標高4000m近いので高山病になる人も出てくる。私は最初のうちなんともなかったが、サングラスをロマンティック街道のどこかでなくしてしまったので、ここで一時的な雪目になった。強い紫外線のせいか、外にいるときはそれほど感じなかったのだが、やや暗い洞窟へ帰ってくると、周りが緑色に見えて気分が悪くなった。なんだか酔っ払ったようになってよろよろと歩いていたのだった。

その後、空気の薄いところでハーモニカを鳴らしてみる実験などを少しやったりして。でももちろん問題なく鳴るわけで。

Swisswalk

そのご、ユングフラウからクライネシャイデックまで山歩きだ。こんな風景が続くところを延々とは言っても1時間くらいだがぶらぶら歩く。足をいたわりながらだったんだけれども何とかもったみたいだった。

|

« ロマンティック街道で悩む | トップページ | ブランドもので悩む »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

グリンデルヴァルトは、30代のときに仕事の合間に行ったことがあって懐かしいです。
メンヒにロープウェイで登った日はすごくいい天気だったんですが、翌日のユングフラウは雨模様で、頂上では吹雪で何も見えなくて残念でした。眺望を楽しまれたようでよかったですね。
スイス人に聞いた話では、ヨッホというのは牛を二頭つなぐ頸木で、ユングフラウがちょうど肩のふくらみに見えるからだそうです。ただし女性と僧侶を結ぶ頸木とか、諸説があるらしいですが。

投稿: taki | 2010年8月13日 (金) 13時50分

グリンデルヴァルトなんて名前をよく覚えていましたね。私も現地にいるときにはちっとも覚えられなくて、Blogをかくときに資料を見てやっと覚えたようなのです。

それにしても世界は意外に狭いものですね。あ、仕事じゃなくて仕事の合間に行ったんですね。仕事でいったんだったら薬草でも探しに行ったのかと思いました。

ヨッホを辞書で引いたら「鞍部」というふうなことが書いてあったので、それで無理やり納得していたのですが、つまり峰と峰をつなぐものというふうな感じだったんですね。現地の人に聞くのが一番確実ですね。

投稿: Picks Clicks | 2010年8月13日 (金) 23時15分

>グリンデルヴァルトなんて名前をよく覚えていましたね。

考えたらちょうど30歳でしたから、色んな事がすんなりと記憶出来たんでしょうね。1分前のことはもう忘れていますが、昔のことはよく覚えているもんです。
それとどうでもいいんですが、初日に登ったのはメンヒでなくてメンリッヒェンでした。すこし低い山で、アイガーやらユングフラウを離れた位置から眺望できました。
頂上のレストランで結婚式をしていて、アイガーをバックに新郎新婦の写真を撮らせてもらったのが懐かしい思い出です。
ネガを探してCDに焼いてもらおうと思ってるんですが、古いから変色してるだろうな。

投稿: taki | 2010年8月14日 (土) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/49128603

この記事へのトラックバック一覧です: スイスの山で悩む:

« ロマンティック街道で悩む | トップページ | ブランドもので悩む »