« 初めての海外運転で悩む | トップページ | 閉塞感に悩む »

2010年10月31日 (日)

パケット料金で悩む

要約:以下にダラダラと書いてしまったことを要約すると、パケットをさんざん使ってみたがシアワセにはなれなかったので、今まで通りにパケットをケチケチ使うことにしました、という話。

先月まで使っていたケータイ(いわゆるガラケー:ガラパゴス・ケータイ;日本独特の進化を遂げた、世界では通用しない携帯電話)の分割購入費が毎月2500円だと知って驚いたことはすでに書いた。2500円を24ヶ月払うと6万円になる、知らないうちにそんな高い買い物をしていたのか、というよりよくそんな決断ができたものだなぁ、とあきれつつその24ヶ月の支払いが終わると同時に次のを買い増ししてしまうという暴挙に出てしまったわけなのだが。

で、新しく買ったのはガラケーじゃなくてスマートフォンだ。世界的標準になるかもしれないAndroidケータイだ。Appleは嫌いだからiPhoneとかiPadは買わないのだ。

で、スマートフォンなのだから、パケットをどんどん使う。今までもsoftbankのパケットし放題を使ってきていたのだが、Androidケータイを買った途端に自動的に「パケットし放題フラット」という契約になってしまう。「どーせ、パケットし放題の上限まで使うんだろうから、初めから上限の料金をもらっとくよ」という契約だ。

ガラケーなら、「パケットし放題フラット」の料金は毎月4410円だが、スマートフォンだともっと使うと思われているらしくて毎月5985円になる。でも今はキャンペーン中なので、11月11日までに契約すると特別にスマートフォンでもガラケーと同じ4410円で契約することができる。

さて、それでは私はこのAndoroidケータイ「X06htII Desire」を月々いくらで使うことができるのだろうか?

答えは、

ホワイトプラン980円
S!ベーシック315円
X06HTII分割2580円
パケットし放題フラット4410円
以上合計8285円

ところがここに月月割という不思議なものが現れて、端末の分割費用から毎月2200円を引いてくれるというのだ。
なので、上記の料金から2200円を引いて、6085円というのが毎月の料金になる(プラス通話料だが、これは数百円なのでとりあえず考えない)。

だから、先月までの主力であったガラケーの2500円というのも、実は月月割1500円というのがあったので、店頭では「このケータイ:911SHは月々1000円で購入できます」と言われていたわけだ。それで思い出したが、BlueToothを諦めていれば、月々500円で購入できた機種もあったのだった。私にはそれでも良かったのかもしれない。

で、先月(2010年9月)の私の使用料金はこんな感じだった。

ホワイトプラン980円
通話料280円
S!ベーシック315円
安心保証パック475円
パケット使用料1429円(15,143パケット)
端末分割2500円
月月割-1500円
割引合計4199円

合計で4199円というのがこれまでの、まぁ代表的なところだ。

つまり、パケットし放題に加入しつつも、パケットはごくごくつつましく使っていたわけだ。パケットをフルに使っていれば上記の金額に3000円近くをプラスすることになっていただろう。それを考えると、パケットをフルに使うことにすれば端末を新しくしても料金はむしろ安くなることになる(ただし新料金では「あんしん保証パック」の契約がはいっていないことに注意)。

10月は何しろ「パケットし放題フラット」になることが分かっていたので、パケットはもうガンガン使った。使っているときにはパケット数ではわからなくて、通信したバイト数でしかわからない。1パケットは最大128バイトなのでバイト数を128で割ればパケット数になりそうなものだが、ソフトバンクの料金案内とかYahooのトップページとかは無料になるので、仕様パケット数は単純計算では出てこない。だいたい、150~200バイトごとに1パケットと計算されるていような感じだ。

今まではだいたい毎月1.5Mバイト程度を使っていたのだが、10月は30日時点ですでに30Mバイトを使っている。すでに20倍である。30Mバイトなんていうのはまだまだかわいい方で、スマートフォンを使い倒していらっしゃる方々には100Mバイト、いはいや数百Mバイトまでも使っていらっしゃるようで。

でもパケットを20倍使ったからと入って、20倍シアワセになれたか?というと別にそんなことはないのだなぁ。例えば電車の中でYoutubeを見たりすればパケットをどんどん使うだろうけれども、電池もどんどん減るしね、だいたい、それがシアワセにつながるかというと、どうもそんなことはないように思える。

だから、私は思い切って「パケットし放題フラット」を解約し、普通の「パケットし放題 for スマートフォン」というのにしようと思う。これは上限が5985円だが、どうせそんな上限までは使わないつもりのでそれはいいのだが、「パケットし放題フラット」を解約するといくつかのデメリットが出てくる。ちなみにこういう料金コース変更はソフトバンクのWEBではできないように見えるが、157に電話すると(電話代はかからないけど長い間待たされた末に)簡単にできる。

まずひとつはもちろん、(スマートフォンを含めて)パケットを使った時の上限料金が4410円から5985円に上がってしまうということ。でもこれはすでに織り込み済み。

二つめは「パケットし放題フラット」の料金が今だけ特別に4410円なのに、それをのがしてしまうということ、つまあとからり「やっぱりフラットにしようかな?」ということになってもその時には5985円になってしまう。

三つめは月月割りの金額が減ってしまうこと。月月割の金額は端末の製造原価とかいろんな要素で決まるらしいのだが、X06HTIIに対して2200円というのは最大値であって、「パケットし放題フラット」が「パケットし放題」になると1900円まで下がってしまうのだ。

四つめは「ケータイWifi」が無料で使えるという特典がなくなること。これも今回だけの特典らしいのだが、Yahooの無線LANアクセスポイントを継続的に無料で使えるようになるというのだ。8月の時点ではこの特典が魅力的を思えた。Yahooの無線LANが無料で使えるのは嬉しいから。

しかし、「ケータイWifi」というのはそんなに甘いものではなかった。まずyahoo無線LANのID/PWでは使えなくて、SIMに書き込まれている電話番号と、届出済の4桁の暗証番号でアクセスするので、基本的にケータイWifi対象外の機種からはアクセス出来ない。UA偽装してゴニョゴニョするという手もあるらしいが、それは詐欺罪になると思うからやらないし.お勧めもしない。softobankがその気になれば簡単に摘発できるから、「やれる!」と思っている人もやめといたほうがいいと思うよ。

Yahooの無線LANを使いたければ月に200円ほど払えば使えるので、必要ならばそれでやればいいのだ。そんなにいつでもどこででもしょっちゅう使えるほど便利なものでもないし。

ということで、

ホワイトプラン980円
S!ベーシック315円
パケットし放題スマートフォン2000円(に抑える)
X06HTII分割2580円
以上合計5875円
月月割-1900円(期待値)
割引合計3975円

プラス通話料がまぁ400円くらいで、合計4000円ちょっと超えるかな? というところ。

でも、来月12日からはパケットし放題MAXというのが始まって、意図がよくわからないんだけれども3985円で700万パケットまで使えるというのが出てくる。何か隠し玉がありそうな感じなので飛びつくことはないと思うんだけれども、パケットをじゃぶじゃぶ使う生活をもう一ヶ月やってみてもいいかな?とか日和見中。

11月1日追記:

10月に使ったパケット数が確定したので、ここに表示。30Mバイト使ったというのは私の勘違いで、あれはガラケーに表示される値を見ていたもので、ガラケーからの送受信バイト数でしかなかったようだ。ちょっと考えればそりゃそうだと思うのだが、私はSoftBankのサーバから何か通知が着ているのかと思っていたのだった。

で、結果はこうだ(今のところ料金と単価しか表示されないので、パケット数とバイト数はそれから逆算した)。

項目料金(円)パケットバイト
通信料 S!メ-ル(MMS)@0.08円1,28616,075450,100
通信料 S!メ-ル(MMS)(無料分)@0円000
通信料 ウェブ@0.08円15,883198,537.5025,412,800
通信料 PCサイト@0.08円2573,212.50411,200
通信料 PCダイレクト@0.08円122,1421,526,775195,427,200
通信料 選べるかんたん動画(無料)@0円000
割引:パケットし放題フラット
専用パケット定額 対象通信分
-139,56800
合計01,744,600221,701,300

ううむ、174万パケット、221Mバイト使いましたか。そりゃまぁイッチョ前なスマートフォン使いですなぁ。

で、パケットし放題フラットなので、これらの料金が打ち消し合ってちょうどゼロ円になるようになっているんだけれども、現実にはそんなに甘くなくて、基本料金(980円+315円)に通話料金360円とかパケットし放題フラット4410円、それに端末代2580円から月月割2200円を引いた380円が課金されるから、6,445円が請求されるはず。あ、そうだ先月はまだ「あんしん保証パック」475円が加算されるはずだから6,920円か。

(以上の計算は消費税が入ったり入っていなかったりするので、精度はいまいちです。なお、本文で過去のパケット数に触れていますが、これはWEBだけでS!メールの分は入っていません。)

11月10日追記:

2010年10月の料金が確定したので公開。

料金内容パケット内訳金額(円)税区分
基本料 ホワイトプラン 934合算
通話料 ホワイトプラン 360合算
定額料 パケットし放題フラット
専用パケット定額
 4,459合算
通信料 S!メール(MMS)
@0.08円 
16,1531,292合算
通信料 S!メール(MMS)
(無料分)@0円 
520合算
通信料 ウェブ@0.08円 227,41818,192合算
通信料 PCサイト@0.08円 3,238259合算
通信料 PCダイレクト@0.08円 1,526,779122,142合算
通信料 選べるかんたん動画(
無料)@0円 
21,4680合算
割 引 パケットし放題フラット
専用パケット定額 対象通信分
 -141,885合算
月額料 S!ベーシックパック 300合算
月額料 Wi-Fiバリューパック 451合算
 無料 ケータイWi-Fi無料特典
(451円 × 100%)
 -451合算
月額料 あんしん保証パック 475合算
割 引 月月割 -2,096合算
端末代 分割支払金/賦払金 2,580対象外
 割引 端末代金ポイント割引 -380内税
その他 ユニバーサルサービス料 8合算
小計 6,640
合計1,785,0586,640
(内課税対象額) 4,440
消費税等 222
ご請求金額 6,862

ここで不思議なのは「パケットし放題フラット」の料金が4459円というハンパな値になっていることだ。なんだそりゃ?4410円じゃないのか? と思ったので「157」に電話して聞いてみた。するとこれは4200円+259円なのだという。259円というのは「PCサイト@0.08円」の3238Pktに対する料金なのだという。

これだけ分かりにくい料金表もないと思う。いろいろ足したり引いたりしているのに、なんで4459円の内訳がないのだ?それに「PCサイト」とはなんだ?

「PCサイト」とはガラケーでPCのふりをしてWEBを見に行くことだ。これは機種によって異なるが、私の911SHでは「PCサイトブラウザ」を使用するということによって明示的にPCサイトを見に行くことになっているのだが、機種によってはアイコンが現れてPCサイトを見ているということを表示したりすることもあるらしい。

しかし、それが「パケットし放題フラット」の料金に上乗せされるのは納得いかんな。それもなんだかこっそりやってるから。こういう事があるから、「パケットし放題MAX」なんてのが出てきても安心して使えないのだ。「おっと、それは別料金ですぜ」とか言われてはたまらない。

「選べるかんたん動画(無料)@0円」っていうのもよくわからない。そんなに動画見てないし。Youtubeのことを言ってるのかな?どうやって測定してるのだろうか? 明日もう一回電話してみるかな。

12月6日追記:

う~ん、まいった。調子に乗りすぎたよ。これだったらMAXにせずにパケットし放題のままにしておけばよかった。3700円で済むはずのパケット定額料金が5700円になってしまった。

2010年12月1日 ~ 2010年12月2日
合計金額5,700円
通話料ホワイトプラン0円
定額料パケットし放題MAX
forスマートフォン
5,700円
通信料S!メール(MMS)@0.08円64円
通信料PCダイレクト@0.08円709,797円
割 引パケットし放題MAX
forスマートフォン 対象通信分
-709,861円

12月の最初の2日間で800万パケット以上使ってしまった・・・。こんなはずではなかったのに。パケMAXだと、この料金表で58万円に抑えないといけないんだな。


|

« 初めての海外運転で悩む | トップページ | 閉塞感に悩む »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/49887137

この記事へのトラックバック一覧です: パケット料金で悩む:

« 初めての海外運転で悩む | トップページ | 閉塞感に悩む »