« 知性の和と差で悩む | トップページ | ハーモニカの増殖に悩む »

2011年2月25日 (金)

スパイの現実に悩む

日本の新聞ではあまり報道されていないが、先週の韓国で映画もどきのスパイ劇があったらしい。

2月16日、インドネシア特使団が宿泊していたホテルに韓国の国家情報院のスパイ3名(男性3名女性1名)が侵入し、ノートパソコンの情報を盗もうとしていたところへインドネシア特使団のメンバーが帰ってきてさぁたいへん。スパイたちは1台のノートPCを残してもう一台を持って逃げ出したが、防犯カメラにしっかり顔が写っていたという。

侵入したのは朝の9時半頃で、インドネシア特使団は10時から韓国政府と商談を行うはずで、そこへ持って行かなかったPCになぜ重要な情報があると考えたのかはよくわからない。また、インドネシアメンバーがなぜそのタイミングで帰ってきたのかもよくわからない。

インドネシア特使団は韓国からジェット練習機T50を購入する商談をまとめるために来ていたのだが、国家情報院のスパイたちはその価格交渉に役立つ情報を求めて侵入したらしい。

インドネシア特使団が商談を終えてホテルへ帰ってからその報告を受けて激怒し、夕方の飛行機で帰ってしまった。この帰国が予定通りだったのかどうかはよくわからない。

抗議を受けた韓国政府は国防部(日本で言えば防衛庁なのだろう)に調査を命じ、残されたPCに指紋が残されていることと、防犯カメラに人物の顔が写っていることを知って警察に届けた。ここで「あれれ?」と思ったあなたは正常な神経を持っている。

実はこの国防部と国家情報院は仲が悪いのだそうだ。同じような分野の組織でそんなことがあっていいのかと思うが、韓国関係の本で勉強中の私にはなるほどなと思うところがある。その点についてはまた別稿で書く。

だいたいこの国家情報院というところは独断でいろいろなことをやる割には失敗が多くて、国防部だけでなく政府のいろんなところから嫌われているフシがある。昨年の北朝鮮砲撃事件の時も事前の動きを察知しておきながら国防部に知らせなかったり、韓国側の砲撃弾痕を勝手に発表してしまったり、他にも過去にいろんな失態があったらしい。

ともかく、この事件に関しては、両国側でもみ消しにかかっているらしいから、なんだかこの商談自体なんだか怪しいにおいがする。

この関係の記事は、朝鮮日報日本語版で読むことができるが、ここはすぐに読めなくなるので(有料コンテンツになってしまう)、お早めに御覧ください。

インドネシア特使団宿舎侵入事件

あ、そうだ。これに関連しているわけではないけれども、日本にもスパイ活動があるらしいという報道もあったのでご紹介。なんでも日本の情報調査機関といえば内閣調査室しかなかったのだが、北朝鮮がミサイルぶっぱなしたり物騒なことをするもんだから2008年から防衛庁にかなぁ、なんだかそういう組織ができたようで、でも実際にスパイとして潜入したりするんじゃなくて、スパイ衛星を打ち上げたりしているらしいぞ。

|

« 知性の和と差で悩む | トップページ | ハーモニカの増殖に悩む »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/50967652

この記事へのトラックバック一覧です: スパイの現実に悩む:

» 防災グッズは必需品! [防災グッズは必需品!]
防災グッズは必需品!の解説しています。 [続きを読む]

受信: 2011年3月 5日 (土) 18時04分

« 知性の和と差で悩む | トップページ | ハーモニカの増殖に悩む »