« サッカー観戦で悩む | トップページ | Are You OK?と悩む »

2011年2月 9日 (水)

YESとNOで悩む

英語のYESは「はい」、NOは「いいえ」だと思っている人が多いだろうけど、これは間違っている。ほとんどの日本人が中学校で学んでいるはずなのに、いつの間にか忘れてしまうらしい。これは英語を間違って理解しているというよりも、日本語の特殊性を日本人が理解していない、ということじゃないかと思う。

日本語の「はい」は「あなたの言うとおりです」という意味だ。「いいえ」は相手が言ったことに対して否定することになるから、日本人にとってはストレスになるのでできれば使いたくない言葉だ。

英語のYES/NOは相手の質問に対して単に答えているだけなので、西洋人は「NO」ということに全くストレスを感じない。

実例をあげると、英語では以下のような会話となる。

 A:「じゃぁ、追加で税金を払わなくてもいいんですね?」
 B:「NO」

ここでBの「NO」は「払わなくて良い」ということなので、日本語に訳すと「はい」となる。Bの回答を省略なく書くと、

 No, you don't need to pay additional tax.

日本語では、

 「はい、払わなくて結構です。」

となる。「NO」は話題の内容が否定であることを示しているだけで、相手の言ったことを否定しているのではないのだ。回答の主文が否定形だからその代表が「No」なのだ。

まだ学校で英語を学ぶ前のことだったと思うのだが、新聞によく雑誌の広告があって記事のタイトルなんかが表示されていたりする中に「パリジャンは笑顔で”ノン”と言う」というのがあって、子供心にこれには驚いた。

それは今でも鮮明に覚えていて、おそらくこれが私の最初の海外カルチャーショックだったのではないだろうか。「へぇ~、フランス人というのはそんなにドライなのか!?」と驚いたわけだが、今思えばなんてことはない、上記のようなことを理解すれば「ノン」というのに何のストレスをも感じないのはあったりまえのことだったのだ。

そういうふうに考えると、「NOと言える日本」という本があったがあれはなんだったのだ? とか、「YESMAN」という言葉が西洋人にも通じてしまうのはどういう事なんだろうか? とか、西洋人が首を横に振る動作と「YES/NO」は本当に合致しているのだろうか(合致している、と彼らは言うのだが)? とかお悩みの種は尽きないのだ。

私の経験ではこんなことがあった。アメリカ人のエンジニアと一緒に仕事をしていて、彼が「昨日、設定を変えてないよね?」と聞いてきたので「うん、あ、いや、NO, I didn't change any parameters」と答えたのだが、彼がそれにかぶせて「ほんとに?; Really?」と聞いてきたので、思わず「Yes!」と答えてしまった。ここは「No」で押し通すべきだったのだった。あるいは「Really!!」かな。

こんな経験をしているので、私はめったに「YES」と言わなくなった。その代わりに「Right!」、「Correct!」、「I agree you」などの日本語の「はい」に近い言葉を使うようにして、「NO」という場合にはできるだけそのあとを略さないように主文まで言い切るようにしている。仕事関係で英語で会話していて「ボケっぱなし」は許されないから。

|

« サッカー観戦で悩む | トップページ | Are You OK?と悩む »

語学」カテゴリの記事

コメント

私もおなじですね。英語で話す機会は最近はなくなってしまいましたが、Yes, Noを言わずに"That's right"とか"I don't think so"とか言ってました。

投稿: taki | 2011年2月11日 (金) 15時26分

今日も電話会議で、

米国:「この対策を実施したら、もうこういうことは起こらないんだよね?」
日本:「YES!」

って、そりゃだめじゃん。もう起こらないんだから「NO」って言わないと。

でもこういう混乱はネイティブでもあるようで、このくらいのことはスルーしているのだが、それでいいのか?米国側はちゃんと確認しなくていいのか?

で、中国とか韓国ではこういうのはどうなってるんだろう?中国は西洋風、韓国は日本風なんじゃないかと思うんだが。

投稿: Picks-Clicks | 2011年2月11日 (金) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/50820818

この記事へのトラックバック一覧です: YESとNOで悩む:

« サッカー観戦で悩む | トップページ | Are You OK?と悩む »