« ハーモニカの増殖に悩む | トップページ | Perl 5.12で悩む »

2011年3月 6日 (日)

ほのぼのマニアックな映画で悩む

刺激的などんでん返し映画をしばらく見続けていたので(その件をまだここには書いていないけど)、TVで何の気なしに録画した映画がやけに面白かったので紹介したい。

Happyflight「ハッピーフライト」という国産映画がそれで、ANAの全面バックアップを受けて、飛行機の運行や保守に関わる様々な人間模様がユーモラスに描かれている。

もともと飛行機が出てくるだけで評価が60%上がってしまうくらいの飛行機映画好きなので、そこんところで釣り上げられたということはあるのだが、それほどハードコアな飛行機映画でもないこの映画が案外なことに気に入ってしまった。録画したものをもうすでに3回ほど見返してしまった。

「ローカライザー・キャプチャ!」とか「ILSに乗りましたっ!」とか「クラブのままランディングしますっ!」というふうなことが説明抜きで出てくるのをニヤニヤしながら見ているわけだ。このあたりの用語は私にもわかるのだが、航空管制の人々が話している「ここはこう、離すでしょ」「ここは10度振るでしょ」「じゃぁ、こうですか?」「うん、う~ん、いい手だね」というのはよくわからない。よくわからないが、よくわからないなりになんとなく面白い。こんな会話をニヤニヤしながら見てしまう人なんかもきっといるのだろう。

圧巻は着陸のシーンで、強い横風を受けながら「クラブ(蟹)」という方法で着陸するのだが(詳しい話はこちらで)、どうやらこのシーンはこの映画のためにわざわざ撮影したらしい。着陸するために747を「よっこらしょ」と左へクラブさせるシーンなんてYoutubeにもないんじゃないだろうか。しかもそのまま(機体をやや左へ向けたまま)着陸してしまうのだ。

そういえば高校の同級生でANAの機長をやっているのがいて、同窓会で「横風着陸」の話で盛り上がったりしていたのだが、そのときに横風着陸に関して「最近の若い奴らはこういうことがわかってないんだよ。」と聞いた話を今や全然覚えていない。これは残念なので、今度あったときにもう一度聞いてみようと思う。

この映画を気に入ってしまったので、DVDを買ってもいいかなと思っているのだが、なんと「スタンダードクラス」、「ビジネスクラス」、「ファーストクラス」という3段階があって、それぞれ約3000円、約5000円、約7000円という価格構成になっている。これは悩ましい。ファーストクラスはBlu-Rayなので論外として、making編はぜひとも見たいのでそのあたりを見てビジネスクラスを買うかエコノミーにするかを考えようと思う。

3月18日追記
Hfbized というわけで「ビジネスエディション」を購入。地震で遅れるかと思ったが予定通りに12日到着。

監督の談話など聞いて、たくさん騙されていたことに気づく。コップの中の傾いた水は嘘だと思ってたけどね。

おまけの「サイドストーリー」はあんまり面白くなかった。

3月29日追記:

考えてみると、「よっこらしょ、っとクラブにして」なんてできるわけがないのであった。ああ、すっかり騙された。

「クラブのまま着けます。」というのも本当かどうかはわからない。だって左へクラブするということは方向舵を左に切っているわけで、そうすると前輪も連動して左に切れるはずだから、着地するときにはやや左を向いている機体よりもさらに前輪が左を向くことになる。そんな状態で着地したらマズイんじゃないのかなぁ?


|

« ハーモニカの増殖に悩む | トップページ | Perl 5.12で悩む »

飛行機」カテゴリの記事

コメント

昨日、ニュースでジャンボ機が日航から引退ということで最後のフライトツアーの様子が流れていました。
飛行機マニアの皆さん(こういうの何て呼ぶのかな、鉄道なら鉄ちゃんだけど)機長の挨拶で泣いておられましたよ。
万感の思いがあったのでしょうか。

で、最近は工場夜景見物というのが、はやっているそうですね。
私は飛行機が着陸前に高度を落としたとき、見える工場群の夜景を見るのが好きです。

DVDの価格帯、ネーミングが洒落てますねー


投稿: MIKI | 2011年3月 7日 (月) 10時27分

飛行機マニアは飛行少年とか飛行中年とか自称するようです。

飛行機からの風景では、雲の上から見る夜明け前が好きです。群青色からオレンジになるグラデュエーションがなんとも言えません。写真に撮ってもなかなかあの雰囲気は出せません。

ネーミングですが、さすがに「エコノミークラス」とは付けられなかったのでしょうね。

投稿: Picks-Clicks | 2011年3月 8日 (火) 22時33分

今日(2012年1月21日)テレビでやっていたので
見てしまいました。
面白い映画でした、全日空もよくあそこまで
協力したね、ってな映画ですね。

まあ、ジャンボのコパイで機長昇格直前なんて
いったら、もう充分な飛行時間を詰んだベテラン
パイロットといっても間違いでは無いですから、
映画用のドタバタとして見てあげないと、飛行機
に乗るのが恐くなってしまいますね。

知り合いに全日空のジャンボの運転手がいまして
「ジャンボは操縦が楽ですよ」大変なのは、YS
です、と言っていました。
ジャンボは操縦系にパワーアシストが有るので、
横風でもエンジンが片発でもどうにかなるけど、
YSー11はアシスト無いから、場合によっては
渾身の力を込めて、「どうしろって言うのだ」
と、うめきながら、ヨークと格闘するそうです。

クラブでアプローチして着陸する時は、タッチ
ダウン寸前にウイングローにする様ですね。
クラブのまま着陸出来るのはB-52だけとか。

こちらで紹介がなければ面白い映画を見逃す
所でした、ありがとうございました。

投稿: ををつか(をたくな講師) | 2012年1月21日 (土) 23時31分

DVDを持っているので今回の放映は見なかったんです。今回の放映は同じ監督の「ロボG」の宣伝のためなんでしょうね。

うまくやられてロボG見に行っちゃうかもしれない。

投稿: Picks Clicks | 2012年1月22日 (日) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/51050609

この記事へのトラックバック一覧です: ほのぼのマニアックな映画で悩む:

« ハーモニカの増殖に悩む | トップページ | Perl 5.12で悩む »