« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の5件の投稿

2011年6月26日 (日)

高速鉄道で悩む

高速鉄道といえば、かつては日本の新幹線が最先端だったわけだが、フランスのTGVが300Km/hとか、中国のが380km/hだとか、韓国にもなんだか速いのがあるらしい。

で、今月末から来月にかけてちょっと注目すべきイベントがあるので、そのへんをおさらいしてみようと思う。

Chinabulet

まず、今月末には中国で北京-上海間を結ぶ高速鉄道が営業を開始する。この鉄道は中国が「独自の技術で開発した」と主張しているのだが、実際には日本の川崎重工が作ったものを基にして中国で開発したものだ。

中国でも改良を多々行ったと言っていて、特許が1000件だとか、「高速鉄道」としてアメリカにも特許を出願中だとかいう話なのだが、元々が「市場と技術を交換する」という政策から、「高速鉄道を買ってやるから、技術指導しろ」ということで導入した高速鉄道とその技術を「自前の技術だ」と言っている。

川崎重工は「技術指導はしたが、その技術を海外へ展開することは許可していない」と主張している。そりゃ川崎重工としてはそれぐらいの約束はしているはずだが、何しろ相手が中国なので、ゴリゴリ押しているのだろう。アメリカでの特許論争になれば、おそらく川崎重工がクレームを付けてアメリカの法廷が裁くことになるので、この成り行きが注目される。

で、この高速鉄道は当初380km/hで運行するということを言っていたのだが、この数値は川崎重工が試運転で出した値であって、安全率を考えればその速度で運用するなんでとんでもない、ということで、現在は300km/hで運行することになっているようだ。

しかし、高速鉄道の建設に携わった技術者が「自分は絶対に乗らない。親友にも乗らないように勧める」と公言していたり、さらには中国政府の鉄道部部長が100億円相当の汚職が発覚したり、政府・鉄道部の技術部門トップが28億ドルというから日本円で2000億円以上を溜め込んでいたという。

そんなわけなので、6月30日15時からの営業開始からどんなことが起こるのか、注目してみたい、というところ。

高速鉄道に関するもうひとつの話題はブラジルの高速鉄道に関する話題だ。

リオデジャネイロからサンパウロを通ってさらにその先のカンピーナスというところまでの518kmを結ぶ高速鉄道をブラジル政府が入札を募っていたのだが、この入札の条件が非常にきついので、日本やフランスは入札をほぼ諦めている。

何がきついのかというと、この高速鉄道を落札した企業グループは、40年にわたってこの鉄道を運営しなければならないのだ、しかもその期間の運賃はブラジル政府が定める1kmあたり0.49レアルを超えてはならないのだ。

レアルという通貨は現在だいたい50円くらいらしいのだが、安定しない通貨なので、突然暴落することも考えられる。50円で計算すると、518kmでは12,691円とか言う値で、東京-新大阪間が552kmで13,850ということだから妥当な線にも見えるが、日本の場合には切符の予約発券システムとか周辺のインフラがしっかりしているから、安易に比較はできないだろう。

そこに入札を唯一強気に進めているのが韓国勢である。事実上韓国勢だけが応札したのが2010年11月26日だったかの第一回にゅうさつだったのだが、この入札期限の3日前にブラジル政府はこの入札を2011年4月11日までに突然延期する。その理由は単独入札を避けたいのだとか、韓国の技術力に疑問を持っていたのだとか言われているかはっきりとは誰も言わない。

さらにその4月11日の入札もその3日ほど前に延期されて7月11日になった。こんなに延期ばっかりしていると、2016年のリオデジャネイロ・オリンピックに間に合うのか? という心配も出てくるほどで、もうさっさと韓国にやらしてあげればいいじゃないか、という気になってしまう。

では韓国の高速鉄道事情はどうかというと、これがまた最近トラブル続きでブラジル政府が煮え切らないのもわかる気がする。韓国の高速列車は山川号と言って、台車の構造が特殊だ。

Boggy普通の列車はこんなふうに一両について二つの台車が付いていて線路が曲がっていても追従できるようになっているのだが、山川号はこの台車が2両の車両をつなぐようなかたちで取り付けられている。つまりひとつの台車は2両の車両にまたがって付けられている。そのほうが脱線しにくいとか、まぁいろいろ理屈はあるのだろうが、とにかくそういう構造なので脱線はしにくいだろうが、着脱も大変なので車両編成の変更が難しい。

Ktx1そのために、山川号には大統領専用車両がついているのだが、ほとんどの場合この専用車は使われていないにもかかわらず、空のまま走っている。簡単には外せないからだ。このへんは大統領の地位とかいろんな考え方があってのことなんだろうけど、なんとなく「韓国独自のスタイル」というのにこだわっている感じがしなくもない。

まぁそんなわけなので、6月30日の中国高速鉄道と、7月11日のブラジル高速鉄道の入札が気になる今年の梅雨の季節なわけだ。

Crh380a先に挙げた中国の高速鉄道の写真はコンセプトモデルで、こちらが川崎重工製のCRH2。北京-上海間を走るのはこれをパワーアップさせたりしたCRH380A型。東北新幹線の「はやて」にそっくり。

Crh380bこちらはドイツのジーメンス社製のCRH2かな、これもパワーアップされてCRH380Bと言う名前で北京-上海間を走る。

7月2日追記:

北京・上海高速鉄道は予定通りに運行が開始されたが、夕方には空席が目立ち始めていたという。中国の他の高速鉄道も赤字が続いており、運賃が高すぎるとの批判がある。km当たりの運賃でいうと、ブラジルの半分以下なのだが。

ブラジル高速鉄道に関しては6月30日の時点で日経新聞が「入札延期」を報じた。ブラジルは治安も悪いし、政権も不安定だし、入札しないほうがいいよ。ブラジル政府は「入札しない国とは今後一切取引しない」と脅しにかかっているが、そもそも計画自体無理なんじゃないの? 落札条件を全く無視した形で入札だけはしておく、とか?

7月13日追記:

ついに韓国さえも「収益性がない」ということで入札しなかったらしい。どうするんだブラジル?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

音関係のオモチャで悩む

ちょこちょこと小出しにしているが、今年のゴールデンウイークには観光でイギリスへ行ってきた。

主たる目的はコッツウォルズという田舎を見てまわるということだったのだが、実を言うと私はこれにはあんまり興味がなくて、むしろストーン・ヘンジ(に呼びかけると返事するとかいう・・・)に興味があったのだった。この件はまた項を改めて書くことになるだろう。

だいたい海外へ行っても、観て回るのは楽器屋とCD屋と本屋と、見つけられれば航空博物館とかなので、今回もまぁそんな感じ。コッツウォルズで有名なBathの街(この街はなにしろ「BATH;風呂」の語源となったところだという)ヘ行っても、古代ローマの大浴場なんていま見ても仕方ないじゃないか、というスタンスだ。

Bathの街なかで見つけた楽器屋で、愛用の日本製ピーナッツ型シェーカー(なぜそんなモノを持っていた?)を振って見せて、「こういうの、ある?」と聞くと「あるある、あるよ。これでラスト・ロットだけど。」とか言いながら店主が店の片隅の引き出しからいくつか取り出してきたので振ってみると、重いわりには意外に音が小さい。中の砂が細かいのだろうか?と首をかしげていると、店主が「ソフトな音だろ?」とか言うので、「うん、そうだね。それ全部頂戴。」と言って買ってきたのがこれだ。

ただし、左端のは愛用のピーナッツ型。上のは林檎、右端は小さいがカボチャだろう。黄色いのもたぶんカボチャだろうと思うが、形からヘチマと呼ぶことにする。

Shakers4

振ってみるとこんな音がする。ピーナツ→カボチャ→ヘチマ→林檎の順に振っている。生で振った感じでは、ピーナツの音量が際立って大きく感じたのだが、mp3にしてみるとあんまりよくわからないなぁ。

Imageremoで、日本へ帰ってからよく見てみると、各シェーカーに貼ってあるラベルに「MADE IN CHINA」とか書いてある。ありがちだなぁ。

Remofruitsで、有名パーカッションメーカーであるREMO社のサイトで探してみると、「Fruit Shakes」というのがあるんだけれども、カボチャはないなぁ?ヘチマもない。林檎はあるようだ。REMO社のサイトによると、林檎(大/小)、洋梨(大/小)、アボカド、バナナ、レモン、オレンジ、プラム(すもも)の9種類だ。ということはこのカボチャとヘチマはイギリスのBathでしか買えない中国製のレアものだったのかっ! ということにしておこう。

で、ロンドンの街をぶらぶら歩きっていっても、4泊5日なのであんまりあちこちも行けなくて、でも絶対に行こうと思っていたのがカムデンタウンだ。日本で言うと原宿の感じが近いんじゃないだろうか。

10年前には仕事でよくロンドンには行ったので、カムデンにも一度ならず行ったことがある。ここは地下鉄のゾーン1から外れるのだが、初めて行ったときには、まぁ出るときに精算すればいいんだろうと思ってゾーン1の回数券で向かったら、でるところで駅員にえらく怒られて、「特別に見逃してやるから(一旦改札を出て)切符を買ってこい。」という教育的指導を受けたところだ

そんなカムデンの街を歩いていると、異常に大きな声で鳴いている鳥の声が聞こえる。見回してみると、イタリア系のオヤジが道端で口笛を吹いているようなのだ。しかし口笛にしては異常に大きな音なので、さらによく見ると、口の中に何かを入れていて、それで鳴らしているらしい。これが、それだ。Trilla(トゥリッラ)という。

Trilla

こんなに大きくすることもなかったかな? これは直径15mmくらいの金属製ワッシャを半分に折りたたんだもので薄いプラスチックの膜とドーナツ型の紙を挟んだものだ。これを2ポンドで売っている、300円強だからこれは良い商売だな。3つで5ポンドとかいうので3つ買っちゃったのは、分解して遊んでやろうと思ったからだ。

これを買ってYoutubeに動画をuploadしている奴が絶対いるだろうと思って探したら、やっぱりいた(注意:これは私ではありません;音がうるさいので注意)。

私はこんなにうまく吹けないけれども、私には「歯笛」という技があって、口笛のようで口笛でない、歯の裏側に息を吹きつけて鳴らす技なのだが、これを件のTrilla売りのイタリア人の前でやってみせると、不思議そうな顔をして「どうやってるんだ?(How does it work?)」とか聞いてくるので、口の中には何も無いことを見せてやったが納得してないようだった。「これはニンジャなのだ」とか言ってやればよかったな。

これはこれで面白い買い物だったのだが、残念なことに、これは音程が変わらないのだ。先のYoutubeの動画を見てもらってもわかると思うが、音色が変化するだけで音程は変わっていない。これは大変残念だ。歯笛では音が小さくてステージなどでは使えないけれども、これだけ大きな音が出せて音程が変えられるのなら、楽器として使えるかもしれないと思ったのだ。

というわけで、Trillaはちょっと残念な結果になったのだが、これは別途別の方向に発展させてみる気持ちがあるので、その気持を大切に育ててみたいと思う。

で、イギリス旅行とは関係ないのだが、数年前にシンガポールで買ったおもちゃでちょっと遊んだのを動画にしたのでご紹介。これは言ってみれば赤ん坊のガラガラに相当するようなオモチャで、操作してから音が出るまでの遅延が大きくて、パーカッションには使えないだろうと思っていたのだが、ちょっと工夫してみると、ひょっとして使えるかもしれんな、と思ったので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

PC壁紙で悩む

まぁ、Blog書きのリハビリみたいなもので、ゆっくりやっていこう。

PCの壁紙なんてどうでもいいと思っていたので、自宅のPCも職場のも、Windowsの壁紙コレクションの中からテキトーに選んだものを貼り付けっぱなしだった。昔は、というのはWindows3.0とか3.1のころだから1992年という大昔だが、CDROMに入っている壁紙を集めてはPCに放り込み、「壁紙チェンジャ」というフリーソフトをくみこんで、電源をいれるたびに変わる壁紙を楽しんでいたわけだが、最近はなぜかあんまりそれをやらなくなっていた。

昔の壁紙っていうのは、手書きのものとかCGとかが多かったように思う。いや、たまたま私の手に入るものがそういうものだったのか?

で、今回そんなふうに壁紙をいろいろ集めてみようと思った原因は、その時にはわからなかったのだが、今ではだいたい分かっている。忘れなければあとで書く。

今回壁紙を集めるについて、自分で勝手にルールを作った。

1) 自然の風景で、遠景であること。
2) 動物が写りこんではいけない
3) 人工のものが写りこんではいけない。

典型的なものを挙げると、こんな感じだ。

Alpinriver

最初はまず職場のPCから始めたので、解像度は1920x1080だから、この画像の4倍のサイズになる。こういうのをwallpapers.netから125枚ほどもらってきた。これをWalyk Wallpaper Changerからダウンロードしてきた壁紙チェンジャで、電源投入ごとに壁紙が変わるようにする。設定によっては1時間おきに変えることもできるのだが、実を言うとPCを使っているときには背景なんてほとんど見えていないので、立ち上げたときくらいしか見ることはないのだから、そんなに頻繁に変えても仕方がないのだ。

自宅のPCもにも入れようと思って、wallpapers.netで1280x1024の壁紙を探すと、先に見つけていたものとは違う写真がたくさんある。解像度が違う壁紙に使いまわしはしていないのだなぁ。

こちらでも同じルールを適用して壁紙を探すのだが、いくつか迷ったものがあって、ひとつは宇宙もの。宇宙だからたしかに自然の遠景だし、人工物も動物も写りこんではいないんだが、う~ん。「UFOの地球への着陸」なんてのもあって、UFOって人工物じゃないしなぁ、う~む。

Guitarinwaterもうひとつ迷ったのがこれだ。「Guitar In the Water」ってことで、たしかに人工物なんだけど、小さなサムネイルで見たときには「水の中で朽ちたギター」に見えたので、朽ちたのだったら、人工物というよりもすでに自然と同化してしまっているのではないのか?(「どうかしてるぜ!」とブラマヨ吉田)

しかし、ダウンロードしてよく見てみると、全然朽ちてない。むしろ新品同様のどうやらYAMAHAのAPXっぽい感じだ。それに魚が泳いでいたので、これも却下。

ということで、もらってきた1280x1024の壁紙65枚(ルールに従っていないのもありますが)をここからダウンロード出来るはずなので、お好みの方はお試しください。

Namecard3で、偶然思い出したので書いておくが、先月末くらいにちょっと思い立って趣味の名刺を作ってみた。つまりライブやらセッションでお会いした音楽関係のかたに、「こういうもんです」といって渡すためのもので、本名とmixiネームとかこのBLOGのURLとかが書いてあるもので、これをつくろうとしていろいろな図案を眺めているうちにPCの壁紙を物足りなく感じたのかもしれないな、と。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

スマホとPCのデータ転送で悩む

スマートフォンとPCがの間でデータのやり取りをするっていうのは、スマホで撮った写真をPCヘ持ってくることが多いのだが、これにはいろんな方法があるけれども:

1) 写真の画像を見て選びたい。
2) 選んだ複数の画像を一挙に送りたい。

ということを考えると、これがなかなかの難物であることがわかる、っていうか、わかった。

撮った写真を1枚だけ送るならば、メールで送ればいいのだからたいして問題はない。でも、どの写真だったっけ?とか日付だけではわからなかったりとか、やはり画像をちゃんとチェックして送りたいし、送りたい写真も一枚とは限らないから、どうしても上記のような二つの条件がつくことになる。

で、Android(私の場合はsoftbank X06HT-II:Desire Androidv2.2、v2.3へのgradeup心待ち)で、ファイルを転送するにはいくつか方法があって、ちょっと調べてみるとこんな感じ。

Androidとのファイル転送
手段画像で選択複数選択Android
→PC
PC→
Android
備考
メール×サイズ変更不可
ES File
Explorer
LAN接続でLogin失敗
dropboxES・ギャラリを呼び出す
evernoteES・ギャラリを呼び出す
FTP(client)×サーバはプロバイダ
またはPC上に立てる
FTP(Server)×クライアントはFFFTP
WiFi
Explorer(Free)
××PC側はブラウザを使う
WiFi File
Explorer(Pro)
×PC側はブラウザを使う
動作確認良好
Adobe Photoshop
express
FaceBook連携
Yahoo! Box ES FileExpolrerを使う
DropBox ES FileExpolrerから使う
Box ES FileExpolrerから使う

だから結局ES File ExplorerでちゃんとLOGINできるといいのだが、なぜかそれが出来ないんだなぁ。今まではFTP(AndFTP)をよく使っていて、それなりに便利だと思っていたのだが、DropBoxもEvernoteも結局はES FileExpolrerかギャラリーを呼びだしてしまうので、その呼び出されたヤツらが複数ファイルを選択できないんだからどうしようもない。

12月14日追記:ES FileExpolrerでは複数のファイルを選択することができる。しばらく待てば画像も表示できる。この記事を書いたときに気が付かなかったのか、あとからupdateされたのか?:追記終わり。

つまりこれがネックになって、ここしばらくはBLOGが書けなかったんだな。BLOGがにはできるだけ写真を入れたいと思っているので、ネタ→写真を取っておく→それを見て思い出しながら書くという流れでやってるもんですから。

7月12日追記:

Wifi File ExplorerとAdobe Photoshop Expressを追加。前者は有料版まで買ってみたのだが、無料版と有料版がよくわからなくなって、機能をちゃんと確認出来ていない。後者は2月ごろから使い始めていて、機能的にはいいのだが、アルバム単位の管理がめんどくさいとかFacebookと連携しないといけないとか(FaceBookは要注意!)、あんまりおすすめできないのだが。

7月13日追記:

Wifi File Explorerの有料版を改めて使ってみた。有料版ではPCからスマホへデータを転送できる。できるのだが、選択できるのが一度に1ファイルなのだなぁ(転送は一度にできる)。200本ほどのファイルを転送したかったのだが、他の方法を考えるほうがはやいかな。

12月14日追記:

Yahoo! Boxを追記。ES FileExpolrerに関して以前に思っていたよりも機能が良くなっていたので注記した。

12月17日追記:

DropBoxはYahoo!Boxより先に試していたのだが、ここにはもう書いたつもりで忘れていた。DropBox単体でも使えるし、ES FileExplorerから呼び出すこともできる。さらにBOXはDropBoxと同じように使えるがDropBoxが無料で1G使えるのに対してこちらは5Gまで無料で使える。Boxの方は使い始めたばかりで、まだよくわからないのだが、Es FileExplorerから呼び出して使えるので、DropBoxと同じような感じだろうと思う。

もう一つ、MicrosftのSkyDriveというのがあるのだが、これはWindowsからしか使えないんだろうなぁ。マイクロソフトが競争相手のAndroid用にアプリを出すことは考えられないので、誰かが開発してマーケットに出てくるまで待つしかないか。…と思ったら、SkyDrive Browserというのが既にあったりして;これは25G預ってくれるんだけど、まだ全然使ってない)

12月24日追記:

普段はPhotoshopのサイトを使っているのだが、いろいろ試してみようと思ってY!BoxからES Explorerを呼び出し、複数ファイルを選択したまではよかったのだがその後がわからない。ファイルをひとつだけ選んだら、Y!Boxのupload画面が出るのだが、どうやっても(いや、たぶんなにか見落としがあるんだろうけど)uploadへいけないんだなぁ。

2012年4月17日追記:

PCからスマホにデータを転送するにはWifi Explorer Pro(有料)が使いやすい。しかし、フォルダごと放り込むということができないんだなぁ。それができると楽なんだけど。

4月25日追記:

オンラインストレージについてこちらにまとめようとしたが、まだまとまっていない。まぁそのうちに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無気力感に悩む

悩みごとの種は尽きないので、書きたいBLOGネタもたくさん溜まっているのだが、どうも書き始める気がしなくてずっと間があいております。まぁいろいろと忙しかったということもあるんだけど。

やっぱりあの大震災のショックというか、その余波のショックなんてのもあったりして、知り合いでも都内に住んでいたのにあの地震の影響で入院してしまったという人もいらしたようで。私もそこまでは行かないけれども、やはりごくごく軽いPTSDみたいなことにはなっているのかもしれない。

書きたいことっていうのもいろいろあって、5月の連休にイギリスへ行ってきたとか、それに関わったり関わってなかったりすることも色いろあるんだけれども、写真がどこにあるんだろかとか、集めないといけない資料があったりとか、まぁいろいろあるけど、ぼちぼち書き始めないことにはなんともならんな、と。

もともと、この「お悩み手帳」というのは、それこそやらなくちゃいけないことがいっぱいあって、それらが互いに関連していたりして、それをちょっと整理してみようか、ということで書き始めたのであった。そういう意味では原点に立ち返るつもりで、どこから手をつけるかを考えてみたりしてみよう。

とは言ってもそれがあなたの役に立つとは限らんのだけれどもね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »