« Bob Jamesと話して悩む | トップページ | コベントガーデンで悩む »

2011年7月 8日 (金)

無線LANをダブルにして悩む

家の中で、無線LANの電波が届きにくいところがあって、困っていたわけです。アンテナを同行するのは電波法違反になるので、放物面状の反射器をつけて電波感度を上げたりなんかしていたわけですが、これがいまいち決まらない。紙で作ったものだから、湿気を吸って変形したりとか、なんとか抜本的なことをやらないと利用者の不興をかってしまう。これはまずい。なんとかしなくちゃ。

なので、無線LANアクセスポイントをもう一つ増設してはどうだろうかと考えた。問題の部屋までケーブルを引くのは嫌だというが、途中までならなんとか隠しながら敷設できるので、その先あたりに新しいアクセスポイントを増設しようという魂胆だ。

で、こういう増設は中古に限る(のか?)ので、足繁く通うHardOffで物色してみると、Baffalloのがいろいろある中でCoregaのが一段と安かったのでそれに決定。2005年の製品だが、まぁ問題無いだろう。

で、普通の無線LANなら、ルータ接続で何の問題もないんだろうが、うちの場合は事情があってルータ接続ではまずい。ブリッジ接続にしないといけない。そういう設定を色々としなくちゃいけないのだが、なんだか「簡単設定」とかいうので何でもやらせようとするもんだから、さっぱりわからない。いきなりCDROMをつっこんで立ち上がってくるアプリケーションでああしろこうしろとかいうんだが、それは初めて無線LANを触る人にはいいんだろうが、ウチみたいな使われ方は想定外のようだ。

マニュアルをあちこち探って、結局192.168.1.1へブラウザでアクセスすればいいようだったので、常用していないPCを有線で接続してしまう。この時点でPCをもアクセスポイントも内のネットワークからは切り離してある。え?LAN側につなぐのか?それともWAN側でもいいのか?なんだかどっちでも動くなぁ。ルータが働いているからだな。

で、ルータ機能をオフにして、DHCPも殺して、既存のルータとアドレスがかぶらないようにアクセス用のアドレスを192.168.2.1にしたのだが、これが間違いのもとだった。ということにリセットしてから気がつく。

ルータなら当然IPアドレスを持っているわけだが、ブリッジだとIアドレス持っていないもんな。じゃぁどうやって設定を変えるんだ? さきほど設定した192.168.2.1にアクセスすればいいと思うんだがうまくいかない。DHCPは殺してあるからアクセス用のPCは当然アドレスを192.168.2.5あたりにして、サブネットはそのまま、でいいはずだろうと思うんだけどアクセス出来ない。PING打っても反応がない。

装置の初期化か? と思って装置裏面のリセット穴をつついてみるが、再起動はするものの、工場出荷時にまではいかないようだ。なので諦めて寝る。

で、Coregaのサポートに電話してみる。10数分待たされたあと担当者と話してみると、

・まず「その機種はサポートを終了しております。」が~ん。でも、一般論としてブリッジ接続のことを教えてもらうことにする。
・「初期化はリセットボタンの長押しです。ランプが点滅するまで長押ししてください。」ふむふむ。
・で、ブリッジ接続にするには?「DHCPとuPnPを殺してください。」ふむふむ。
・「この設定をやったあとは、WAN側のポートは使えなくなります。」ふむふむ。
・「この機種はルータ機能を完全には殺せないので、できれば既存のルータのアドレスを変えていただきたいのですが。」いやそれはできません。でもなんだか、WAN側を接続に使わなければいいみたいだった。
・「うまくいかなかったら・・・・・・・・、新しいのを買ってください。」正直やな。

で、家に帰って実践してみる。まず初期化はうまく行った。で、アドレスは192.168.1.111にした。ちなみにこのアドレスは既存のDHCPとはかぶらない。で、DHCPとuPnPを殺して、と。う~む。

PCをとこのアクセうポイントだけをつないでいて、PCをから192.168.1.1にpingを打ち続けているのだが、アドレスを192.168.1.111に変えたにも関わらず、192.168.1.1にpingが通っている。これはまずい、これでは既存のルータと同居できないではないか。こりゃHardOffに返品かな? 

しかし、まてよ、Coregaのサイトにファームウエアのupdateがあったなぁ。あれを試してみようか。

というわけで、PCをウチのネットワークにつないでファームウエアをダウンロードし、再度アクセスポイントにつないでファームウエアアップデート。そうすると、おお、192.168.1.1が消えた。これでネット内に同居できるぞ。

Wifiwaveというわけで、既存の無線LANルータから8mほど先にこのアクセスポイントを置き、ケーブルでつないでテストだテスト。ああ、そういえば無線LANのチャネルも変えたんだった。ファームウエアをアップデートしたら無線LANのチャネルも変えられるようになったので、6ch→8chとした。既存の方のルータは何故かchが変えられなかったので6chのままだ。

さて、そうすると問題の死角にあるPCをには俄然電波の入りが良くなった。よくなったのだが、うむう、なぜかIアドレスが取れなくてタイムアウトしてしまう。おかしいなぁ、ブリッジモードなのにDHCPさーばからIPがもらえないのだろうか?

ならば、DHCPの範囲外である192.168.1.63を手動にしてかつ固定アドレスで振ってしまう。よしよしこれでIPは設定できたぞ(電源再投入後)。MSのネットワークも見えるようになった。

しかし、いきなりGoogleヘアクセス失敗する。調べるとやはりDNSも貰っていない。何だこのブリッジは?仕方が無いので、プロバイダのDNSを直接設定してしまう。そのとkどフォルトゲートウエイを設定し忘れていたことにも気がつく。これがあったらDNSは設定しなくても良かったかもしれないな。

というわけで、インターネットも快適につながるし、これで当分文句は出ないだろう。お悩み解決!めでたしめでたし。

7月12日追記:絵がないと寂しいので、スマホでWifiの電波強度を表示させたものを掲載。緑のが以前からあるアクセスポイント、水色が新しいアクセスポイント。14dB位の差があるので、この差は大きい。

その他、中の文章も多少手直しした。

|

« Bob Jamesと話して悩む | トップページ | コベントガーデンで悩む »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/52155740

この記事へのトラックバック一覧です: 無線LANをダブルにして悩む:

« Bob Jamesと話して悩む | トップページ | コベントガーデンで悩む »