« 謎の物体に悩む | トップページ | 3D映画の行く末に悩む »

2011年8月15日 (月)

右足の張りで悩む

以前からちょこちょこ書いていることだが、右足の調子が悪い。

過去を振り返ってみると、まず2008年8月に自宅のソファから立ち上がるのに違和感を感じたことに始まる。右足の筋力が落ちている感じだったのでその点をジムで相談すると「膝の伸展運動をやりましょう」ということで、ジムのマシンでその運動を取り入れた。たしかに筋力が落ちていたので、右足のウエイトを12kgくらいから始めて1年くらいかかって40kgくらいまで増やしたのだったと思う。筋力がついてくるに連れて、足の違和感はなくなっていた。

で、2009年の12月頃、もういいだろうと思ってこの膝の伸展運動をやめたのだ。

やめた直後はなんということもなかったのだが、年明けて2010年1月に異変が起こった。右足のふくらはぎがパンパンに張って、今にもツリそうになってしまうのだ。一時的なものではなくて、その状態がずっと続く。これは結構辛い。

ジムで膝の伸展を再度取り入れ、さらにジムのトレーナーのアドバイスを入れて膝を曲げる運動を取り入れる。しかしこれでは解決しなかった。1ヶ月ほどそんな感じでやってみたけれどもよくならなかったので、ジムのトレーナーがビビってしまって「医者に相談して欲しい」ということになり、整形外科の門を叩くが、これが一向に話が通じない。塗り薬を渡されたり、松葉杖を貸してもらったりするのだが、過去の経緯なんか全く聞いてくれないのだ。

仕方なく、「最後の手段」ということで鍼灸の先生を紹介していただいた。この先生はめったに鍼を打たないというので有名な先生で、じゃぁ鍼を使わずに何で治すのかというと、魔法の小さな三角形のシールを貼るのだが、渡しの場合は針を打つだけでなく、電流まで流してしまった。これはこの先生としては大変に珍しいことなんだそうだ、ということをこの先生を知る人から伺った。で、効果の方はどうかというと、電流を流して15分くらいは神経がしびれるのか、痛みが取れるのだが、そのあとは元の木阿弥という状況で、やはり解決にはならなかった。これが昨年の5月くらいだったかな?しかし、筋肉自体には問題はなく、どうやら坐骨神経が不正な痛み信号を出しているのではないか、という観測だった。

その後は痛いいたいとか言いながらも事実上ほうっていた。痛みがあるのでジムもやめてしまった。

で、やはり痛みが強くなってきたようだったので、また別の病院に行ってみたのが今年の6月だった。レントゲンを撮ってみると腰(脊椎)はきれいだが、右膝は軟骨が変形しているという。以前にもレントゲンを撮っったことはあったが、そんな診断はなかった。そう言えば右膝は左膝のようには伸びなくなってきているのだった。

しかし、今回の診断では新しいアドバイスがあった。それは「右腿の筋肉を鍛えよ」というものだ。私はとりあえずこのアドバイスに従うことにした。腿の筋肉を鍛える方法には色いろあるだろうが、私はアンクル・ウェイト(パワー・アンクルともいうらしい:足首につける錘である)を使うことにした。

Pwrancle1どのくらいの負荷をかければいいのかわからなかったので、まず左右の足首に500gずつ付けてみた。このくらいでは歩くにもほとんど負担は感じないのだが効果はあるらしく、これを付けだしてからふくらはぎの痛みは感じなくなった。

ただし、おもりを付けないで一日過ごすと、次の日がふくらはぎに痛みが戻ってくる。だから筋力が増強されているというよりも、常にマッサージしているような感じになっているのかもしれない。

Pwrancle2500gで1ヶ月ほど試したあと、1Kgの錘をひとつ買ってみた。新しい1kgを右足に付け、ふたつの500gを左足につけてバランスさせる。これで休日を過ごしてみると、まぁ耐えられる負荷ではある。しかし一日これを付けて出歩いたときにはぐったり疲れてしまった。まだ日常的に1kg×2を付けるのはもうちょっと先にしよう。

Pwrancle3両足に1Kgを付けることを考えて、二つ目の1Kgも買ってみた。今までに買った錘を合計すると3kgになるから、左右の足首に1.5Kgずつ付けることができる。できるんだけれども、これはまだ試していない。1Kgに慣れてからだな。

この痛みを元々から考えてみると、腿の筋肉を鍛えるといのは理にかなっているように思える。なんでもっと早くに気がつかなかったんだろう?


|

« 謎の物体に悩む | トップページ | 3D映画の行く末に悩む »

心と体」カテゴリの記事

コメント

痛みというのは、足を引きずるくらいですか?
だいぶ痛そうですね。
私はジムでダンスとストレッチをしていますが、ストレッチをしないと、膝が痛くなったりします。
脂肪を減らして、筋肉をつける、そして柔軟にと気をつけていても、少し怠けると、痛みがあちこちで出てきたりします。
常にメンテナンスが欠かせなくなってきたなぁーと感じています(*^_^*)
ギター立って弾き続ける体力維持がんばります。(^O^)/

投稿: MIKI | 2011年8月16日 (火) 23時54分

4月5月頃はかなり痛くて、他の人からもビッコを引いているのがわかるほどでした。

今では錘をつけていると右足の不具合は忘れている感じです。でも一日何かの都合で錘をつけていないと次の日に痛みが帰ってくるという状況です。

いっそ左右の足が1kgずつ太ってくれればいいんだけどなぁ。

投稿: Picks Clicks | 2011年8月17日 (水) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/52476102

この記事へのトラックバック一覧です: 右足の張りで悩む:

« 謎の物体に悩む | トップページ | 3D映画の行く末に悩む »