« アイドリングストップで悩む | トップページ | ニッポンのケータイで悩む »

2012年6月12日 (火)

自殺志願者の犯罪に悩む

自殺するつもりで包丁を買ったが死に切れず、死刑になることを狙って無差別殺人に走った。自殺する勇気はなかったが、他人を殺害する勇気はあったという。そんなことがあり得るのか? あるのだなぁ、これが。

以前にこういうのを代理自殺と呼んでみたりしたのだが、どうもしっくり来ない。間接自殺? 他力自殺?

秋葉原で無差別殺人を行った加藤智大には死刑判決が出たが、こんな奴に死刑はもったいない。死刑にしちゃダメだ。「死んだほうがマシだ」と思わせるくらいツラい刑にしてやればいい。「なぶり殺し」じゃなくて「なぶるが殺さない」だ。

そういうふうにしないと、これからも「死刑にしてもらうための無差別殺人」というのが無くならないんじゃないか。

ただし、その刑がどんなにツライかは秘密にする。秘密にした上で、何度も何度も繰り返すということを周知させる。で、つらい目に何度もあわせた上で、「あ、死んじゃったよ。」というのもアリにする。そんな刑を作ってください。


|

« アイドリングストップで悩む | トップページ | ニッポンのケータイで悩む »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214007/54944693

この記事へのトラックバック一覧です: 自殺志願者の犯罪に悩む:

« アイドリングストップで悩む | トップページ | ニッポンのケータイで悩む »