« 粉末茶で悩む | トップページ | ハードディスク・クラッシュで悩む »

2012年8月28日 (火)

アップル訴訟に悩む

サムソンに対するアップルの訴訟が、陪審員の評決として10億ドル余となった。これはスゴイ判決である。サムソンのやり方も褒められたものじゃないとは思うが、10億ドルというのはちょっとひどすぎる。陪審員の評決を受けて裁判官が改めて判決を言い渡すというのだが、1億ドル弱くらいになるんじゃないだろうか。

iPhoneの「ピンチイン・ピンチアウト」はさすがに特許としての大きな意義があるとは思っていたのだが、この特許は昨年6月に特許として成立したにもかかわらず、今年3月には(Googleに買収された)モトローラとの訴訟で特許として無効という判決が出ているのだ。

調べてみると、マルチタッチの技術は三菱米国支社(マサチューセッツ州)が2001年に考案し、2006年にDiamondTouch Tableとして商品化しているのだった。

だから、10億ドルは「角を丸くした四角形」に始まるデザイン特許(日本なら意匠ということになるのだろうが)に対するものだ、ということになるのだが、これはどうなんだろうなぁ? トレードドレスとか言って、つまり商品として「似ているから」「混同しやすいから」という理由が付けられているが、ガムを買うわけじゃないんだから、ちょっと似ているからといって間違えて購入するようなものでもないと思う。SONYのCLIEがやはり「角の丸い四角形」だったということもあるし。

サムソンの「iPhoneもどき」なデザインもいやらしいというか、あさましいとは思うのだが、懲罰的な意味をも含めたというこの金額には素直にうなずけないものがある。

|

« 粉末茶で悩む | トップページ | ハードディスク・クラッシュで悩む »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

感覚として「商売のやり方が,フェアかフェアでないか?」が争われたのかな?,なんて思っています。アップルとMSのGUIに関しての訴訟の時も「その争点で最高裁まで行くのかよ」でしたからね。

投稿: ををつか(をたくな講師) | 2012年8月29日 (水) 08時13分

「フェア」っていうのが、誰にとってのフェアであるのか、とか、「アメリカ流のフェア」であったりということがあるのと思うので、誰もが納得する結論にはなかなか達しないんじゃないかなぁ。

投稿: Picks Clicks | 2012年8月30日 (木) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 粉末茶で悩む | トップページ | ハードディスク・クラッシュで悩む »