« ナイロン弦の切れ方で悩む | トップページ | アイドル不在に悩む »

2012年9月23日 (日)

キング・オブ・コント2012で悩む

Baikingキング・オブ・コント2012が昨日行われて「ばいキング」が優勝した。この結果はまぁ順当だと思うが、この大会の審査システムにはやっぱり問題があると思う。

まず、決勝に残った8組のうち4組は全然面白くなかった。なんというか、観客(というか、私のことだが)が何を求めているのか全く理解していないように見える。

そんな8組の中にも入れなかった、準決勝敗退組の100人が決勝大会の審査員なのだ。観客(とは言っても私のことだが)が何を求めているのかなんて、分かるはずもないんじゃないか。

しかも、決勝に残った中には「しずる」や「夜更かし」などの新しい傾向を持ったグループがあったのだが、これらのグループへの評価が低かった(私が思ったよりも、ということだが)。これは準決勝で8組を選んだ審査員と、決勝の審査員100人の間に隔たりがあることを示している。

最初にこの審査システムのことを聞いた時には「自分たちを置き去りにして勝ち抜いたグループを公平な目で審査できるのだろうか?」と思ったのだが、それよりも「面白さをわかってない奴が、面白いやつを裁くことができるのか?」ということが問題になってきているのではないかと思う。

でもまぁ、そんな審査員であったとしても圧倒的な点数で勝ち抜いた「ばいキング」の面白さは認めない訳にはいかないな、と。

|

« ナイロン弦の切れ方で悩む | トップページ | アイドル不在に悩む »

お笑い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナイロン弦の切れ方で悩む | トップページ | アイドル不在に悩む »