« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の4件の投稿

2012年11月24日 (土)

同窓会とOB会で悩む

高校の同窓会は、確か創立100周年とかいう機会に関東同窓会というのが発足して(大阪の高校なので)、それ以来東京で全学年同窓会と同学年が行われるようになった。全学年のはつまらないので行かなくなったが、同学年のはほぼ皆勤なんじゃないだろうか。


今年は例年にないイベントがあって、なんとボウリングだ。何年ぶりだろうか? 最後にボウリングしたのは某bach氏とだったが、あれは田町だったか目黒だったか。そのときに、やはりボウリングというのは腕力が効くのだ、と思ったものだったが、今回はどうなるか。
ボールを回転させてカーブさせるというのがどうにも納得いかないので、私はいつも直球ストレートだ。制球がよければど真ん中に当たって陰になったピンが残る。絶妙な「1本残し」が大得意である。
ところが今回はどうにもその制球がうまくない。2ゲーム投げて結局ストライクは1本のみ、祖コアはどちらもやっと100アップというところ。これは言い訳になるが、足首にいつもの錘を付けたままだったので、それが固定されずに動いたからじゃないか? ということに2ゲーム目も途中で気づいて外したのだが、あんまり制球は改善されなかった。まぁこんなもんか。
しかし、そのボウリング場で「どうやって投げるの?」「どうやって回すの?」とかいう超初心者ふうの質問をしていた女子があれよあれよという間に170点台をたたき出したのには驚いた。本当にへろへろ玉なのに破壊力があって、次々ストライクを出すのだ(次がガーターになったりもするんだけど)。これにはちょっとショックを受けたので、もしも次の機会があるとすれば、ちゃんと習ってみたほうがいいのかな?と思ったり。
ボウリングの後、宴会場でボウリングをパスした連中と合流して歓談。まぁいろいろ面白い話もあったが、一人が「ノーベル賞の山中教授は私の義理の弟」「シンヤ君はね」とか言い出したので一同仰天。まぁ冷静に考えると私には何の関係もない話ではあるのだが、そりゃあめでたい、とか何とか言ったりなんかして話には加わっておく。でもそもそもウチの高校は某ノーベル文学賞作家も輩出しているし、山中教授だってそもそも私とは別のエンでつながっていなくもないのだが、所詮私自身がノーベル賞と何らかのつながりがあるわけではまったくないのだぁ。あたりまえだぁ。

そんな週末の次の週にはちょっと時節を逃した感もある墓参りで神戸へ日帰り。墓参りはなんと言うこともなかったが、墓石の花立て(というらしいのだが)に水を注ぐと、横からどしゃっと水漏れだ。なんだこりゃ? と思って花立てのプラスティックの筒を抜いてみると…。

Hanatate割れとる。なんでこんな割れ方するかね?冬場に凍って氷の膨張で割れたか? それとも誰かが踏んだ? 
原因はわからないが、とにかくこれでは花を入れられないのでビニル袋を中に入れて水が漏れないようにしてその場をしのぐ。

墓の周りの草むしりなんかをするが、意外に草は少ない。草は少ないが、落ち葉が多い。大き目のスパー袋いっぱいにごみを拾って処理する。

まぁ、そんなこんなで墓参り兼用の墓メンテを終え、待っててもらったタクシーでJR駅まで戻ってもらい、三宮へ。神戸の町をちょっと歩く。私はどっちかというと駅の海側へ行きたいのだが、同行者の趣味でついつい異人館通りやそのあたりの脇道をふらふらと歩く。
歩きつかれて、ニシムラでコーヒーでも飲むか、と通りを歩いているとこんな看板が。

Keionobえ?それってウチの大学じゃないか。そんな話は聞いてな・・・いや、そういえばそんなメールが来てたかも。まさかその日に墓参りするとは思っていなかったのですっかり失念していたのだが、そんな話もあったかも。これはひょっとして、ご先祖様のお引き合わせか?

予定があったので、長居することはできないのだが、それでもちょっとは顔出してみようか、と思って顔を出してみた。すると、渋谷のSeaBirdでも会ったことのあるアルトのN野君とか、ひっさしぶりに会うW江君とか、OB会会長のS司君は初めて会うけど副学長なの? 姓は変わっているけどボーカルのI佐とか懐かしい面々に会うことができたが、なんでT川君とかM田君(該当者3名)とかが来てないの?


「一曲やっていけ」との声もあって、しかしそれをやってしまうと次の予定の神戸ビーフを食えなくなって別の恨みを買うことになるので、これは断念。W江君とは彼がしばらく東京で仕事をしていたころに会えなかったことなどで盛り上がりつつなどあってお別れしたのだった。

…という、2週間連続で同窓会とOB会に顔出してきました、という話でした。

| | コメント (7)

2012年11月 6日 (火)

ZIPファイルを解凍できなくて悩む

ZIP圧縮したファイルを解凍できなかった。そのZIPファイルはサイズが1.5Gバイトあるのだ。これって無理なのか? PCのメモリが1Gしかなかったからなのか?

| | コメント (0)

2012年11月 5日 (月)

ケータイの機種変更でいよいよ悩む

2年かかってスマホ「X06HT」のお代金をやっと払い終わったわけだが、さぁ、そこでいよいよ機種変更だ。さてどうするか?

以前にも書いたように、今回の機種変更はなかなかに悩ましいのである。その理由は次の3つの条件である。これらの条件をクリアしないことには機種変更ができないのだ。その三つの理由を縦に並べて、候補に上がったケータイを審査してみよう。

その前に3つの理由を説明しないといけないか。

・銀SIM:ソフトバンクはもともとこの銀SIMしかなかったのだが、iPhoneで黒SIMというのができ、iPhone4Sでミニ黒SIMになり、最近のスマホ向けに青SIMというのができ、さらにiPhone5用のマイクロSIMとか最新スマホ用のミニ青SIMなんてのもあって、もうね、機種選定の自由度がグッと狭まっているわけです。

そんな中で、私は古いケータイとか古いスマホを使いたいので、銀SIMから離れられないのだなぁ、というわけ。これが理由の1。

・パケットし放題MAX(for スマホ):これは期間限定で契約できたスマホ専用のパケットし放題契約で、普通に使っているぶんには3,985円/月で使える。700万パケットを超えると5,900円くらいになっちゃうのだが、私が使うのはせいぜい100万パケットなので全然平気なのだ。どうもこの契約はスマホユーザがどれくらいパケットを使うのか探るために設定されたのではないかと思う。これが理由の2。

で、これは「for スマホ」というだけあって、ケータイへ機種変更すると普通の「パケットし放題」になってしまうというのが悩みどころなわけだ。

・月々割:端末代を払いつづけることが前提で、その代金を軽減するために最高2,200円ほど割り引いてくれるのが月々割だ。機種変更というか、新しいケータイを買わないと、この恩恵が受けられないというのがなんとも悔しいという貧乏人根性によってこの条件が入っている。これが理由の3。

では、これらの条件を、幾つかの候補ケータイに当てはめてみよう。

X01SCX06HT944SH201MiPhone4S
銀SIMを使いたい
×
×
パケットし放題MAXをキープしたい
×
×
○?
月々割りの恩恵を受けたい
判定 ダサい 販売終了 販売終了 4Gが高価 Appleだ…

で、ぶっちゃけこの3条件を満たすのはX01SCと言うサムソン製・Windows Mobile機とすでに2年間掛けて代金を払い終わったX06HTしかないのだ。月々割を受けたいがためになんだったらX06HTをもう一台買ってもいいかな?などと思ったりもしていたのだが、夏を過ぎたあたりでX06HTは「販売終了」になってしまった。

だから唯一X01SCのみがこの3条件を満たすのだが、今時320×240ドットのスクリーンで、タッチパネルでもなく、QWERTYキーボードの付いたケータイなんて使いたくないしなぁ。

そして、銀SIMを使いたいっていうことがあるので、選ぶのがついついガラケー、つまりスマホでない奴になるわけだが、ここでカミングアウトしてしまうと、私はスマホが嫌いだ。オモチャとして遊ぶにはいいんだが、普段使いにはしたくない。理由は入力だ。まずタッチパネルのタッチ精度悪くて嫌だ。それにタッチパネルで文字を入力するのが嫌いなのだ。フリック入力にもしているのだが、あの一瞬の「待ち」を待てないのだ。文字を入力するにはやはりボタンがいい。

そういうふうに考えると、実はいま使っている841SHというガラケーはなかなかいいのだ。TVもGPSも無線LANもないけれども本当はこれだけでいい。中古を2980円で買ったんだけど、結構気に入って使っているのだ。

でも、いろいろ見ていると、同じくシャープ製の944SHがなかなかいい感じで、841shにはないワンセグTVとか、GPSとかがついているあたり、ひょっとしてガラケーの最終型なのではないか、と思われたりして、なんとか手に入らんかな? と画策したり、ソフトバンクショップで上の表を書いて「この944shのバッテンをなんとかならんかね?」とか言ってみたりしてみたのだが、やはりなんともならんかった。しかも10月には「販売終了」になってしまったし。

などなど、主に貧乏性に起因する理由によって自縄自縛しているわけだが、その貧乏性を断ち切っていっそ新しい地平線を見てみようか、というのが次の候補である201Mだ。これは米国モトローラ製の新しいスマホで、なんと初めからテザリングが可能になっている。テザリングというのはケータイが無線LANのアクセスポイントになるという機能で、実は手持ちの別のケータイでこの機能を実現したいために銀SIMを持っていたい、という事もあったりするので、テザリングがあれば銀SIMじゃなくてもいいかな、とか思ったりもするわけだ。

そんなふうに201Mへ向けて密かに盛り上がっていたのだったが、お店で実際に触ってみたら、なんとなく覚めてしまった。なぜかというと、アンドロイド特有の「メニュー・ホーム・戻る」のキー順がなんだか受け入れられなかったのと、何よりもパケットし放題の契約を4Gのものに変えなくちゃいけない、というのが理由だ。4Gの契約になると、今よりも1,500円ほど高くなってしまう。

ソフトバンクの4GっていうのはつまりLTEなんだが、auほどには設備の整備が進んでいないはずで、孫社長は「auよりも性能がいいことを実証した」とおっしゃっていて、まぁ嘘じゃないんだろうけど、本気にするのはどうなんだろうなぁ?というところ。LTEへの移行は主に携帯電話会社の都合であって、利用者の多くがLTEに移行するとそんなに性能は出ないのではないかと思っているので、そういうものに毎月1,500円を払いたくないなぁ、と。
そんなふうに思いきれるのだったら、4GになってしまうiPhone5を避けてiPhone4Sという選択もある。でもアップルはいやだしなぁ。
というわけで、841Shを使い続けつつ、944Shを物色しているわけです。

| | コメント (3)

2012年11月 4日 (日)

美男美女に悩む

筒井康隆が朝日新聞の朝刊で「聖痕」という小説を連載している。主人公はその美貌ゆえに5歳の時に変質者によって性器を切り取られてしまったという男で、1968年頃の生まれということになっているから、おそらく40過ぎまでの人生を描くんじゃないかと思われる。

康隆の息子の伸輔という人が挿絵を描いているっていうか、抽象画なのであれは描いているっていうんだろうか? コンピュータでも使ってテキトーに作っている感じがしなくもないのだが、その伸輔が1968年生まれなので、時代背景などはその人生とダブらせているのかもしれない。

まぁ、そんな背景はいいのだが、小説の中にはやたらと美男美女が出てくるわけで、そもそも主人公が女性からだけでなく男性からも言い寄られる程の美男子という設定だから、それって一体どんなものなんだろうかと思ってしまう。

小説だから「輝くばかりの美少年」と書かれればもう想像するしかないわけだが、あいにくこちらの想像力には限りがありまして、「ははぁ、まぁそういうことにしとこうか」という風にしか受け止められない。現在で最高の美青年っていうと誰? 向井理? 清宮なんとか?

私のイメージでは、例えば100点満点の美男・美女というのがあるとして、120点くらいまでは想像というかイメージできなくはないのだけれども、150点とか180点、あるいは200点とか300点なんてのはもう人間の形をしていないんじゃないか、と思ったりするわけで。

Beauty人の美しさ、というのを私がイメージすると、こんな図になってしまう。青い楕円形は一般的な、あるいは好みみたいなもので、それに重なっている黄色い円は「個性的美人」というふうな判断基準を示している。

この円盤上にマップされる人は判断する人や国籍や時代によって円盤が回転するので、得点が浮動的になる。
そんなわけなので、人を見て「お、美しい」と思った時にも、私は常にこの円盤を考えてしまって、自分の好みなのか、普遍的な美しさなのか? と考えてしまう。

そもそも「普遍的な美しさ」なんてものがあるのか?と言う話もあるだろうけど、全部が円盤に乗っちゃうと、話として全然おもしろくないからね。
私が思うには円盤に乗らない青いエリアの上の方には女性で言うと歌手のYUIとか女優のミムラなんてのが来るんじゃないかと思うんだけど。

で、最近の若い人では蒔田彩珠(マキタ・アジュ)なんてひとがきっと美人になるだろうなぁ、とか思ったりしているわけです。

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »