« ジャズ作曲家に悩む | トップページ | 花粉症で(長年)悩む »

2013年3月16日 (土)

次期革新的デバイスで悩む

iPhoneがどんどん売れてAppleはホクホクだと思っていたが、Appleの株価は昨年末あたりからガックリ落ち込んだらしい。これはなぜかというと、「iPhoneに続くような革新的新製品をAppleは出し続けることができるのか?」という疑問がAppleの株主の間に広がったからだ。「今がピークだ。」と思った株主がApple株を売り抜けたのだろう。

それではいけないと思ったのか、「AppleがiWatchを発売する」という噂が年頭あたりから渦巻いている。Appleはこの件に関して沈黙を守っているが、Appleが「腕に巻き付けるデバイス」に関する特許を取得しているという事が公表されたことが裏付けとなって、今年中にiWatchが発売されることは規定事実のようになってしまっている。

私はiWatchに対して懐疑的である。まず、機能の問題(腕時計にどんな機能を盛り込むか)、入出力の問題(入力機能が貧弱だし、表示装置としてのスクリーンも小さい)、電池の問題(持続時間と充電の手間)などから実現性に疑問を持つのだ。

それよりも、同様のWearableDeviceとしてはNikeの「JawBone UP」に興味がある。これは腕に巻きつけて生活している間(睡眠中にも)に体の運動を測定し、蓄積したデータをiPhoneに取り込んで、運動量と睡眠量を基にした健康上のアドバイスを行うというものだ。睡眠中に眠りの深さを推定して、眠りが浅くなった所で起こしてくれるなんていう機能があって魅力的だ。デバイス自体は1万円くらいのものだが、Android用のアプリが延々開発中でなかなか出てこないので私は使えない。
Jawboneup

JawBoneUPの機能にも興味があるが、その生態系というか、つまり電池はどうする、通信はどうするといった部分にも大いに興味がある。逆に言うとそのあたりがこの装置の弱点であるとも言える。

で、このあたりの「生態系」なんてことを考えていくと、次の「革新的デバイス」が見えてくる、ような気がする。

それは「指輪」である。機能はともかくとして(え?)、デバイスのプラットフォームとしての「指輪」に注力すると、次の「革新的デバイス」を達成することができるかもしれない。

指輪には太陽電池を付けて(たぶん普通なら宝石が付くあたりに)、BlueToothで外部と通信する。表示装置はつけないが、超小型のバイブレータがつくといいなぁ。そして入力装置として小さなスイッチ、あるいは接触センサをひとつだけ持つ。

これらがちゃんと機能すれば、まずはJawBoneUPくらいの機能は持てる。さらに持って欲しい機能は個人認証だ。PCやスマホなどを使用していてLOGINなどの認証が必要となった時に、PCあるいはスマホからこの指輪へ認証許可を問い合わせる、利用者は指輪のスイッチを使ってあるパターンを入力して(モールス信号のようなイメージ)認証の許可を出し、PCあるいはは認証許可を受け取る。

イメージとしてはこんな感じだ。
Ringdevice

このデバイスにはBlueTooth経由でPCからLOGINし、アプリをインストールするなどして利用する。こんなのどうですかね?


|

« ジャズ作曲家に悩む | トップページ | 花粉症で(長年)悩む »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

指輪が嫌いな私みたいな人はどうするんでしょうか?。指輪程度の大きさのデバイスで太陽電池を主動力源として考えるとBlueTooth見たいな電波系のIOはしんどそうに思えますね。

投稿: ををつか(をたくな講師) | 2013年3月16日 (土) 22時12分

実は私も指輪が嫌いで、ずっとしてません。でも、ID/パスワードをいくつも覚えなくてもよくなるんだったら、指輪してもいいかな。

時計だと、「みんなと同じデザイン」はいやだけど、地味な指輪だったらみんなと同じでもいいかな、と。

それでも指輪がいやだったら、メガネかな? メガネはしょっちゅう外すと思うので、セキュリティ的にどうなんだろうか? Googlegrassにも応募してみたんだけど、どうなったかな?

投稿: Picks Clicks | 2013年3月17日 (日) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャズ作曲家に悩む | トップページ | 花粉症で(長年)悩む »