« グリーンフロートで悩む | トップページ | 自作用ジェット機キットに悩む »

2013年7月31日 (水)

似非オーディオマニアに悩む

「似非(えせ)オーディオマニア」とは私のことだ。オーディオに興味があるフリをしているが、実はどうでもいいと思っている。

学生の頃、オーディオはちょうど遊ぶのに手頃なテーマだったので、アンプを作ったり、スピーカを測定したりするのは楽しかったが、「いい音」なんてのは幻想だと思っていた。安いスピーカーを鳴らすのにアンプのほうで低音を無茶苦茶に持ち上げて、ベースが唸ると振動でスピーカーが歩くようなシステムだったこともあった。りっぱな真空管アンプのように見せかけて実はそれは見せかけだけで、実は裏でトランジスタアンプが働いているアンプで友人を煙にまいたりしていたのだった。

実は今でもそう思っている。音が悪くなるのはオーディオセットのせいだが、音がいいのならそれは音源がいいのだ。「オーディオによるいい音」なんてのは存在しない。オーディオは引き算することはあっても足し算は出来ないし、しちゃいけないのだ。

だから、スピーカーの周波数特性なんてフラットである必要はないと思う。スピーカーは周波数特性よりも効率を重視すればいいのだ。人間の耳は周囲の音響特性を補正するので、たとえラジオの5cmのスピーカーであっても歌っているのが誰であるかがわかる。

こと音楽に関して言えば、例えばベースの音が聞こえないというのは困るが、「まるでそこで演奏しているかのごとく」というふうなリアリティを求めてようとは全く思っていない。音楽はどうせ記号なので私は記号を聞いている。その記号の色加減というか味加減というか、そういうものを楽しむという趣味もあるんだろうが、私はそういうのにはあんまり興味が無い。

でも、ネットワーク越しに流れてきたライブ音源を聞いて、ギターの弦のメーカーを当てたりすることはできる(こともある)。これは980円のイヤフォン越しだったので、スピーカーだったらそこまではわからなかっただろう。音質と言うよりもS/Nつまり周辺雑音の問題だ。

だから、スピーカーケーブルを変えると音が変わるとか、電源をかえると、あるいは電源ケーブルを変えると音が変わるとか言っている人たちを見ると、ちょっと違うんではないかという気がする。それって本当に目隠しテストとかやってんの?

Bagspeaker 電源ケーブルを変える前と変えたあとの音を記憶しているというのもすごいと思うが、さらにはスピーカーシステムの中に紙風船を糸で吊るして「低音に締まりが」、「透き通るような高音」とか言っているのを見ると、これは神がかったある種の超能力なんじゃないかとさえ思う。そこまで行くんだったら、もう止めない。オーディオ道を極めてください。

|

« グリーンフロートで悩む | トップページ | 自作用ジェット機キットに悩む »

モノ作り」カテゴリの記事

コメント

「オーディオ道」ってのはまるで宗教ですね。XX派ってな派閥が有って教祖様(伝道師様?)がいて・・・,オーディオを弄ってると,ほんとちょっとの事で音が変わるので弄れば弄るほど深みに嵌まるのでしょうね。知り合いに「1人でやってるオーディオメーカー」がいますが,信者(ファン)が何人か居れば数百万円もするシステムしか商品が無くてもどうにかやって行けてるようで,「凄いもんだな〜」と感心しています。確かにそこのシステムの音は素晴らしいんだけど,一そろい500万円とか言われてもね,どうしようもないからね。

投稿: ををつか(をたくな講師) | 2013年8月 1日 (木) 08時09分

オーディオシステムに500万円払えるような人は、たぶん「音」を聞いても「音楽」を聴いていないんじゃないだろうかと思ったりします。

音楽を聴きたければ500万円を何か別のことに使うはずです。其の「別のこと」をすべてやり尽くしたあとでさらにオーディオに500万円つぎ込むのなら文句は言いませんが。

投稿: Picks Clicks | 2013年8月 1日 (木) 21時59分

そうなんですよね,オーディオにつぎ込む金で生のコンサートに行けって事ですよね。

おっしゃる通りオーディオって聞く為の道具の筈がもろ「玩物喪志」で手段と目的が取り違っちゃうんですよね。まあそこが面白いんですけどね。

カメラにしても今どきだとパソコンにしても道具の目的が希薄で手段であるはずの道具に傾倒しちゃうってのが面白いですよね。

投稿: ををつか(をたくな講師) | 2013年8月 1日 (木) 23時06分

まぁ、そういった本末転倒がヲタクの醍醐味であるわけですからね。

そういう意味でオーディオファン自身が「ヲタク」であることに気づかないのが不憫です。

投稿: PicksClicks | 2013年8月 2日 (金) 00時05分

昔、まだCDが出る前、会社で何かにつけてオーディオのうんちくを垂れるマニアがいたのですが、ある日、彼の家に行くことがあって、当然、自慢のオーディオをみせられたんですが、その横の棚にLPが20枚もあるかどうかというコレクションを見て、「あぁ、そういうもんなのか」と思いました。それ以来、オーディオマニアというのはそういうもんだと思っています。

下記リンクは赤松さんのBlogで、ちょっと視点は違うんですが、音作り自体がすでにスピーカーでなくてデジタルヘッドフォン(イヤフォン)を前提に作られているという時代みたいです。
http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20130722/archive

投稿: taki | 2013年8月 2日 (金) 00時11分

最近の音楽というのはミックスダウンの最終段階でコンプレスというのかな?ピークを抑えつつ全体の音圧を上げるということをもれなくやるんだそうで、つまり音量調整を非常に細かい時間間隔で行うようなことだと思うんですが、そういうのって静かな部屋でくつろいで聞くものではなくなっているのかもしれません。

投稿: Picks Clicks | 2013年8月 3日 (土) 05時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グリーンフロートで悩む | トップページ | 自作用ジェット機キットに悩む »