« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の7件の投稿

2013年8月28日 (水)

オープン・セブンで悩む

オープン・セブンは吉本の芸人さんたちが遊んでいるゲームらしい。私は「ざっくりハイタッチ」という土曜深夜の番組で知った。

1)トランプのカードを7枚用意する。1(エース)~7の7枚だ。これを一人でプレイする。
2)これをシャッフルして裏向けに並べる。
3)任意の一枚を選んで表に返す。そのカードの数をnとする。
4)並んでいる7枚のカードの、右からn枚目あるいは左からn枚目が表になっていなければそのカードを開く。右か左かを選ぶのはプレーヤである。
5)右からn枚目も左からn枚目もすでに開いていたら、プレーヤの負けである。
6)右から、あるいは左からn枚目のカードを開くことができたら、その数字をnとして4)へ戻る。
7)すべてのカードを開くことができたら、プレーヤの勝ち。
さて、このゲームでプレーヤが勝てる確率はいかほどであろうか?それにもうひとつ気になるのは、カードを裏向けにして7枚並べた時に、すでに勝負か決まっているのではないか、ということだ。つまりカードのすべての並び方に対して、はじめからプレーヤの負けが決まっている場合があるのではないか、ということだ。
解析的に理詰めで考えていけばきっと答えがわかるはずだとは思いつつ、どうも頭悪くてうまくまとまらない。なので、コンピュータで虱潰しに計算させてみた。計算自体は数秒で終わるが、そこまでのプログラムを作るのに1時間くらいかかって、まぁそれが楽しいわけなんで。
まず、7枚のカードを並べる組み合わせは7!で5040通りだ。これは常識っていうか、まぁ、あたりまえ。で、そのそれぞれの並びについて何通りの「解」があるかを考える。つまり今7枚のカードが裏向きになって並んでいる時に、プレーヤにはどれほどの可能性があるのか?ということだ。
並び方の数 「解」の数
96 52
384 39
1152 26
1920 13
1488 0

これがその計算結果で、つまり5040通りの並べ方のうち、1488通りはその時点で負けが確定している。一方で表で一番上の96通りの並べ方に入ると、52通りの解があって、これは詳しく見ていくと、最初のカードとして真ん中のカードを選ばなければ、必ず勝てる。

その96通りを列挙してみるとこんな具合だ。
Card Pattern 成功数 Card Pattern 成功数 Card Pattern 成功数
2 3 1 5 7 4 6 52 3 7 2 1 6 4 5 52 5 4 2 1 6 7 3 52
2 3 1 6 7 5 4 52 3 7 2 5 6 1 4 52 5 4 2 7 6 1 3 52
2 3 1 7 4 5 6 52 3 7 2 6 4 1 5 52 5 4 6 1 2 7 3 52
2 3 4 1 7 5 6 52 3 7 4 2 6 1 5 52 5 4 6 7 2 1 3 52
2 3 4 7 1 5 6 52 3 7 4 6 2 1 5 52 5 7 2 1 6 4 3 52
2 3 7 1 4 5 6 52 3 7 6 1 2 4 5 52 5 7 2 3 6 1 4 52
2 3 7 5 1 4 6 52 3 7 6 2 4 1 5 52 5 7 2 6 4 1 3 52
2 3 7 6 1 5 4 52 3 7 6 5 2 1 4 52 5 7 4 2 6 1 3 52
2 4 1 3 7 5 6 52 4 1 2 3 6 7 5 52 5 7 4 6 2 1 3 52
2 4 1 5 7 3 6 52 4 1 2 5 6 7 3 52 5 7 6 1 2 4 3 52
2 4 7 3 1 5 6 52 4 1 6 3 2 7 5 52 5 7 6 2 4 1 3 52
2 4 7 5 1 3 6 52 4 1 6 5 2 7 3 52 5 7 6 3 2 1 4 52
2 5 1 3 7 4 6 52 4 3 1 2 7 5 6 52 6 3 1 2 7 5 4 52
2 5 1 6 7 3 4 52 4 3 1 6 7 5 2 52 6 3 1 5 7 4 2 52
2 5 1 7 4 3 6 52 4 3 7 2 1 5 6 52 6 3 1 7 4 5 2 52
2 5 4 1 7 3 6 52 4 3 7 6 1 5 2 52 6 3 4 1 7 5 2 52
2 5 4 7 1 3 6 52 4 5 1 2 7 3 6 52 6 3 4 7 1 5 2 52
2 5 7 1 4 3 6 52 4 5 1 6 7 3 2 52 6 3 7 1 4 5 2 52
2 5 7 3 1 4 6 52 4 5 7 2 1 3 6 52 6 3 7 2 1 5 4 52
2 5 7 6 1 3 4 52 4 5 7 6 1 3 2 52 6 3 7 5 1 4 2 52
3 1 2 5 6 7 4 52 4 7 2 3 6 1 5 52 6 4 1 3 7 5 2 52
3 1 2 6 4 7 5 52 4 7 2 5 6 1 3 52 6 4 1 5 7 3 2 52
3 1 2 7 6 4 5 52 4 7 6 3 2 1 5 52 6 4 7 3 1 5 2 52
3 1 4 2 6 7 5 52 4 7 6 5 2 1 3 52 6 4 7 5 1 3 2 52
3 1 4 6 2 7 5 52 5 1 2 3 6 7 4 52 6 5 1 2 7 3 4 52
3 1 6 2 4 7 5 52 5 1 2 6 4 7 3 52 6 5 1 3 7 4 2 52
3 1 6 5 2 7 4 52 5 1 2 7 6 4 3 52 6 5 1 7 4 3 2 52
3 1 6 7 2 4 5 52 5 1 4 2 6 7 3 52 6 5 4 1 7 3 2 52
3 4 2 1 6 7 5 52 5 1 4 6 2 7 3 52 6 5 4 7 1 3 2 52
3 4 2 7 6 1 5 52 5 1 6 2 4 7 3 52 6 5 7 1 4 3 2 52
3 4 6 1 2 7 5 52 5 1 6 3 2 7 4 52 6 5 7 2 1 3 4 52
3 4 6 7 2 1 5 52 5 1 6 7 2 4 3 52 6 5 7 3 1 4 2 52

それぞれの「解」の数が、13の倍数になっていることにお気づきであろうか?これはおそらく開いたカードの値が「4」だった場合に、左右という選択肢が無いために選択肢の数が6×2+1ということになるんじゃないかと思う。

で、まぁいろいろと計算してみた結果、トータルでざっくり言うと、プレーヤーが勝てる割合は23%と出た。その根拠はめんどくさいから書かない。その代わりに、計算した結果のテキストファイルを圧縮して置いとこう。

「open7.zip」をダウンロード

翌日追記:
オープン・セブンに必勝法はあるだろうか? それは特にはない。ないが、最初に開くカードを真ん中にするのはやめたほうが良い。真ん中のカードから始めた場合の勝率は他のカードから始めた場合の半分にしかならないからだ。ざっくり言って、真ん中意外のカードから始めると勝率25%なのだが、真ん中から始めると勝率は12.5%になり、それでトータル勝率が23%になる、という感じ。

| | コメント (2)

2013年8月27日 (火)

グリーン・フロートに引き続き悩む

グリーン・フロートについて、そのエネルギー収支はどうなってるのかな? それに大量輸送手段がなくていいのかな? と思ったので、清水建設に問い合わせてみた。その回答をかいつまんでご紹介しよう。
まず、エネルギー源だが、宇宙太陽光発電(ssps)で100万KWを確保するのだそうで、これはおよそ原発1基分の発電量に相当する。それに対して電力消費量は、
居住系   3.5万KW,
産業用   5.0万W,
搬送系(ELV含)1.5万KW
合計     10万KW
ということで「余裕です」ということなのだが、ここで「この単位系は何?」と疑問を抱いたあなたは鋭い。私もそれが気になって「それって100万KWH/日ってことですか?」と聞いてみたのだが、その答えは「違います。これらの値はピーク電力です」ということであった。でも分類されたそれぞれの電力値は同時にピークになるとは限らないので、KWH/日とかの単位のほうが精度を上げやすいと思うのだが。
そして、SSPSである。SSPSはJAXA(日本宇宙開発機構)で開発されているもので、うまくいくと割安なエネルギー源になる可能性を持っているらしいのだが、その実用化されるのが2030年だという。これはグリーン・フロートの着工予定と何故か符合する。グリーン・フロートはSSPS待ちなのか? その点を清水建設に尋ねてみたが、その点に関する回答はなかった。
SSPSは要するに宇宙空間に太陽光を受ける大きな鏡なり反射鏡なりを設置して生成した電力をマイクロ波やレーザーで地上の受容局へ送るというものだ。
JAXAの計画では、太陽光を電力に変換することなく直接レーザー励起に使用することによって太陽エネルギーを高効率にレーザーへ変換するということになっている。でもそのレーザーが近赤外線だというのだなぁ。
近赤外線ということはつまり、少なくとも人間の目には見えないということだ。飛行機がうっかりそのレーザービームを横切ったりすると、大惨事になるんじゃないだろうか。旅客機などの航路は当然そのエリアを避けるだろうが、鳥なんかはそんなこと知ったこっちゃないのでばんばん焼き鳥になったりするんじゃないだろうか。
SSPSでは受容局から「ここに送ってくれ」というレーザーを出しているので、飛行機や鳥によってそれが遮られたらレーザービームを止めたりできるんだろうか? 太陽光で励起しているレーザーをそんなに簡単に出したり止めたりできるのか? 「各セルに一基ずつ原子力発電所を設置します」と言いたいんだろけど、今の御時世ではそうも言えないだろうし。
もうひとつ気になった大量輸送手段として私はロープウエイを提案してみたのだが、「鉄道やロープウェイ等の軌道を介する手段は、想定順位は低いと考えています。」という回答。え?ロープウエイは「軌道」なのか? じゃぁ、ロケットでも飛ばすか? それとも潜水艦でも走らせるか?
じゃぁこういうのはどうだろう。鎖鎌(くさりがま)ってあるじゃないですか、あれで戦うときになぜか鎌の反対側についている分銅をぶんぶん振り回すわけですが、あんな感じでタワーからゴンドラをぶんぶん振り回して、隣のタワーからもゴンドラが逆方向に回転していて、その位置と高さがぴったり合った瞬間に二つのゴンドラの中身を交換する。図を描こうかと思ったがここんとこあんまり時間がなくて割愛。
ちょっと計算してみると、500km/hくらいの速度でぶん回すことになりそうなのだが、これでうまく交換できるかなぁ?

| | コメント (4)

2013年8月11日 (日)

プリンタの紙送りで悩む

うちのプリンタはオールインワンとか呼ばれている安いもので、スキャナとプリンタが一体になていて、PCの電源が入っていなくてもカラーコピー機として動作する。値段は安いが、プリンタの売り上げよりもインクの売り上げで利益をあげようという戦略の商品だ。実際、気がつけばプリンタ価格の倍以上のお金をインク代につぎ込んでいる。

そんなプリンタを便利に使っていたのだが、さすがに5年ほども使っていると具合の悪いことも出てくる。一番困ったのは紙送りがうまく行かなくなったことだ。まずハガキの紙送りが滑るようになり、手を添えてやらないとスムーズに連続印刷できなくなって、ついには手を添えてもハガキを取り込まなくなった。これが昨年末の話。
そのうちに症状が進んで、ついにはA4普通紙も取り込めなくなった。おそらく紙送りローラーのゴムが酸化して硬くなり、摩擦が少なくなったのだろう。サンドペーパーでローラー表面を荒らしてやらないといけないかな、と思っていた。

で、ひょっとして同じ悩みを持っている人がいるのではないかと、ここで初めてWEB検索してみると、メーカーのサイトにその対策が書かれていた。それによると、原因はローラーの酸化ではなくて、細かい紙ゴミがローラーの目を詰まらせることなのだという。それを取り除くには固く絞った布(繊維カスが出ないもの)で「横に拭く」ということだ。

その、「線維カスがでない」というところにちょっと自信がなかったので、まずは消しゴムで後部ローラーをゴシゴシやってみた。そうすると、少しは良くなったがまだ劇的改善とはいえない。ここはやはりメーカーサイトの言う「難しい前面ローラーの清掃」をやらないとダメか?

Roller
写真で手前に見えるのが後面ローラー、真ん中ちょっと下に奥へ引っ込んで見えるのが前面ローラーだ。この写真は棒の先に着けた消しゴムで横に擦った直後なので消しゴムのカスがまだ付いている。これは撮影後に小型掃除機で吸い取った。

で、まだ前面ローラー清掃後のプリント実験をやっていないのだが、その報告はまた後ほど。

| | コメント (1)

2013年8月 4日 (日)

突っ込み思案で悩む

宮崎監督のアニメ「風立ちぬ」が評判だが、実は私も封切りの次の日に見に行ってきた。

ゼロ戦の開発話はもう何通りも見たり聞いたりしているし、ゼロ戦の隠されたエース坂井三郎氏の著作も何冊か読んだ。「左ひねりこみ」を解説した本も買ったし、ナチスドイツがゼロ戦を生産することを計画したが、設計図を見て「こりゃだめだ」とか言ったとか言わなかったとかいう話も聞いている。

だから、ゼロ戦設計者の堀越二郎という名前はしっかり私の頭に刻まれていた。でも、それが宮崎アニメとなかなか結びつかなかったのだ。

映画の感想というと、男の子向けには飛行機の話、女の子向けにはラブストーリーが用意されていて、両方楽しめるひとはそれでよし、どちらかに興味なくても大丈夫、ってところだろう。って書くと冷たいようだが、でも悪く言うつまりはまったくなくて、穏やかないい映画だと思う。ことさらにあれがよかった、これがよかったというのが無いっていうか、そんなものは無くてもいいんじゃないの?っていう感じ。

宮崎アニメの手にかかると、なんでも宮崎風になってしまう。ドイツ製の巨人機もその機首部分がアップになるとナウシカで見たような「顔」になるから不思議だ。この件については数年前からBLOGのネタとして暖めているので近いうちに何とかまとめたい。

Windrising

で、この作品が「堀越二郎、堀辰雄」へのリスペクトを掲げているのだが、そのあたりが実はよくわからなくて。堀越二郎はもちろんわかるのだが、堀辰雄?作家?

堀辰雄は「風立ちぬ」という小説を書いた人だ。アニメ「風立ちぬ」はそのラブストーリー部分が堀辰雄の「風立ちぬ」に依存しているらしい。私は読んでいないのでわからないのだけれども。

ところが堀辰雄の「風立ちぬ」はその主人公が節子というのだそうだ、ところがアニメ「風立ちぬ」ではヒロインが菜穂子になっている。このあたりの考察はこちらを読んでしまったのでその影響を受けていて、でもこの人の書くものは深読みしすぎのような気がする。「軽くネタばれ」とかいっているがそんなことは全然無いと思う。

で、だ。ここからが突っ込み思案になる。

宮崎監督が飛行機好きだということは前から知っていた。だが、このアニメには同じ飛行機好きとして見過ごせない部分が二箇所あるのだ。

ひとつはTVで流れている予告編にも現れている紙飛行機のきりもみで、どんな風が吹こうとも、紙飛行機があんなふうに胴体を中心としてくるくる回るなんてことはありえない。

もうひとつは尾輪式の飛行機が離陸するときに、まだ尾輪が地面についているうちに昇降舵を上げて、それによって機体尾部が上がるというシーンが何度かでてくることだ。

どちらもちょっと飛行機のことを知っていればチェックできるはずのことなのだが、誰も「それおかしくないですか?」と言えなかったのだろうか? それとも私が大間違いしているのか?

いい映画だと思うのだったらこういうところには目をつぶれればいいのだが、私の突っ込み思案がどうにもそれを許さないのだなぁ。


| | コメント (9)

奇妙な人形アニメに悩む

TSUTAYAがひさびさに旧作100円キャンペーンをやっているので4枚ほど借りてみた。例によってとりとめなく選んだDVDだったが、パッケージの脱力感で選んだ「9番目の奇妙な人形」というのが面白かったのでご紹介。

91

こういう感じのCGアニメなんだが、全体的にヤレ感というのかほこりっぽい画像で、上の画像の人形の表面の麻布っぽいテクスチャがなかなかにリアルなのが印象的だった。捨てられた紙切れが風になびいたりする様子はCGの計算のために流体力学のシミュレーションも行って作成しているのだろう。

92

いまどきのCGは部分的に使われている限りはほとんど実写と変わらない品質になっているのだが、全面CGだとやはり何が違うのか実写でないことがわかってしまう。
CGの出来はともかく、この映画は2010年に日本でも公開されていたのだが、その時にはまったく知らなかった。製作者にティム・バートンが名前を連ねているので、普通なら気がつくはずなのだが、見逃していたようだ。DVDには当時のTVスポットや日本版予告編が収録されていて、それぞれに「ティム・バートンが贈る」とか大きく謳われていたのだったが。

実際のところ、ティム・バートンがこの映画に参加したのはせいぜい推薦したとか位なんじゃないかと思うが、端々にバートン好みなキャラクターとかエピソードが入っている。

もともとはシェーン・アッカーという人が作った11分の短編アニメがアカデミー賞にノミネートされて注目され、それを長編(80分)に作り直したのがこの映画なのだが、TSUTAYAのDVDにはよく見ると「チャイルド用」と書いてあったりする。草も木も花も出てこない世界で人形たちが「何か」と戦うというこのアニメ、私には大変面白かった

| | コメント (4)

始球式の企画に悩む

Youtubeで「世界のスポーツ面白動画」みたいなのを見ていたわけですよ。これはいろんなスポーツの面白動画をジャンル別にまとめたもので、ジャンルごとにタイトル画面があるんです。

で、「Base Ball」として表示された画面に使われていたのがほしのあきのこの写真だった。

Hoshinoaki

今年の5月に横浜スタジアムで行われた野球の試合での始球式らしいが、すばらしい写真だと思う。いやその、決していやらしい意味ではなくて(ちょっとはあるかも)。

企画の意図を120%理解した「事務所」が用意したのであろう衣装と、企画の意図を180%理解しているほしのあきのパフォーマンス、そしてこれまた企画の意図を300%理解しているカメラマンの計算し尽くされたアングルとシャッタータイミング。これらが見事に組み合わせられてこの写真ができた。

野球の技術的な点からみるとどうなのだかわからないが、この躍動感、半笑いではあるがそれなりに真剣さを感じさせる表情、指先にまで力が入っている感じ、そして全体として力みのない自然なポーズ、いや~すばらしい。

しかし、ひょっとして最初からこの写真を撮るための企画だった? 絵コンテまであったりして? それはそれですごいと思うが、きっとスタジオではこういう写真は撮れなかっただろうと思う。「チャンスは1回のみ、撮り直しなし!」という緊張感もあってこの写真ができたんだと思う。

| | コメント (3)

2013年8月 3日 (土)

自作用ジェット機キットに悩む

一人乗り用ジェット機を自作するためのキットが発売されるという話。

発売するのは米国ウィスコンシン州に本社のあるSonex Aircraft社 。発売されるのは2014年ということだが、最初の10機分についてはもう注文が確定しており、その価格は12万5千ドルというから千数百万円というところか。

Jetkit

翼長5.5m、総重量410kg、70リットルの燃料で巡航速度290km/h、航続距離は480kmだということだ

ジェットエンジンの推力は117ポンドというから50kg重くらいか。こんな小さなエンジンで飛んでしまうんだなぁ。きっと、騒音はひどいものだろうけど。

ジェットエンジンの動作原理は理解していたつもりだったが、これは意外に複雑で吸入した空気を排出するまでに圧縮比を30にまで上げてちゃんとカルノーサイクルを経ているのだということは知らなかった。

それにしても千数百万円かぁ。日本では免許とか機種認定とかいろいろと問題があるんだろうけど、こういうのに乗って死ぬなら本望だな。グライダースーツでもいいけど。

| | コメント (5)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »