« 奇妙な人形アニメに悩む | トップページ | プリンタの紙送りで悩む »

2013年8月 4日 (日)

突っ込み思案で悩む

宮崎監督のアニメ「風立ちぬ」が評判だが、実は私も封切りの次の日に見に行ってきた。

ゼロ戦の開発話はもう何通りも見たり聞いたりしているし、ゼロ戦の隠されたエース坂井三郎氏の著作も何冊か読んだ。「左ひねりこみ」を解説した本も買ったし、ナチスドイツがゼロ戦を生産することを計画したが、設計図を見て「こりゃだめだ」とか言ったとか言わなかったとかいう話も聞いている。

だから、ゼロ戦設計者の堀越二郎という名前はしっかり私の頭に刻まれていた。でも、それが宮崎アニメとなかなか結びつかなかったのだ。

映画の感想というと、男の子向けには飛行機の話、女の子向けにはラブストーリーが用意されていて、両方楽しめるひとはそれでよし、どちらかに興味なくても大丈夫、ってところだろう。って書くと冷たいようだが、でも悪く言うつまりはまったくなくて、穏やかないい映画だと思う。ことさらにあれがよかった、これがよかったというのが無いっていうか、そんなものは無くてもいいんじゃないの?っていう感じ。

宮崎アニメの手にかかると、なんでも宮崎風になってしまう。ドイツ製の巨人機もその機首部分がアップになるとナウシカで見たような「顔」になるから不思議だ。この件については数年前からBLOGのネタとして暖めているので近いうちに何とかまとめたい。

Windrising

で、この作品が「堀越二郎、堀辰雄」へのリスペクトを掲げているのだが、そのあたりが実はよくわからなくて。堀越二郎はもちろんわかるのだが、堀辰雄?作家?

堀辰雄は「風立ちぬ」という小説を書いた人だ。アニメ「風立ちぬ」はそのラブストーリー部分が堀辰雄の「風立ちぬ」に依存しているらしい。私は読んでいないのでわからないのだけれども。

ところが堀辰雄の「風立ちぬ」はその主人公が節子というのだそうだ、ところがアニメ「風立ちぬ」ではヒロインが菜穂子になっている。このあたりの考察はこちらを読んでしまったのでその影響を受けていて、でもこの人の書くものは深読みしすぎのような気がする。「軽くネタばれ」とかいっているがそんなことは全然無いと思う。

で、だ。ここからが突っ込み思案になる。

宮崎監督が飛行機好きだということは前から知っていた。だが、このアニメには同じ飛行機好きとして見過ごせない部分が二箇所あるのだ。

ひとつはTVで流れている予告編にも現れている紙飛行機のきりもみで、どんな風が吹こうとも、紙飛行機があんなふうに胴体を中心としてくるくる回るなんてことはありえない。

もうひとつは尾輪式の飛行機が離陸するときに、まだ尾輪が地面についているうちに昇降舵を上げて、それによって機体尾部が上がるというシーンが何度かでてくることだ。

どちらもちょっと飛行機のことを知っていればチェックできるはずのことなのだが、誰も「それおかしくないですか?」と言えなかったのだろうか? それとも私が大間違いしているのか?

いい映画だと思うのだったらこういうところには目をつぶれればいいのだが、私の突っ込み思案がどうにもそれを許さないのだなぁ。


|

« 奇妙な人形アニメに悩む | トップページ | プリンタの紙送りで悩む »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

蒸気機関車の弁の動き,飛行機の動き,計算尺の持ち方,ツッコミ所は満載であります。でもまあ,その辺はあまり気にしても仕方ないですね。飛行機の動翼の動きまではチェックしていなかったな,次見にいく時の楽しみが一つ増えました。

投稿: ををつか(をたくな講師) | 2013年8月 5日 (月) 07時25分

堀辰雄を知らない、っていうのも突っ込みどころだと思いますが、他の人にとっては。

投稿: Cello | 2013年8月 5日 (月) 10時25分

ネットをググったら尾輪式の離陸に関しての記事が見つかりました。
http://dansa.minim.ne.jp/AH-04-AU0022-Birinsiki.htm
この記事を書いてる大石氏は知りあいですので,メールでもして「風立ちぬ」の操舵に関して聞いて見たいと思います。大石氏は「飛行機操縦オタク」と言っても良く,飛行機の操縦のチャンスがあれば何処にでも出かけると言った人士です。

投稿: ををつか(をたくな講師) | 2013年8月 5日 (月) 13時22分

celloさん、

どうもそのあたりは苦手でしてね。

ををつかさん、

飛行機に乗ったらエルロンの動きを見たりしませんか? 実際に飛行機を操縦したことがある人なら、きっとあの不自然さに気づくと思います。

横風を受けながらの離陸で、尾輪が浮いたとたんにラダーを逆転するというところで混乱しています。横風を受けながらクラブで着陸するのと同じことなんだろうと思うのですが、いまひとつ腑に落ちません。

投稿: Picks Clicks | 2013年8月 5日 (月) 22時39分

旅客機に乗った時に動翼の動きを見るのは楽しみの一つですけど・・・・・,映画の中ではねあまり意識しないな。同じ宮崎アニメで「紅の豚」ではエルロンとラダーの逆操作をする所を意識的に描写していますけどね。尾輪式機体の離陸時には,プロペラ後流により自然と尾部が持ち上がるのを待つ機体と意識的に操縦桿を前に押し尾部が早く上がるようにする機体が有るようですね。その辺は機体特性によって違うようです。

投稿: ををつか(をたくな講師) | 2013年8月 6日 (火) 08時39分

 エンジニアこそ、そういう教養は必要でございます。
 母校もリベラルアーツをちゃんと教えよう、
 って意気込んでいますが、まさにその通りでは無いか
と。

投稿: Cello | 2013年8月10日 (土) 01時24分

こんにちわ。

「風立ちぬ」「昇降舵」でググったら、こちらにたどり着きました。
私も、おや?、と思った所です。実はフライとシミュレーションをやってましてね、あれじゃ飛ばないよ!と思ったのです。でもな、飛行機オタクの宮崎さんがそんな見落としするか?と思って、見間違いじゃないかと自分の方を疑ってたのです。

飛行機の正しい飛ばせ方は以下のような感じではないかと思います。

1、エンジン始動から回転数を上げるまで。エレベーターは上げ舵。ブレーキは踏んでおく。プロペラ後流のため?。
2、フルスロットルで回転数が最大になった時に、ブレーキ解除。この時下げ舵。
  空気抵抗の最も少ない水平位の状態に出来るだけ早くさせるため。
3、機体が水平になったら、昇降舵はニュートラル。(上げ舵では離陸速度に達しない)
4、離陸速度に達したら、離陸速度を維持、さらに加速するのを妨げないように昇降舵を少し上げてピッチアップ。上昇。

詳しくはこちらで。
http://8131.teacup.com/xplanejapan/bbs/6557

投稿: xjii8823 | 2013年8月14日 (水) 11時33分

尾輪式の機体で離陸する場合、最悪の事態は機首を地面に打ち付けてしまうということだと思います。それを避けるために、いざ滑走開始という時まで(つまりタキシング中)はエレベーターアップ、滑走を始めてもニュートラルまでは戻してもダウンにはまずしないはずだと思っていたので、「風立ちぬ」の離陸風景には違和感を感じました。

ところで私もMS-FS4のころからのフライトシミュレータファンです。FS4のころはPCを2台シリアルケーブルでつないで一人編隊(変態ではない)飛行なんかをして楽しんでおりました。

今ではGoogle Earthで遊覧飛行を楽しんでおります。

http://picksclicks.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-2b68.html

あ、そういえばX-Plane9も無料版ですが7インチタブレットで遊んでいます。

投稿: Picks Clicks | 2013年8月14日 (水) 19時18分

先週TVで放映され「風立ちぬ」を初めて見ましたが、離陸シーンに違和感を覚え「風立ちぬ&離陸」でググってこちらに辿り着きました。
滑走中に上げ舵(それも一杯)なのに機首が下がって水平になるのがどうにも違和感で…。尾輪式の機体は舵中立か少し下げ舵で滑走し、速度がついて尾部が持ち上がり姿勢が水平になって来たら機速を稼いで軽く機首上げで離陸というのがセオリーだったかと。
夢の中で翼の上を歩くシーンでも、エルロンが大きく動き過ぎていて、そんなに振ったら激しくロールして振り落とされるんじゃ…と心配になってみたり。
まぁ、そういう映画ではないのかも知れませんが…。
でも、その割には沈頭鋲や平山技師の辺りは妙に詳しかったりするし…。

投稿: 二郎の後輩 | 2015年2月25日 (水) 19時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奇妙な人形アニメに悩む | トップページ | プリンタの紙送りで悩む »