« Nokiaの迷走に悩む | トップページ | PCの世代交代で悩む »

2013年9月22日 (日)

日本製ハリウッド映画に悩む

つまり「許されざる者」という映画で、ハリウッド映画を日本でリメイクした、と。

Nabeken 日本版はまだ見ていないけれども、随分評判になっているっていうか、制作側の宣伝がすごいのか、実際のところどうなのか今ひとつわからない。でも制作側が力を入れているのは配役を見ても分る。渡辺謙、佐藤浩市というところもいいけれども、脇を固める柄本とか小池栄子とか。

小池栄子っていい役をもらっているのか、それともやはりなにかいいものを持っているからいい役が来るのか、「八日目の蝉」とか「パーマ屋」とかなかなかの存在感だと思うのだが、賞とか意外にもらってないよね?

まぁ、そんなわけで、見に行ってみようかとは思っているのだが、その前に元のハリウッド映画も見ておかないとなぁ、と思っていたのだ。そしたらTVで放映されるらしいというので録画して拝見した。

Eastwood クリント・イーストウッド、ジーン・ハックマン、モーガン・フリーマンという大物を揃えたこの1992年の映画は第65回アカデミー賞に輝いている。のだが、この映画を見たところでは、え~?悪くはないけれども、アカデミー賞ッて言うほどのものなのか? という感じ。「誰が誰を許せないのか」というところが見ものなんだろうけど、なんといってもあの終わり方がね。

そういう意味で、日本版はその辺りをどう料理するのか興味深いところ。なんでもクリント・イーストウッドが日本版を見て絶賛したという話もあるのだが、「ん~、いいじゃない?」くらいのコメントでも「絶賛!」ということになっちゃうので、実際にどうコメントをしたのかを聞かないとなんとも言えないな。

というか、まず日本版を見ないとね。

|

« Nokiaの迷走に悩む | トップページ | PCの世代交代で悩む »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

なんで行替え記号が表に?

投稿: ををつか | 2013年9月22日 (日) 17時58分

うむ、貼り付けるところを間違えた。

このBlogは直接記入すると改行の管理が難しくて、要するにWYSWYGになっていなくて。なので、オフラインでHTML編集したものをHTML入力フォームで投入するんですが、久しぶりなもんで間違えてしまった。

さっき帰ってきてやっと気が付きました。

投稿: PicksClicks | 2013年9月22日 (日) 18時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Nokiaの迷走に悩む | トップページ | PCの世代交代で悩む »