« コーヒー豆で悩む | トップページ | LED電飾で悩む »

2013年12月15日 (日)

「俺達のNo1」で悩む

「俺達のNo1」というのはTV番組「ロンドンハーツ」の企画で、芸人たちが集まって女性タレントたちのNo1を決めようというものだ。過去の結果は、

初代No.1(2008年第1回) 永作博美
2代No.1(2010年第2回) 上戸 彩
3代No.1(2011年第3回) 石原さとみ
4代No.1(2012年第4回) 長澤まさみ
となっていて、はぁそうですか、というところだが、第一回目をたまたま見ていてその決め方に興味があった。決め方が面白かったのと、その結果が永作博美というのもなかなかいいところ突いてくるなぁと思って。

その決め方だが、参加する芸人たちがそれぞれ好きな女性を挙げていって、そのポイントを集計する。ポイントの少ない女性から順に候補から外して行き、外された女性を押していた参加者はそのポイントを残った候補者に再投票する。

言い換えると、参加者たちはそれぞれ5ポイントを持っていて、それを候補者に与えるわけだが、その候補者が上位へと絞られるたびに再投票を行うということだ。

面白い方法だとは思ったのだが、石原さとみの時にチラ見していたら、最初の投票でもともと石原さとみがトップだったので、結局当初の得票を追認するだけのシステムなのかな、と思ったりしていて、それを検証してみたいと思っていた。

今回はたまたま録画していたので、それを早送りして参加者の誰が誰に投票していたのかをチェックしつつ記録してみた。最初と最後の投票は全て公開されていたのだが、途中の投票行動が公開されないので、結果だけをここに公開する。表の幅が大きいので、うまく表示できないかもしれない。

初期
得票数
Round1
Round2
Round3
Round4
Semi Final
Final
有村架純
6
有村架純
能年玲奈
6
能年玲奈
綾瀬はるか
5
綾瀬はるか
北川景子
4
北川景子
武井咲
4
武井咲
堀北真希
4
堀北真希
新垣結衣
3
新垣結衣
ローラ
3
ローラ
香里奈
2
香里奈
川口春奈
2
川口春奈
剛力彩芽
2
剛力彩芽
滝川クリステル
2
滝川クリステル
本田翼
2
本田翼
松井愛莉
2
松井愛莉
満島ひかり
2
満島ひかり
本仮屋ユイカ
2
本仮屋ユイカ
優香
2
優香
麻生久美子
1
新井恵理那
1
新川優愛
1
1
井上真央
1
榮倉奈々
1
加藤あい
1
夏帆
1
菅野美穂
1
吉瀬美智子
1
桐谷美玲
1
クロエ・モレッツ
1
小泉今日子
1
小島瑠璃子
1
佐々木希
1
重盛さと美
1
篠崎愛
1
鈴木ちなみ
1
平愛梨
1
竹内結子
1
竹内由恵
1
田中理恵
1
壇蜜
1
戸田菜穂
1
トリンドル玲奈
1
長澤まさみ
1
西内まりや
1
長谷川京子
1
原田知世
1
日南響子
1
ビビアン・スー
1
ベッキー
1
ホラン千秋
1
ホラン千秋
真木よう子
1
松下奈緒
1
水原希子
1
宮崎あおい
1
宮崎美子
1
森崎友紀
1
山岸舞彩
1
山本NMB
1
吉澤ひとみ
1
吉高由里子
1
米倉涼子
1
ヨンア
1
ラブリ
1
ローラ・チャン
1
山本梓
1

結局、綾瀬はるかが今年の「No1」になったわけだが、初期得票数から考えると順当といえば順当だが、初期得票トップだった能年、有村がRound4までで脱落するのを尻目に綾瀬が最後まで残ったのはさすがの底力なのだろう。

一方、初期得票はすくないもののセミファイナルまでのこった優香、というか、優香をここまで残すことができたこのシステム、というのは興味深い。

どういうわけか、ホラン千秋というひとがRound1に残っているのだが、私のカウントではこのひとは残らないはずだった。もう一度録画を見ることはしたくないので確認しないが、各参加者の投票数を計算しても矛盾はない(ポン村上の追加投票も含めて)ので不思議だ。

というわけで、なんだかよくわからないのだが面白そうということで、この企画はまた引き続き注目していきたい。

|

« コーヒー豆で悩む | トップページ | LED電飾で悩む »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コーヒー豆で悩む | トップページ | LED電飾で悩む »