« 逆パーティ効果に悩む | トップページ | トニイホロヘハで悩む »

2013年12月30日 (月)

プリンタで悩む

HP製のプリンタを使っていたのだが、数年前からはがき印刷がどうもうまくいかなくなってきていた。はがき用紙は厚い上にサイズか小さく、プリンタ内でのとり回しが難しい。2年ほど前からはプリンタが自力ではがき用紙を取り込むことができず、手で微妙な力加減で押し込んでやることでなんとか年賀状印刷をこなしてきた。

ところが昨年はついにだめということで、このときにはさるところよりプリンタをお借りして、その場をしのいだのだった。

今年はいよいよだめか? というと、プリンタの紙送りを行うゴムローラーを紙やすりで磨くことによって酸化して硬くなったゴムの表面の紙への食いつきをよくしてなんとかしのごうという腹であった。

ゴムローラーを磨いたことによって、確かに紙送りはよくなった。テストに使った古はがきにはちゃんと印刷ができた。しかし、かってきた年賀状はどうやっても取り込むことができなかった。万事休すである。仕方がない、プリンタを買い換えるか。

Psc1210c02891147 考えてみると、このプリンタはもう10年以上、ひょっとしたら干支の一回りくらいは使ったかもしれない、HPのPSC1210というもので、スキャナがついていたことに感動してしかも値段が1万円だったか2万円だったか、とにかく予想よりも非常に安かったので、即決で買ってしまったのだった。

はがきに対するローラーの送り以外には特に不満がないので(A4の普通紙はちゃんと扱える)、勿体ないのだが、このまま行けば捨てることになるだろう。「使える」のだが「使わない」のだから仕方がない。もったいないなぁ。捨てるのいやだなぁ。


場所があれば例えばスキャナ専用機として余命をすごすという手もあるのだが、なにぶんにもスペースがないので、ここは断腸の思いで捨てるかハードオフ行きだな。そうだ新品のインクも買っていたのだった。もったいないなぁ。

で、そんな状況でプリンタ選びをしてみると、プリンタはさらに安くなっていて、両面印刷ができて無線LANもサポートしているものが8000円くらいで買えてしまう。

これはプリンタ本体よりもインクを売ることによって利潤を得ようとする作戦でもあるらしいが、なんといっても敷居が低いのはありがたい。

Hp5521c03221056これが今回買ったhp5521というプリンタ。無線LANなので、電波が届くところならどこに置いてもいいというのがいい。

両面印刷に加えて2in1などもできるので、例えば譜面4ページ分をA4一枚で(裏表も使って)持ち歩くことができる。これは本当にありがたい。

プリンタを買うと決断したのが昨日の朝で、朝9時過ぎにはヨドバシ・オンラインに注文を出し、夜には届いてしまった。早いなぁ。

早速セットアップするが、まずはPC側にソフトをインストールってことで、現在ウチで常時稼動している4台にインストールしたが、1台を除いてうまくいった。ってことはつまり一台にはまだインストールできないでいる。

だから、年賀状印刷はすでに済ませたのだが、一台にインストールできないというのが気に食わない。

インストールできない一台は最近仲間入りしたNECのMate18Rというものだ。他のPCには何の問題もなくインストールできたのに、こいつだけはインストール6段階のうちの1段階が終わったところで失敗し、詳細情報を表示させるとこんなダイアログを表示する。

Hp5521installerror
「ドライバパッケージが検出できません」ってなんだよ?それを今からインストールしようとしているんじゃないのか? CDROMのなかとか、ダウンロードしてきたアーカイブの中にないって言うのか? 他のPCは見つけているんだぞ?

仕方がないのでHPのサポートに電話してみた。いろいろ話してみたが、要するにわからないらしい。「調べて後で電話します」ということだったのだが、その電話も結局は「最小構成ドライバを試してください」というメッセージで、それってつまりは先に書いた6段階インストールの1段目のことなので、結局何の解決にもならないのであった。

この新顔のPCはまだそれほど重要な役割を担っていないので、プリンタが使えなくてもそれほど実害はないのだが、そういうのは気持ちが悪いので年末の休みを利用してまた電話してみようっと。

12月31日追記:

昨日HPのサポートに電話するつもりだったが、何かと忙しくて電話できなかった。まぁいいか。

それよりも年賀状印刷を終えてプリンタの機能を色々確かめてみたら、いろいろと面白い機能を持っていることがわかった。プリントしたい写真をメールでプリンタへ送れるとか、スキャンできるのは当たり前だが、それをメールで送り出せるとか。つまりこのプリンタはメールアドレスを持っているのだ。

さらにはWEBアクセスも出来て、折り紙とか塗り絵をダウンロード・印刷できたりもするようだ。他にもいろんな機能があって、それらの機能を操作するために2.5インチのカラー液晶が付いている。アンドロイドの縮小版みたいなのを搭載しているようだ。スマホやタブレットから遠隔操作もできるので、このプリンタでの最初の印刷はタブレットから送った写真だった。

面白いので前から機会があればなんとか電子化したいと思っていた絵をスキャンしてみた。スキャナは持っていたのだが、この絵がなかなか出てこなかったのだ。年末の整理をしていてたまたま発見したので早速スキャンしてみたわけ。

Tapiokaj
これはほんの一部の人達にしか受けないと思うのだが、「ロンピのジョー(ロングピースを常に吸っていたので)」と呼ばれた大学の一年先輩のT岡さんを2年下のF井くんが描いたもの。

特徴をうまく捉えているなぁと思って、大事に取っておいたものだ。今ではご本人のほうが変貌してしまっておられるのだが、この絵は往年の勢いを感じさせるものがあります。

|

« 逆パーティ効果に悩む | トップページ | トニイホロヘハで悩む »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

プリンタは悩ましいですね。

我が家の複合機ももう7年くらい使っていて,12月に
入ってからは,かすれが出たりして流石にもうダメか
と代替品の物色に掛かったのですが,一通りのメンテ
をしたら復活してくれたので,まだ暫く使う事になり
そうです。

なにせ仕事で大量に印刷するのでビジネス用途なんて
グレードのモノを買う事になります。


A4が印字出来るプリンタでは,ハガキ大の紙を
正常にフィード出来る機能は持っていないと判断し
我が家の年賀状はA4の紙に印字して後から4つに切ってハガキサイズにしています。

今使ってる機種は染料インクのモノですが,滲みとか
退色とか不満が有るので次に買うのは顔料インクタイプ
にしようと思っています,染料インクの方が写真は
奇麗にでるのですけどね。

投稿: ををつか | 2013年12月30日 (月) 08時34分

今でも使っているプリンタがHPの955Cというモデルで、コンパクトでいいんだけど、10年ぐらい前か年賀状を印刷しようとした時、フィードしなくなってしまいました。しかたがないので隣駅のYカメラまで行って、後ろフィードのCANON複合機を買ってなんとか間に合わせました。その後2,3年したところで、その複合機の電源が入らなくなり、Yカメラに持ち込んだら、修理はできないが、保証期間内なので新品の別モデルと交換するということで、それが送られてきました。それで今年、年賀状の文面印刷中に突然エラーになり、修理が必要なので持ちこめという。修理代金として1万円近くかかるというので、仕方なくネットで最新モデルを注文。翌日配達されたプリンタでようやく宛先も印字できました。故障したプリンタのエラーコードB200というのをネットで調べて見るとどうもヘッドがイカれたらしく、お湯で洗うと治ることがあるというので、やってみました。2度試みた結果は残念ながらダメ。
1.でかい本体を捨てるのが面倒。
2.モノクロ印字だけはできるというふうには縮退しないのか。
2.スキャナーとしてだけでも使えないのか。
3.年賀状印刷用にインクカートリッジの予備も買ってあったのに、新モデルでは使えないという。
実にエコじゃあないですね。

投稿: JazMys | 2013年12月30日 (月) 11時07分

そうか、フィードっていうんでしたね。

古い方のプリンタのフィードの仕掛けは簡単なようでなかなか複雑。どこかに用紙の先端を検知するセンサがあるはずなのだが、これがどこにあるのやらわからない。素直にフィードするかに見えてはがきを押し戻したりするので、なにをどう判断しているのやらわかりません。

ををつかさん、

>なにせ仕事で大量に印刷するのでビジネス用途なんて
>グレードのモノを買う事になります。

仕事の印刷なら職場でやらないと、消耗品とかバカにならないでしょうに。印刷センターみたいなのはないんですか?

Jazmysさん、

Canonは私も検討したのですが、やはりHPになってしまいました。無線LAN対応、両面印刷可能というあたりは同じような機能だったと思いますが、HPの価格が魅力的だったと思います。

完全無欠というわけではないので、オークションには出せませんから、エコにするにはやっぱりハードオフですかね。

投稿: PicksClicks | 2013年12月30日 (月) 18時40分

私の場合,講義資料を前日の遅くまで掛かって作り家でプリントアウト,それを仕事場に持って行きそこのコピー機で人数分のプリント,というパターンなんです。印刷データを仕事場に持ち込み,そこでプリントアウトと言う手もあるのですが,wordやExcelのデータですとレイアウトが崩れてしまい使い物にならない事がママ有ります。
PDF形式にして持って行けば良いのですが,office形式での提出を求められたりして(理不尽です)仕方なしってパターンですね。

投稿: ををつか | 2013年12月30日 (月) 19時36分

最近のOfficeって、WYSIWYGってなんだっけって言うぐらい印刷系がおかしいですね。デフォルトのプリンタの仕様でレイアウトが一意に決まるはずなのに、EXCELの表示とPDF化したものとが違っていたりする。

だから提出物はPDFにすべきなんですが、OFFICE形式での提出を求められているってことは修正とか再利用とか考えているのでしょうか。著作権なんかがどうなっているのか確認が必要だと思います。


投稿: PicksClicks | 2013年12月30日 (月) 23時00分

この絵は、確か一年下のベーシストF井君が描いたと記憶します。阪急六甲駅の近くの、何だったかな、合宿なんかもできたところでやったボサノヴァだけのコンサートのパンフでしたかね。よく保存してましたね。
N近さんは今も年賀状をやりとりしてますが、T岡さんはどうしてるのかなぁ。

投稿: taki | 2014年1月 1日 (水) 19時15分

ベーシストF井というのは同じ人物を指していると思うのですが、1年下だった? なんとなく2年下だと思っていました。ベースのT田(ボーカルのI佐とつきあっていた;去年だったか通りすがりのOB会でI佐さんには会いました)が1年下だと思ってて、F井くんはそのさらに1年下だったような気がしていますが、根拠はまったくありません。

「駅近くの合宿もできる…」ってそういえばそんなのがありましたね。ステージなんかもあってね。名前は全然思い出せないけど。ルナホールは芦屋だったしなぁ。なんだったかなぁ?

投稿: PicksClicks | 2014年1月 2日 (木) 07時51分

F井君は高校の一年後輩なんで、よく覚えています。K岩君と同期です。

たしかこのコンサートをみてI佐嬢が入部してきたんだと思います。T田君?は顔は覚えているけど名前が思い出せません、別に思い出さなくてもいいんですが、彼らは二年下だったと思います。I佐嬢についてはボサからジャズへの移籍の仕方が道義に反するやり方だったので、よくない印象が未だに拭えません、といって顔を合わせることもないんですが。

投稿: taki | 2014年1月 3日 (金) 02時10分

ハードオフに持って行ったら、「2003年の製品なので…」ということで50円でした。USBケーブルなんかつけるんじゃなかった。

投稿: PicksClicks | 2014年1月 4日 (土) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 逆パーティ効果に悩む | トップページ | トニイホロヘハで悩む »