« 複数PC使いで悩む | トップページ | 「俺達のNo1」で悩む »

2013年12月15日 (日)

コーヒー豆で悩む

コーヒー豆って、専門店に行かないと買えないものなのかね?

豆を挽いて粉にしたものはもちろん売っているのだが、豆は東急ストアにもマルエツにもなくて、コンビニも見てみたがないんだなぁ。マルエツなんて、無料で使えるコーヒーミルが置いてあるのに、豆は売っていないのだ。店員さんにも聞いてみたが、首を傾げつつ「ありませんねぇ?」と言うばかりだ。

コーヒーは好きでも嫌いでもなくて、レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの違いはわかるが、わかったところで対して幸せにはならないと思っている。面倒くさいレギュラーコーヒーをわざわざ淹れる価値はないと思っていた。

Coffeesいつもはこういうのを飲んでいる。これは手軽で便利だ。職場では上のカロリーハーフのを毎日一本飲んでいる。これは味がうすいというか、コーヒーの刺激感が足りないので、インスタントコーヒーをちょい足しして飲んでいる。

休日には真ん中のエスプレッソ・オレを飲む。これにもインスタントコーヒーを足したりする。インスタントコーヒーじゃなくて、焙煎したコーヒー豆を一粒ペンチみたいなもので潰して放り込んでやればコーヒーの刺激感がかなり増すんじゃないかと思うが、清潔感のあるペンチというものが見当たらないのでこれは妄想するにとどめる。

でも実は量として一番たくさん飲んでいるのは薄~いインスタントコーヒーだな。一体どのくらい薄くしたらコーヒをして認識できるだろうか?という事を考えて実験した結果からほぼ限界に近いほどの「薄いコーヒー」を飲んでいるのだ。知らない人が見ると紅茶を飲んでいるようにみえるかもしれない。あ、緑茶はもっと飲んでいるのだけれども。


しかし先週小耳に挟んだところによると、「一日に一杯以上ドリップ式のコーヒーを飲んでいると、肝臓機能が改善される」とかなんとか。これは聞き捨てならない。

私の肝臓には機能的に問題がある、とまでは行かないのだが、ひとつの弱点になっていて、命を失うとしたらおそらく肝臓関係だろうなぁと思っている。例えばお酒を全然飲まないのに「肝硬変のケがありますから、お酒を控えなさい」とか言われたりするのだ。お酒の楽しみを全く知らないというのに肝臓がやられてしまうなんて、それって不公平じゃないか。

肝臓のためになるなら、レギュラーコーヒーを飲んでもいいかな(ここですでにドリップコーヒーをレギュラーコーヒーに拡大解釈している)、とは思うが、なにぶんにもあれはめんどくさいぞ。カスが出るのも気に入らない。

実は昔、学生から社会人になりたての頃にコヒー豆をかじっていたことがあった。生じゃなくて焙煎したコーヒー豆を、そのまま口の中に入れてふやかして少し柔らかくなったあたりで噛み潰すのだ。噛みカスはそのまま飲み込んでしまう。なんでそんなことを始めたのかよく覚えていないが、なんとなく粋がっていたのだと思う。

だから今回もそんな風にしてみようかな、と思ったのだ。それで焙煎済みのコーヒー豆を探していたわけ。

結局、まだコーヒー豆は入手していないのだが、写真の一番下に写っているネスレのスティックコーヒーを買ってみた。だって「挽き豆コーヒー入り」って書いてあるんだものな。騙されたよ。

というわけで、普通のBLOGなら最初の一行だけで済むところを長々とお付き合いいただきました。

同日追記:
ふっふっふ。豆買ってきたよ。専門店だよ。豆がたくさん並んでいて、初めてパソコンを買うひとがパソコン売り場に行った時のように呆然としてしまった。

結果、深煎りのフレンチローストと、マイルドブレンドを100gずつ買った。それぞれ500円弱というところ。アマゾンだと2kg二千円というのもあったのだが、そんなに買ってどうするってことで、まぁ200gから始めてみますか、と。

100gっていうのがコーヒー豆で何粒になるのか聞きたかったが、さすがにそれは聞けなかった。

ということで、苦虫ならぬ苦豆を噛み潰したような顔で暮らしてみようかと思うわけです。

Beans

|

« 複数PC使いで悩む | トップページ | 「俺達のNo1」で悩む »

心と体」カテゴリの記事

コメント

若い頃,齧ったコーヒー豆が肝臓に悪さをしていたりして・・・・・

私も時々,齧ります。

投稿: ををつか | 2013年12月16日 (月) 07時30分

早速バリバリかじりましたよ。深煎りは苦いね。煎りが深いほどカフェインは少ないらしい。マイルドでも柔らかくはなくて、噛み心地が良いね。結構気に入った。

投稿: PicksClicks | 2013年12月16日 (月) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 複数PC使いで悩む | トップページ | 「俺達のNo1」で悩む »