« ライブの葉書をもらって悩む | トップページ | 電気カミソリで悩む »

2014年3月 9日 (日)

「大丈夫」で悩む

いつの頃からだろうか、「大丈夫です」という言葉が否定的に使われるようになってきた。

例えば「お友達から始めましょうっ!」「大丈夫です…。」「…。」とかいうやりとりとか。英語にすると「I'm all right without your help.」とか、「No, thank you.」という意味合いになるのかな?

どうもそんなふうな言葉使いが嫌いで、自分で「大丈夫」をそんなふうに使うことはないと思っていたのだが、先日コンビニで「レシートはご入用ですか?」と聞かれて不覚にも「大丈夫です。」と答えてしまった。

後ほど反省して、「結構です」でも丁寧すぎて変だし、結局「いりません」というややつっけんどんな言い方をややストレスを感じながら使うことにした。こう考えると、「大丈夫です」というのはかなりしっくり来るのだなぁ。

同じように違和感を感じている言葉使いに「~してもらっていいですか?」というのがある。丁寧にだが、こういうことを言われるときには断れない状況になっている。こういう問いかけに対して、残念ながら「嫌です」と言ったことはない。

こういう言葉使いが増えてきているように感じるのはどういうことなんだろうなぁ? 日本人がお互いに優しくなっているんだろうか? それとも逆に生活の中にいろいろな軋み(きしみ)ができる状況に対して潤滑油的な言葉使いが広がっているのだろうか?


言葉としての選択肢が増えるのはいいことだと思うけれども、なんだかその背景となっている状況というのが気になる今日この頃であります。

5月10日追記:

例えばこのショートコント(?)で使われている「大丈夫」はなかなかきつそうだ。

|

« ライブの葉書をもらって悩む | トップページ | 電気カミソリで悩む »

語学」カテゴリの記事

コメント

この「大丈夫」ってのは「レシートは貰わなくても経理処理出来るから大丈夫です」が省略されて大丈夫になってるって事ですよね,私も無意識のうちに使ってるかもしれないな,気をつけましょう。
私はコンビニのレジ前では言葉に出さずに手を振って済ませる場合が多いな。

投稿: ををつか | 2014年3月10日 (月) 08時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ライブの葉書をもらって悩む | トップページ | 電気カミソリで悩む »