« LEDフラッシュライトで悩む | トップページ | BBSの衰退に悩む »

2014年5月11日 (日)

花粉症への処方で悩む

去年の花粉症の季節に処方してもらった薬が調子良かった、というかよく効いたような気がしていたので、今年は早めに処方してもらうことにした。今年は2月の初めから4月いっぱいまで服用していたのだが、処方してもらった薬はこんなものだった。

Gralitineしかし、去年の薬ってこんなだったかなぁ? こういう薬は初めてだと思うんだがなぁ。

普通の錠剤のように見えるが、この写真のように裏のシートを剥がして、錠剤を押し出す。錠剤はまるで粉末を押し固めたようなテクスチャだ。口の中に入れると唾液ですぐに溶けてしまう。

この薬のおかげか、スギ花粉のシーズンは全く花粉を感じなかった。
しかし、ヒノキ花粉の季節になった当初、2日ほど鼻汁が出た。これは花粉のせいだったのか、軽く風邪を引いていたのだったか、よくはわからない。
来年もこの薬になるのか、それとも別の薬になるのか、さて?

|

« LEDフラッシュライトで悩む | トップページ | BBSの衰退に悩む »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LEDフラッシュライトで悩む | トップページ | BBSの衰退に悩む »