« 小さなフィギュアに悩む | トップページ | コミュニケーションの失敗に悩む »

2014年9月24日 (水)

超B級映画で悩む

「悩むくらいなら見るな」とおっしゃるのもごもっともながら、それでも怖いもの見たさでみてしまうのがB級映画。もうタイトルからしてB級の香りがしているのが「アイス・ジョーズ」。原題は「Avalanche Shark」という動物系パニックもの。つまり「雪サメ」。B級といっても、限りなくC級に近い。

ゲレンデでこんなの見たら、そりゃ腰抜かすわなぁ。

Koshinukasu

Nanao1 奈々緒みたいなお姉さんも、あまりに突然なアタックにリアクションが取れない。「あら、久しぶり!」なわけないだろっ!

体の体重移動に何の工夫もないので、サメをあとからCGで足したのがバレバレ。

Nanao2_2 でも、サメとしては情け容赦なく「パクッ!」

奈々緒は「ブッシャー!」(フナッシーふう)

Jacgie1_2 ゲレンデでジャクジーを楽しんでいるお姉さんも

Jacgie2_2 「ブッシャー!」

で、ジャクジーは血の海なのだが、あれれ?サメがジャクジーの底をぶち抜いたはずなのにお湯が漏れてないぞ。
Jacgie3

実はこの「雪サメ」、皆殺しにされたアメリカ先住民の恨みが形となって現れたという、オカルトっぽい代物なのであった。

Japanese
そこへふらりと現れたのがこの女性。英語はぜんぜんわからないが、「アリガト」、「サヨナラ」とか言うのでどうやら日本人という設定らしい。

でもこの人、日本人がどうとか言う前に、まずアジア人にも見えないんですけど。

で、ひょっとしてこの映画を見てやろうという方がいらっしゃるかも知れないので、結末は以下に白地に白い文字で書いておきます。

この日本人が「私スキー上手だから裏山へ行くの」と英語でしゃべって、ひとりで裏山へ行くのだが、そこでなにやら怪しいオブジェの壊れたものを発見する。で、「日本人としてはこういうのを見ると放っておけないよね~」とは特に言わないけれども、要するにこの人がそのオブジェを直してしまう。

つまりこれが実は雪サメを封印するための護符だったわけで、サメたちはこの護符によってまた封印されてしまう。

しかし、この結末にもかかわらず、映画の最後にはどうやら続編を作りたいがための仕掛けがあったりする(続編なんて、あるか~っ!)。

で、この擬似日本人を演じた女優さんはAmy Ninhというお名前だそうだが、この映画にしか出ていないので人種とか生まれとかはまったくわからない。

|

« 小さなフィギュアに悩む | トップページ | コミュニケーションの失敗に悩む »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

上映時間何分くらいですか? 作るだけあって黒字狙うんでしょうね!?

投稿: 楽 | 2014年9月25日 (木) 20時26分

パッケージには82分と書いてありますね。これは作る方としても120分までは耐えられなかったのでしょう。

投稿: PicksClicks | 2014年9月25日 (木) 20時33分

YouTubeで断片観ました。大資本のパラマウントが配給してるんですね。
うーん、悩むな〜。

投稿: 楽 | 2014年9月27日 (土) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さなフィギュアに悩む | トップページ | コミュニケーションの失敗に悩む »