« コミュニケーションの失敗に悩む | トップページ | 耳あてスポンジで悩む »

2014年9月27日 (土)

ハリウッド版忠臣蔵に悩む

スティーブン・ハンターという人が書いた「47番目の男(47th Samurai)」という小説を読んでいたので、この「47 RONIN」という映画の話を聞いたときにはてっきりこの小説が映画化されたのだと思った。ハンターはアメリカでもそこそこ有名なベストセラー作家だと思っていたからなのだが。

「47 RONIN」が日本で封切られたのは昨年の12月らしい。キアヌ・リーブス、真田広之、浅野忠信、菊地凛子、柴咲コウという日本でも人気のある俳優をそろえて、しかも忠臣蔵の季節にあわせたわりにはあまり評判にならなかったなぁ。

で、今回このDVDを借りてみて初めて「あ、ハンターのじゃないのか」と気がついたくらいで、予告編も見てなかったのか、それとも原作をここまでアレンジしたと思っていたのか、なにしろなぜかあまり興味を惹かれていなかったのだ。


で、実際に見てみると、う~ん、そうですか。忠臣蔵をハリウッドで作るとこうなりますか。

「アメリカ的なものを徹底的に排除した」と、上に紹介した特典映像では語られているけれども、「赤穂は赤、吉良は紫、将軍家は金色にしてわかりやすくした」「全部デザインして統一感を出した」、ってそれがアメリカ的なんでないですか?

日本人にとって忠臣蔵は、あの四十七士が苦難に耐えて仇討ちを果たすというところがキモだと思うのだが、この映画ではそのあたりがすっ飛ばされていて、むしろキアヌと柴崎のラブストーリーが中心になってしまっている。中心蔵か。

監督はそれよりも戦闘シーンを描きたかったようで、確かに力の入った映像なんだけれども、そういうのはどこにでもあるのでCG全盛の今時ではそれほど感銘を受けるものでもない。画像的にはきれいだったけど。

気の毒なことに菊池凛子がピッタリはまり役の魔女も、う~ん、こんなに強力な味方メンバーがいても勝てないんですか? とか、逆に片方だけにそういう魔力があるってのはフェアじゃないんじゃない? とか。ああ、ファンタジーだからそういうことは言っちゃいかんのですか。

だからまぁ、衣装も豪華だし戦闘シーンもよくできている。日本でヒットしなかったのはお気の毒でしたね。

それにつけても思うのは、見慣れたものと見慣れないもの、つまり日本人にとっての忠臣蔵と、ハリウッドから見た忠臣蔵との比較で、評価がこれほど違ってくるのは当然としても、そこにはある法則見たなものがありそうで興味深いな、と。


ところで、このBLOGのBLOGパーツとして「BLOG内検索」というのがあるのだが、これで「スティーブン・ハンター」を検索しても引っかかってこない。しかしGoogleで「お悩み手帳 スティーブン・ハンター」と検索すると発見することができる。これはなんだ?cocologがいけないのか? それともGoogleのサイト検索がタコなのか? 役に立たないBlog内検索ならはずしてしまおうか。

|

« コミュニケーションの失敗に悩む | トップページ | 耳あてスポンジで悩む »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コミュニケーションの失敗に悩む | トップページ | 耳あてスポンジで悩む »