« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月の14件の投稿

2015年8月30日 (日)

夏の珍味にまた悩む

ケータイ内で行方不明になって私のBlog更新を阻害した写真がこれだ。

Garigarinapoliガリガリ君リッチ「ナポリタン味」とかいうのをスーパーで見つけたので買ってみた。先々週あたりの暑くて暑くてたまらんかった頃の話だ。

私は普段ガリガリ君を食べない。ガリガリ君どころか、2、3年前に健康診断で管理栄養士さんに叱られてからアイスクリームはほとんど食べなくなっている(「全く」というわけではない)。

さっさと結論を言う。ガリガリ君「ナポリタン味」は不味い。変なあと味がある。

なにか入っているとは思ったが、あれがトマトゼリーだったのだな。それも別にいいとは思わなかった。

ガリガリ君が好きな人は是非試してほしい。ガリガリ君のことを嫌いになっても知らないけどね。

| | コメント (0)

ケータイの写真で悩む

要約:ケータイの写真格納でトラブったが、なんとか収まりそうではある。

このBlogは私のケータイに大きく依存している。一つには「Blogネタ」というメモで、面白くなりそうなネタをどんどん積み上げていっているものだ。これがなくなると、Blogを書く時間ができても「ええと、なんだっけな?何か書こうと思っていたのだが…」ということになってしまう。

もう一つはケータイで撮った写真で、ネタに書いていなくても写真で撮っておいたものをネタにBlogを書いたりする。逆に、書こうと思っていることでも写真が撮れないと書き始められないとか、書いたけれども公開できないとかいうことになってしまう。

そんな昨今、ケータイに異常が発生した。撮った写真はデジカメフォルダを開くと最新のものから表示されるのだが、撮った写真が表示されなくなってしまった。写真を撮ったのにその写真がどこに行ったのかわからないという、初めてケータイを使う年寄りみたいなことになっているのだ。

Dsc_0394
これがその画面で、最新の画像は8/11に撮ってすでに投稿に使用したものだが、その後にとった写真はこの画面に現れないのだ。

ところが、ここで↑キーを押すと、10数秒(実際に測ると15秒だった)後に新しい画面が現れて、その画面をさらに上へスクロールすると撮った写真が現れるのだ。これはまるで、別のフォルダに格納されたような感じである。

さらに調べてみると、先月あたりに撮った写真が大量になくなっている。掲載した写真ではSBSH0995.JPGという写真が最新ということになっているが、調べるとSBSH0983より古い写真がごっそりなくなっている。その前の一番新しい写真はSBSH0169で、番号でいうと0170~0982が消えてしまっている。

ちなみにSBSH0169は昨年の8/11に撮られた写真で、このちょうど1年間という時間差がなにかの原因かもしれない。

ところが、である、このケータイに搭載されているminiSDカードをPCに接続すると、亡くなったと思われていた写真がしっかりと表示されるのだ。なんだこれは?

miniSDカードをPCに接続した状態でチェックディスクを行ってみたが(デバイスを痛める可能性があるのでお勧めはしません)、異常は発見できないし、特に修正した様子もない。

本気で悩みつつ、一覧表を作ってみた。ケータイのPart1というのは、フォルダを開くだけで表示されるもの、Part2はそこから操作して10数秒経たないと表示されないもの。


PCで表示携帯電話で表示
SBSH0920.JPG
SBSH0921.JPG
SBSH0922.JPG
SBSH0923.JPG
SBSH0924.JPG
SBSH0925.JPG Part2
SBSH0926.JPG Part2
SBSH0927.JPG Part2
SBSH0931.JPG Part2
SBSH0932.JPG Part2
SBSH0941.JPG Part2
SBSH0942.JPG Part2
SBSH0944.JPG Part2
SBSH0945.JPG Part2
SBSH0946.JPG Part2
SBSH0947.JPG Part2
SBSH0948.JPG
SBSH0949.JPG
SBSH0950.JPG
SBSH0951.JPG
SBSH0952.JPG
SBSH0953.JPG
SBSH0954.JPG
SBSH0955.JPG
SBSH0956.JPG
SBSH0957.JPG
SBSH0958.JPG
SBSH0959.JPG
SBSH0960.JPG
SBSH0961.JPG
SBSH0962.JPG
SBSH0963.JPG
SBSH0964.JPG
SBSH0965.JPG
SBSH0966.JPG
SBSH0967.JPG
SBSH0968.JPG
SBSH0969.JPG
SBSH0970.JPG
SBSH0971.JPG
SBSH0972.JPG
SBSH0973.JPG
SBSH0974.JPG
SBSH0975.JPG
SBSH0976.JPG
SBSH0977.JPG
SBSH0978.JPG
SBSH0979.JPG
SBSH0980.JPG
SBSH0981.JPG
SBSH0982.JPG Part2
SBSH0983.JPG Part1
SBSH0984.JPG Part1
SBSH0988.JPG Part1
SBSH0989.JPG Part2
SBSH0990.JPG Part2
SBSH0991.JPG Part2
SBSH0992.JPG Part2
SBSH0993.JPG Part1
SBSH0994.JPG Part1
SBSH0995.JPG Part1
SBSH0996.JPG Part2
SBSH0997.JPG Part2
SBSH0998.JPG Part2
SBSH0999.JPG Part2
SBSH1000.JPG Part2
SBSH1001.JPG Part2
SBSH1002.JPG Part2
                     

Part1/2が入り交じっているのがわかる。これについては、そういえば思い当たることがあってもう絶対いらないなと思った写真を歯抜け風に削除したのだ。どうもこれが原因らしくて、その操作のためにケータイのファイルシステムがおかしくなってしまったのかもしれない。

さらにはこの投稿を書いている時に発見した「ちょうど1年の時差」だ。よくわからないが、撮影日時の新しいものから表示するように設定しているので、これをファイル名順とかすると表示されたりするのかもしれない。

よくわからないが、とりあえずPCで見える写真をPCで側へバックアップしたので、Blogネタとして欠損はないと言えるのだが、ケータイで最新の写真をみることができないのは、これはこれで困ったことである。

ひょっとして、ガラケーとしての想定利用年月を超えているのか? それはたまらんなぁ。

10月13日追記:

このケータイに使っていたmicroSDはSanDiskの製品だった。ふと思いついて東芝のmicroSDに交換してみようと思った。どちらもSharpの動作確認済みだが、東芝の高速microSDというのにも興味があったので。

ところが東芝のmicroSDは高い。ヨドバシでも16Gで2000円台だ。同時にスマホのmicroSDも32Gにしようと思ったが、こちらは4000円ほどする。実はこれをPC購入のポイントで何とかしようと思ったが、DELLからの直販で購入してしまったのでポイントはあてにできない。

しかしアマゾンで同じ商品を検索してみると、逆輸入ものなのか、16Gで600円台、32Gで1200円台だ。速攻でポチしてしまう。

結論から言うと、今使っているmicroSDから東芝のmicroSDへデータを移すと、問題は解消した。なぜだか移動した写真のフォルダが書き込み禁止になってしまって焦ったが、それはすぐに解消できたので、問題は全くなくなった。

ただ、1000枚以上の写真を入れてると、フォルダを開くのも時間がかかるので、ちょっと考える必要があるかも。

| | コメント (2)

2015年8月29日 (土)

嘘じゃないけど悩む

「ソフトバンクユーザーならTポイント3倍」

3baiza
これを読んだら「誰でも3倍」と思うんじゃないだろうか。
「ソフトバンクユーザーなら誰でもTポイント3倍」なら、これは嘘である。私はソフトバンクユーザーだがこの「3倍キャンペーン」は私に適用されない。でも「誰でも」とは書いてないのでこれは嘘ではない。ギリギリ嘘ではないが、ギリギリの誤解を与えるために考えぬかれたコピーである。

このキャンペーンはソフトバンクの4Gパケット定額契約ユーザーにのみ適用される。私は3Gの安いパケット定額契約なので適用されない。

私はソフトバンクにとって厄介なお荷物ユーザーなのだ。ソフトバンクにしてみれば早く4G機に機種変更して欲しいのだろうが、それをやると毎月2000円のアップになるので受け入れられない。4Gにしたのはソフトバンクが電波の利用効率を上げたいがためであり、そのコストを私が負担しなくてはならない理由はないと思うからだ。

一方、ウチのインターネット接続はKDDIで、これも悩みの種だ。携帯電話とネット接続を同じ会社にすれば割引があったりするのだが、私はKDDI(au)の端末が嫌いで、しかもソフトバンクのネット接続はどうも評判がよろしくない。いっそすべてNTTに、とか思ったりもするがこれも業腹だ。

話が横に逸れそうなのでもとに戻すと、なにしろ世の中が世知辛くなってきているので、美味しそうな話には気をつけましょうね、ということでひとつよろしく。

| | コメント (0)

2015年8月23日 (日)

日本の名前に悩む

ほとんどの日本の苗字が地理的な要素を持っている。これは明治維新の時だったか、おそらくは全国の戸籍を作成するために、それまで武家や公家にしか許されていなかった苗字が一般平民に許されるようになり、全国の村々で庄屋さんが「じゃぁお前は村の西だから村西だ。そっちのお前んトコは川口な。」というふうに決めていったのだろう。

そういうわけなので、たいていの名前はランドマーク的な部分を持っている。その部分に加えて相対的な位置関係を表す「上中下」「東西南北」「白発中(これは違う)」など、さらに概念的な文字「高、長」、「赤青黒」などが加わる。概念じゃないが、藤原家の関連家臣に許された「藤」の文字もこの扱いになるだろう。

ここで面白いのは、概念的な文字は2文字にはあまり来ないということで、もちろん例外はあるのだろうが、青山、青田はあっても山青、田青はまずない。図示してみるとこんな感じかな。

Jpanesenames

で、以上のようなことを鑑みて、日本人の名前を自動生成させてみた。下の名前についてもちょっと考えたことがあるのだが、面倒だしわりとどうでもいい気がするので書かない。また、日本中の苗字を網羅するのが目的ではないので「藤」という文字も敢えて外してある。

| | コメント (6)

古いCMの記憶で悩む

何故か先日から古いCM曲が頭からはなれない。もう覚えている人も少なくなっているのだろうが、フランス語で歌われる「Jun & Rope」のCMは一世を風靡したのではなかったか。

Youtubeで検索すればきっとあるだろうとは思っていたが、検索する前に確かめておきたいことがあった。以前にも書いたことがあるが、「聞き覚えた曲は絶対音感で覚えている」という話である。

音楽を音楽として捉えるのではなく「音として」記憶すると、音楽は記号化されることなくあるがままに記憶される。特にCM曲のように転調されて演奏されることがほぼない場合には、全く記号化されることなく記憶しているのではないか。つまり音楽をMIDI形式として捉えるのではなく、WAV形式で捉えるということだ。他にも例えば「まっるこ~め味噌!」とか「すぐ美味しい、凄く美味しい」なんていうCMも皆さんオリジナルキーで記憶しているのではないだろうか。

というわけで、私の記憶にあるこの曲の音をとってみた。キーはFmと出た。私はこの曲を演奏したこともないし譜面も全く見ていない。他のバージョンも知らないのでオリジナルキーのままで覚えていることが期待できる。

で、Youtubeにはやはりこの曲があって、結論を急ぐとキーは残念ながらEmだった。半音違いである。私の体の何処かが6%劣化したのだろうか。このCMの流れていたのが1973年だということだから、40年で半音差というのはまぁまぁなのではないだろうか。


半音とはいえ、違っていたのはなんだか悔しいので採譜してみた。2拍3連っぽいところもあるが、そのへんは割とざっくり記譜した。CMでは5小節以降を2回繰り返している。

Junrope

ついでに、昔気に入っていたJun&RopeのCMも掲載してみよう。私はこのシリーズのCMが大好きだったのだ。



| | コメント (0)

2015年8月16日 (日)

おバカTシャツで悩む

夏はTシャツを着て寝ている。寝汗をかくのでパジャマでは傷んでしょうがない。

なので、外出時には着ないTシャツというのがたくさんある。これは遊びどころだ。

過去には「オーストリアにカンガルーはいない」という、それこそオーストリアで買ったTシャツとか、最近では「東京スカイツリー」とか「神戸」とかのTシャツを愛用している。こういうあまりカッコよくはない(と世間では思っているらしい)ご当地Tシャツなんかは見かけるたびに買っている。

今年の夏にはよその子供が背中に「充電中」と書かれたTシャツを着ていて、ちょっと羨ましかった。それに西友で「餅ベーション」とかのダジャレ満載Tシャツが安く売られていて、これはその時に買っておけばよかったのだが、後日買い気満々で再度訪問してみると、つまらないのしかなくて残念だった。

実は前からほしいと思っているTシャツがあって、それは「CIA」とか「FBI]というものだ。そのままでは本物と間違われて射殺されるかもしれないので、「CIA日本支部」とか「FBIアジア」とかのナンセンスに逃げてみたりして。

と思ったら、アマゾンで売られていた(ただし在庫なし)。

Ciatshirt

うむ、これはかっこいいな。でも「アメリカ持ち込み不可!」と書いてある。やっぱりまずいのかな? 日本で「警視庁」と背中に書かれたTシャツを着たらやっぱりまずいんだろうか?

こういう危険な香りのするTシャツを着て新宿あたりを歩いてみたい気もするが、そこはやっぱりちょっと抑えて、ジョーク系に逃げておこうか。

そういう冗談系の文字Tシャツのサイトもあるのだが、それぞれいまひとつだなぁ。

私が作るとしたら「忘れようとして思い出せない」とか「優柔普段」とか「知らないよ」、「勝負は勝ち負けじゃない」、「明るい関西人」、「とんちんかんぷん」とかだろうか。

でも「CIA日本支部」あるいは「内閣情報調査室 横浜支部」っていうのもほしいなぁ。ダメか? 寝汗専用にしますから。




| | コメント (2)

擬似乱数の図示化で悩む

これは山手線の路線図ではない。大阪の環状線のほうが近いようにも思うが、そっちでもない。

ではどっちなのかというと、こっちだ。フォン・ノイマンの中間二乗法あるいは平方採中法と呼ばれるものだ。

図中の矢印は矢印根元の数値を二乗してその中間の二桁を取り出したものが矢印の先の数値になることを示している。ただし計算の結果出てきた「0」は「1」で置き換える。

例えば上の方にある49という数字を二乗すると「2401」なので真ん中の2桁を取り出すと「40」だが、0を1で置き換えるので41になる。

こうやって演算を繰り返していくと、最終的には真ん中の円のなかに飲み込まれてしまう。

あるいは右下にあるように24、57という別の銀河でくるくる回ることになる。

Neuman2   
先日の投稿で、この平方採中法が簡単にリミットサイクルに入ってしまうことを示したが、これを何とか図示したいと思うようになった。図示するための計算は案外簡単だったが、実際のこうやって二次元化するのは全くの手仕事で、結構悩みながらやることになった。VISIOでもあるともっと楽に、綺麗に出来たかもしれない。

作図した後に数が前部出揃っているのかチェックするのがまた一苦労だった、結局紙に印刷して1つずつ塗りつぶすという原始的な作業になった。

この図を見て思うのは、人生流転というか、違ったところに生を受けても結局は大きな流れに飲み込まれていくのかなぁ、とか、最終的には繰り返しになっていくあたりがなんとなく音楽に似ていなくもないなぁ、とか、電車の路線図に似ているのは、必ずしも偶然でもないのかもしれないなぁ、とか。

というわけで、なんとなく夏休みの宿題みたいに、最終的には手仕事になってしまったが、形になったことでなんとなく達成感を得たこの夏の思い出。

同日追記:

残念ながら、ループの中身の順番が違っていました。連想配列に依存して順不同だったのをいるのを忘れていました。ループの順番を補正するのは今はちょっとできないので、また後程修正します。

ループの中はこの順番にならないといけないのだった。
84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84

| | コメント (2)

2015年8月15日 (土)

リバイバル怪獣映画で悩む

マイケル・クライトンの原作を読んで、ジュラシック・パークの古い映画を再発見していたのは今年の5月~6月だったが、その時には最新の「ジュラシック・ワールド」がこの夏に封切りされることは知らなかった。

最新の恐竜話は、パークで飼われている恐竜が人間に嫉妬してしまって…、ってそれだと「ジェラシック・ワールド」じゃないか。

Jurassicdainasor さて、ダジャレが決まったところで、そのジュラシック・ワールドを見てきました。場所は桜木町のブルク13で、ここは音が大きいのが難点なんだが。

内容はまぁまぁ想像の付くような話で、椅子から飛び上がったのもほんの2回しかなかった。3回めは何とか我慢することができた。

私が見たのは2Dだったのだが、3Dだとあともう2、3回は飛び上がったかもしれない。

そういえば私が映画を見て初めて飛び上がったのはスピルバーグの出世作「ジョーズ」だったのだから、あれ以来私はスピルバーグにやられっぱなしってことなのかもしれない。

映画の内容にもスピルバーグ臭はたっぷりはいっていて、話を面白くするために馬鹿ガキと馬鹿女がいろいろと馬鹿なことをやってくれる。こういうのは作品の品位を下げると思うんだけどなぁ。

しかし思い出してみると、ジュラシック・パークの原作でもクライトンが馬鹿ガキを登場させていたのだった。

作品としては話の筋もとりあえず整っているし、何よりもCGの出来がすごいので、見てがっかりすることはないだろうと思う。

なお、話の中に「ジョン・ハモンド」という名前が何度も出てくるが、このひとは映画の中で元祖ジュラシック・パークを企画し、オーナーとなったひとで、原作では悪人として描かれるが、映画では途中で心を入れ替えて「動物は自然のままにすべし」と善人になってしまったというひとのことだ。映画の中では説明が足りていなかったように思うので、ここで解説しておく。

で、ついでに同じく桜木町ブルクでトム・クルーズの「ミッション・インポッシブル:ローグ・ネーション」を見てきた。こちらも毎度毎度の似たような安定感のある作品で、単純に比較するとハラハラドキドキ度でも恐竜映画よりはこちらのほうが上かもしれない。椅子から飛び上がりはしなかったけれども、馬鹿ガキがいないだけでも好感が持てる。

特筆すべきはバイクのチェイスシーンで、これは実にお尻がむず痒くなった。使われたバイクは赤い「Z」が見えたのでおそらくカワサキだと思う。トム・クルーズはトップ・ガン以来カワサキ好きだし。

でも、トム・クルーズも年取ったなぁ。役とはいえ、凡ミスも増えている。

| | コメント (2)

2015年8月10日 (月)

昭和の道具で悩む

Camerastandこれはなんと呼べばいいんだろう? カメラを支える三脚みたいなものなんだが、脚がないから無脚かな?

いつ買ったのかはさっぱり思い出せないが、やっぱり古き良き昭和のいつかだったんだろうなぁ。街のカメラ屋みたいなところで見つけたんだったと思う。

この写真では上にスマホホルダーが装着されていて、実はこれにスマホを取り付け、車のルームミラーに固定できないかと試してみたのだがうまく行かなかったのだった。

ま、そのダメだった話はいいとして、写真で右のちょっと下に見える緑の部分でベンチの背もたれとか公園の手すりだとかに締め付けてカメラを自分の好きな角度に固定する、というものなのだ。

で、緑の部分を締め上げるネジ(写真で下の部分)のところがなんだか怪しい感じになっていて、ここがどうなっているのかというと…

Screwinside
こんなふうに仕込みネジが隠されているんです。

これを何に使うのかというと、ベンチとか手すりとかがないときにこのネジを樹の枝なんかにギリギリとねじ込み、ねじ込んだその頭をあの緑の部分で締め上げるっていうわけです。

ま、結局そういう使い方をすることはなかったわけですが、そういう心遣いというか、一方で自然環境への配慮の足りなさなんかが、実に昭和的だなぁ、と。

で、このメーカーとかが気になるんだけれども、写真では見えにくい赤い丸には「INA」と書いてあって、もうひとつ装置の下の部分になにやらロゴらしきものだがある。

これがそれだ。

Logo

「OHNAR」なのかな? なにこれ? 「INA OHNAR」で検索しても何も出てこない。なんだろな、これ?

| | コメント (0)

2015年8月 8日 (土)

夏向け珍味に悩む

スーパーでこんなのを見つけたので買ってみた。

Bakaukapack

スイカ味ったって、せいぜいほんのり「そういえばスイカとも思えなくもないよな」くらいのものだろうと思って食べてみたら…「あ、ほんまや。」。

本当にスイカみたいな味だった。スイカをフリーズドライしたらこんな感じじゃないだろうか?というくらいの出来栄えだ。

Suikabakauke
機会がありましたら、ぜひともご賞味ください。

| | コメント (0)

2015年8月 5日 (水)

公募デザインで悩む

東京オリンピックのエンブレムが盗作の疑いを掛けられていて、作者は「盗用は事実無根」、「全く似ていない」と主張している。

Fd07310061
しかし、円と長方形の組み合わせで、しかも文字をモチーフにしていると、似たデザインがすでにあるかもしれないということは想像しなければならないことだ。

遠慮なしにいうと、このデザインは筋が良くないと思う。基本的な図形の組み合わせだというだけでなく、なんとなく底が浅い感じがする。

問題は作者というよりもこんなデザインを選んでしまった審査員だ。世界中の登録商標を調べたということだが、今どき、Googleのイメージ検索でも使えば、既存の類似デザインも調べられるはずだと思うんだけどなぁ。

Compared

これを「全く似ていない」と言い切るのはなかなか勇気のある発言だと思う。


| | コメント (1)

2015年8月 2日 (日)

ノイマン中間ニ乗法で悩む

トム・クランシーの「デッド・オア・アライブ」という小説を読んでいたのだが、その中で気になる記述があった。簡略化された暗号方式として「フォン・ノイマンの中間ニ乗法」というのが紹介されていたのだ。 その方式はこういうものだ。

1) 2桁の数字を用意する。
2) 2桁の数字の中に「0」がある場合には「1」に置き換える。
3) 2桁の数字をニ乗する。
4) ニ乗されてできた4桁の数字の中央2桁を取り出して、次の2桁とする。
5) 2)へ戻る。

ということだったと思うのだが、たしか「デッド・オア・アライブ」の文庫本第3巻を4回(飛ばし飛ばしに)読み返したが発見できない。

なので、上記が正しいとしてそのまま真に受けると、どうもこれは簡単にリミットサイクルに入ってしまうような気がする。実際に計算してみると、例えば「57」を二乗すると「3249」でこれを中抜きすると「24」だが、これを二乗すると「0576」だからまた「57」になってしまう。

もう一つのリミットサイクルが15を最小値、96を最大値とするリミットサイクルで、考えられるすべての組み合わせでリミットサイクルに入る様子を調べてみたらこんなふうになった。リミットサイクル(つまり繰り返し)になってしまっている部分を赤くした。


11 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
13 16 25 62 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84
14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
15 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84 15
16 25 62 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84
17 28 78 18 32 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
18 32 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
21 44 93 64 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21
22 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84 15 22
23 52 71 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
24 57 24
25 62 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84
26 67 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84 15 22 48
27 72 18 32 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
28 78 18 32 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29
31 96 21 44 93 64 19 36 29 84 15 22 48 31
32 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
33 18 32 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
34 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84 15
35 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84 15 22
36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36
37 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36
38 44 93 64 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44
39 52 71 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
41 68 62 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84
42 76 77 92 46 11 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
43 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84
44 93 64 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44
45 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
46 11 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
47 21 44 93 64 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21
48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84 15 22 48
49 41 68 62 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84
51 61 72 18 32 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
52 71 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
53 81 56 13 16 25 62 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84
54 91 28 78 18 32 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
55 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
56 13 16 25 62 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84
57 24 57
58 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36
59 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84 15 22 48
61 72 18 32 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
62 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84
63 96 21 44 93 64 19 36 29 84 15 22 48 31 96
64 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64
65 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84 15 22
66 35 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84 15 22
67 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84 15 22 48
68 62 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84
69 76 77 92 46 11 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
71 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
72 18 32 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
73 32 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
74 47 21 44 93 64 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21
75 62 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84
76 77 92 46 11 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
77 92 46 11 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
78 18 32 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
79 24 57 24
81 56 13 16 25 62 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84
82 72 18 32 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
83 88 74 47 21 44 93 64 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21
84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84
85 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84 15 22
86 39 52 71 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
87 56 13 16 25 62 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84
88 74 47 21 44 93 64 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21
89 92 46 11 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
91 28 78 18 32 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
92 46 11 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
93 64 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93
94 83 88 74 47 21 44 93 64 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21
95 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
96 21 44 93 64 19 36 29 84 15 22 48 31 96
97 41 68 62 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84
98 61 72 18 32 12 14 19 36 29 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19
99 81 56 13 16 25 62 84 15 22 48 31 96 21 44 93 64 19 36 29 84

  では、「0」を「1」にするのではなくて他の数字に置換するとどうなるかというと、データとしては作ってみたのだが、まだちゃんと解析していない。一見したところではそれほど変わらない感じではある。

まぁ、こんな簡単な手法ではうまくは行かないだろうなぁとは思ったが、それならそれで未熟な暗号技術はカオスな音楽に応用できるかもしれない。このデータでいろいろ遊んでみよう

| | コメント (4)

BlogのFaceBook連携で悩む

FaceBookはどうもよくわからない。

大量の情報をつかんでいるのに、それを私に見せてくれたり見せてくれなかったり、なんだかいろいろと試しているのかもしれないが、一体何をやりたいんだか。こちらで見える情報の取捨選択をもっと細かく設定できるといいんだけれども。

一方私が何をやりたいのかというと、単にこのBlogをFaceBookにフィードしたい。ココログにはそういう機能があってそのように設定しているのだが、いつの間にかフィードが止まってしまう。前回は6/21の同窓会の件を最後に止まってしまっていた。

FaceBookの方でその機能をやめてしまったのかと思って、タイムラインに自分でリンクを貼り付けてみたが、これだとタイトルとか画像(の一部)が表示されない。ココログ側で設定を削除して再設定するとまたフィードが始まった。

Blogfb

フィードが成功すると、上のような形で紹介してもらえる。この図は昨日書いたやつかな?今書いているこの投稿の写真をここに貼れると図が入れ子になって楽しいんだけれどもなぁ。

faceBook側の仕掛けとして一定数のフィードで停止になるのか、それとも月単位なのか、それはこれからいろいろ試してみようと思う。

翌日追記:

やはり、というかこの投稿は私のタイムラインに現れなかった。FaceBook様がいちいち読んでチェックしてるのかな? 「いいね!」をもらえないとダメ?とか?

8月30日追記:

Postingoptions cocologを投稿するときにこんなオプションがあるのだが、そこでfacebookに対して「Blogを更新しました。」というコメントを付けてやるとfacebookに反映されるようだ。ここ数回連続して成功しているので、少なくとも今の時点ではほぼ間違いないと思われる。また状況が変わるかもしれんけどね。

今回もこのメッセージ付きのまま再投稿してみよう。

| | コメント (1)

2015年8月 1日 (土)

夏負けPCに悩む

「パソコンが立ち上がらない」と家人が言っている。またなにかケーブルでも外れたかな?と思って様子を見に行ってみると、

1) 電源投入を示すLEDは点いている。
2) 電源ファンは回っている。
3) HDDも回転している。
4) ケーブルは全て正しくつながっている。
5) マウスの赤色LEDは点いていない。
6) 液晶ディスプレイには「信号がありません」と表示されている。

電源スイッチを長押しして電源を切り再投入してみると、うんともすんとも言わずに上記の状態になる。 画面には「No SIgnal」以外になにも表示されない。これはヤバイ。

PCが立ち上がる時には自動で自己診断を行い、その結果立ち上がることができないと判断すれば、その状況をブザー鳴動で知らせることになっている。より詳細な情報はマザーボード上のLEDの点滅で示されたりもするが、まずはブザー鳴動である。

ブザー鳴動パターンは各社まちまちだったが、最近では標準化されたのではなかったか。3点鳴動でメモリ異常とか?

そのブザー鳴動さえできず、ディスプレイやマウスなどの周辺機器の初期化もできていない。これはCPUが動いていないということだ。

電源の一部が供給されていないか、それともCPUがお亡くなりになったか、という2択である。とにかくケースを開けて電源の状況を調べる必要がある。

Powersupply 結論から言うと、電源に異常はなかった。5Vはもちろんのこと、3.3Vも12Vもしっかり供給できている。これはつまり、CPUが飛んだということだな。

このPCは5年ほど前に購入したDOS/VパラダイスのショップブランドPCで、かなり高性能のものが5万円くらいだったと思う。

エアコンを動作させていなかった部屋においていたのだが、いつもは電源を切っているし、夜になってからの電源投入でお亡くなりになるというのはどうも納得いかないのだが、これはもうCPU死亡を認めざるをえない。

ショップへ持ち込んでの修理も考えたが、どうせCPU交換だろうから、自前でやってしまおうと考えて、CPU入手を試みる。

マザーボードはMSIの785GM-P45というものだ。使用できるCPUはAMDのAthlon、PhenonまたはSempronの一部ということになっている。とにかくAM3というソケットに装着できるもの、というのが大前提だが、現状で装着されているものよりも低速または発熱の少ないものということにしないと、また熱中症になってしまうだろう。

で、横浜界隈をうろうろと探しまわったが、結局この手のCPUを入手することはできなかった。オークションで頑張れば入手できたかもしれないが、不良品をつかまされるのも嫌だし、そうそう時間をかけていられないという事情もあった。

となると、現状のハードディスク(HDD)を救出して、ほかのPCへ引っ越しということになる。そういうこともあろうかと、実はウチには「断捨離」の嵐を切り抜けてきた予備のPCが一台あった。そこへHDDを移すことにする。

Hddembedded ところがこのPCのHDDは普通の3.5インチベイではなくて、ケースの底面にピッタリと張り付いたような形になっている。なんだこれ?どうやって外すんだ?

写真の下の方をよく見ると、ケース側に何やら切り欠きがあるので、ここへ何かがはめ込まれるようになっているのだろうと思うが、HDDは少しのガタもなく固定されていて、動く様子がない。

困惑しつつPCの全面パネル(写真では上の部分)の化粧板を外してみたりすると、なにやら意味ありげなネジがあるのでこれを抜いてみると、HDDはあっさり外れた。なんと一本のネジだけで固定されていたのだ。

Hddremoved HDDを外すとこんな感じ。赤い丸で囲んだところがHDDを固定していたネジ穴だ。

HDDを外すと、その下に「HDDの外し方」が書いてあるというご愛嬌。いや実はHDDの装着の仕方だったのだが。このケースは単体で市販されているものなんだろうか?


Pcwithfdd
さて、これが引越し先のPCなのだが、見ての通り最近のスリムタイプPCの例に漏れずHDDが入る隙間なんてありゃしない。

なので、画面右に見えるフロッピーディスクドライブを外してしまう。そしてそこへHDDを設置するのだが、またここでネジ穴が合わないとかいう些細ながら無視できない問題が起こったりする。

Hddhole こういう問題にはヤスリで穴を広げて対応する。

結局ここでもHDDはネジ一本で固定されることになるが、まぁこいつはそういう運命なのだろう。

Pcremovedfdd

で、こうやってHDDの引越し完了。あと、HDD用の電源ケーブルが部屋のどこかにあるので、これをつなぐと完成だ。

HDDをIDEとSATAの2つのインタフェースにそれぞれつないだことになるので、起動時にどちらを優先するかとかいう問題が発生すると思われるが、それはBIOSでなんとかなるだろう。

| | コメント (2)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »