« 強力になってきた自衛隊に悩む | トップページ | 抵抗詰め合わせで悩む »

2015年10月18日 (日)

遠い故郷に悩む

最近一部で有名になった動画をここでも紹介する。私はtakiさんから教えてもらった。


動画に出てくる女性は、この小さな駅のボランティア駅長で、本来の仕事は駅舎の一部で開業しているパン屋さんである。米粉パンが一押しらしい。

この動画を初めて見たとき、この女性の動作がいちいち綺麗で、姿勢もいいし、きっとダンスとカバレエとか日本舞踊とかをやっている人なのだろうと思った。電車(架線がないから電車ではありえないんだけど、まぁ電車ということにしておく)の運転士と会話している様子もなんともチャーミングだ。

ということで、この動画はFaceBookとYoutubeでたくさんシェアされているのだが、私が驚いたのはそのロケーションだ。最初に見た動画には「北条鉄道法華口駅」と書かれていたので、これはてっきり北海道の話だろうと思ったら、これがななななんと私の生まれ故郷である兵庫県である。

この地図で赤く印をつけた部分が北条鉄道の路線で、小野市と加西市を結んでいるということだ。ちなみに小野市は私の母方のルーツである(でも、行ったことはない)。

Hyogo
あらためて兵庫県の地図を見てみると、加西市とか加古川市とかのあたりは小さな池みたいなものが多くてフィンランドみたいでなんだか面白そうなところだ。

考えてみると兵庫県は大きな県で、瀬戸内海と日本海の両方に面している。私が生まれたのは神戸市で、この地図では淡路島につながるあたりのちょっと緑色が濃くなっている部分に当たる。私は10歳まで神戸に住んでいたが、考えてみると神戸市を出たことはほとんどなかったのではないか。

小学生の頃に雑誌の懸賞に応募したことがあったが、住所を親に聞いて書く時にも「住所は神戸市からでいい。兵庫県は書かなくていい。」と言われたりして、兵庫県民であるという意識は薄かった。

学生の頃は神戸あたりをよく徘徊していたが、それでも西のほうへはほとんど行ったことがなかった。大学の同級に豊岡市出身の男がいて、「お前ら知らんやろうけど、兵庫県には豊岡市というところがあって、日本海に面してるんやぞ。」と言うので一同びっくりということもあった。

そういえば「京都府に港湾局というのがある!?」ということで驚いたのもそのころだった。京都府も日本海に面しているのであったが、それはまた別の話。

子供のころには我が家に車もなかったし、県内を遠出するということを意識することも計画することもなかった。姫路城くらいは見に行ったことがあったかと思うけれども、それくらいかな。数年前にも神戸の街に知らないことがたくさんあることを発見したりしていたのだった。

翻って、現在住んでいる神奈川県のことを考えてみると、高速道路を使って小田原とカ箱根あたりまではいくけれども、これは通過するだけなので県内を知っているとは言い難い。まぁせいぜいTVの旅行番組でも見ておくことだな(そっちか!?)。

|

« 強力になってきた自衛隊に悩む | トップページ | 抵抗詰め合わせで悩む »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

兵庫県は本当に豊かなところでございます。

ここのところ、ずっと兵庫の仕事で毎月行っているのですが、
豊岡にも、淡路島にも行きました。もちろん、姫路も、ですが、
都会から限界集落と言われるところがあって、日本の縮図かも知れません。

とても魅力的に映ります。

投稿: Cello | 2015年10月18日 (日) 21時37分

最近は加古川近辺に用があって行くことが多いのですが、なかなかと面白いところです。

都会でも田舎でもない中途半端な、寂れているようなそれなりにうまくやっているような、実に微妙な地域ですね。

ちょっとはずれると自然も豊かです。我が家の辺りも溜池多いです。

こちら↓も実は我が家からほど近いところで、よく通るのですがこんなのがあるとはしらなかった。
http://osakadeep.info/akashi-tsuchiyama/

投稿: taki | 2015年10月20日 (火) 00時05分

私は子供のころに祖父母に連れて行ってもらった「烏原水源地」というところが好きでした。やはり神戸市内だと思いますが。

投稿: PicksClicks | 2015年10月20日 (火) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 強力になってきた自衛隊に悩む | トップページ | 抵抗詰め合わせで悩む »