« ピカソの自画像に悩む | トップページ | スティックPCで悩む »

2015年12月13日 (日)

読書感想文で悩む

宿題が出たっていうわけではないけれども、やっぱりBLOG書いてて本を読んでるとなんとなくその感想っていうか、何か書いた方がいいんじゃないか? と思ったり思わなかったり。

で、この春あたりから読んだ本を並べる機会があったので写真を撮ってみた。

Summer2015

トム・クランシーの作品が多いが、クランシーについては今頃になって発見があった。なんだか話がユルいっていうか終盤にかけての詰めが甘いのが多くて、お年を召して構成力が落ちたのかと調べてみたら、つまりこの人は基本的に軍事オタクなゲームデザイナーであって、それ以上のものは書けないということらしい。確かに「レッドストーム」なんてのは軍事オタクが喜々として遊ぶゲームのような話で、戦争の原因の分析がいかにも甘いし。

本を読んでもいちいち感想なんて書いてられないよ~、なんていうとJazmysさんに怒られる。大学の先輩であるJazmysさんは読まれた本の感想を数十年にわたって記録されておられるのだ。しかもそれらの本がすべて英語のペーパーバックであるのがとても普通じゃないところ。私も何度か英語のペーパーバック本を読み始めたことがあるのだが、まだ読み終わったことがない。

そんな英語ペーパバックをJazmys先輩はもう1000冊近くお読みなのである。その感想文自体がすごい資料なので、私も本を選ぶときに参考にさせていただこうと思ったのだが、何しろ分量が多くて探すのも大変だ。「著者名インデクスを作成予定」ということだったがなかなかできなかったので、私が(自分のために)作ることにした。jazmysさんの感想文のぺージをダウンロードして解析し、著者名順に感想文へのリンクを作成するのだ。

ところが、これらの感想文も長年にわたって書かれているので、フォーマットも一定でなかったりする。こちらの解析もいい加減なものなので、ちょっとした変更にも耐えられなかったりする。

そういう不安定な状況で少しずつしゅうせいしつつ数年を過ごしたのだが、それが起こったのは昨年の秋だった。一部に改行が入るというほんの些細な変更なのだが、私が安易に作ったプログラムはそれによって混乱し、著者名をピックアップすることができなくなってしまった。

私もそれを克服することを考えたが、小手先の対応では変更に耐えられなくてなかなか考える時間が取れず、結局きっちり状態遷移図なんかを書いてしっかり対応できたのはこの秋だった。11月にOB会でお会いすることになるだろいうということで、なんとかそれには間に合わせたという感じ。

この作業は、私のメインPCに組み込んであって、かつてはダウンロードするとあとはワンアクションでアップロードまで行くようになっていたのだが、このPCがダウンしたりいろいろあってその環境をまだ再現できないでいる。

そのおかげで11月に作り直した解析プログラムは手動で起動し、今は一時的なファイルとして私のサーバに置いてある。これ、なんとかしなといけないのだが、最近ではメインPCよりもWin10のノートPCを使うことが多いので、こっちに環境を移行すると、環境が分散してしまってこれもよくないなぁ、というのが悩みどころ。

|

« ピカソの自画像に悩む | トップページ | スティックPCで悩む »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

お手数かけてます。前に教えていただいた手順をトライしようかと思ったり、まだいいかと思ったりです。

投稿: jazmys | 2015年12月13日 (日) 16時14分

ええ、まだいいんじゃないでしょうか。とりあえずバックアップとしてお持ちください。

投稿: PicksClicks | 2015年12月13日 (日) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピカソの自画像に悩む | トップページ | スティックPCで悩む »