« 楽器ケースの補強に悩む | トップページ | パンデイロ・ワークショップで悩む »

2016年2月11日 (木)

Bolafon妄想に悩む

Bolafonというのは以前にも書いたことがあるがアフリカ系の打楽器で、なんとも原始的に見えるがその分根源的というか聞く人の深いところへ訴えるような魅力があるように思う。

Bolafon2
で、見ているうちにこれを作れないかなぁと思うようになってきた。ホームセンターみたいなところで材木のカットサービスがあるので、あらかじめ長さを計算していけば簡単に切ってもらえる。あとは細目のロープで縛ってうまくぶら下げればよい。

問題はそのぶら下げるっていうか、縛りあげて連なったバーを固定することで、そのためには机をひっくり返したような構造のものを用意しないといけないのだが、これはなかなか面倒だ。

いっそ、このアフリカ人のように右足を伸ばすことを前提に、高音部(バーの短い方)を縛るロープを足の指に引っ掛けることにすれば、低音部側は机とかテーブルとかそういうものに引っ掛けるようにすれば、非常にポータブルな楽器が出来上がるのではないだろうか。

というわけで、思いついたらちょっと計算してみたくなった。材木には標準的な長さとして1800mmとか900mmとかがあるが、そこからどれくらいのバーが切り出せるだろうか?

ペンタトニックスケールで3オクターブを目安に計算してみたのが下の表だ。

材長1800mmで一番長いバーを300mmくらいに設定すると材木が2本必要だ。表の水色の部分が材木の1本目、 緑色の部分が2本目に対応する。

材長900mmの材木を2本あるいは3本使う場合も計算してみた。3本目に対応するバーの長さは黄色で表している。

相対
音程

バー長(相対値)

材長1800mm

材長900mm

材長900mm

バー長 累計 バー長 累計 バー長 累計 バー長 累計
0 1.000 1.000 301 301 236 236 347 347
3 0.841 1.841 253 554 198 434 292 640
5 0.749 2.590 226 780 177 610 260 900
7 0.667 3.257 201 981 157 768 232 1132
10 0.561 3.819 169 1150 132 900 195 1327
12 0.500 4.319 151 1300 118 1018 174 1501
15 0.420 4.739 127 1427 99 1117 146 1647
17 0.375 5.114 113 1540 88 1205 130 1777
19 0.334 5.447 100 1640 79 1284 116 1893
22 0.281 5.728 84 1725 66 1350 98 1990
24 0.250 5.978 75 1800 59 1409 87 2077
27 0.210 6.188 63 1863 50 1458 73 2150
29 0.187 6.376 56 1920 44 1503 65 2215
31 0.167 6.542 50 1970 39 1542 58 2273
34 0.140 6.683 42 2012 33 1575 49 2322
36 0.125 6.808 38 2050 29 1604 43 2366
合計 6.808 2050 1604 2366

というわけでここまで妄想してきたのだが、実際に作るとなるとバーを支えるフレームを何とかしなければならず、何とかしたらしたでどこに置くんだとか、練習するにもうるさいだとかいろいろ問題があるので、かなり無理っぽい。

なので、とりあえずは妄想するだけにしようと思っているわけです。

|

« 楽器ケースの補強に悩む | トップページ | パンデイロ・ワークショップで悩む »

モノ作り」カテゴリの記事

コメント

恥ずかしながら訂正。BolafonではなくてBalafonでした。

投稿: PicksClicks | 2016年2月14日 (日) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楽器ケースの補強に悩む | トップページ | パンデイロ・ワークショップで悩む »